【2024年最新版】ボウリング場の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ボウリング場の企業の倒産・廃業状況まとめ

各地にあるボウリング場にも、激しい競争にさらされることで廃業に至る場合があります。

近年は、オンラインゲームやデジタル娯楽の普及により、ユーザー層が減少しています。また、大規模ショッピングセンター等で低料金で提供されるイベントや、家族連れで利用できるレジャー施設と競合する場合もあるようです。

ただし、地域性や店舗特性に応じた新しいサービスの提供や、エンターテインメント性の高い運営で堅調な経営を行っている企業もあります。

しかし、競合激化やコロナ禍での経営難により、一部のボウリング場では廃業に至っているケースがあります。具体的には、地方都市での小規模施設や、業態転換を余儀なくされた結果、営業中止に至った店舗が見受けられます。

その一方で、地方都市でサバイバル的に残り続ける成功企業や、都市部で高級感のある雰囲気での運営を成功させる企業も存在します。

結果的には、需要や競合環境に加えて、地域性や店舗特性、運営方針など複数の要素が絡み合い、ボウリング場の倒産・廃業という結果につながっていると言えます。

ボウリング場の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財産の評価
ボウリング場の企業が清算する際には、まず財産の評価が必要です。この際に重要なのは、正確な評価を行うことです。具体的には、不動産、機械設備、備品、在庫などの資産を適正な評価方法に基づいて評価することが求められます。また、債務についても同様に適切に評価する必要があります。

2. 債務の整理
ボウリング場の企業が清算する際には、債務の整理が不可欠です。債務の整理には、以下のような手続きが必要です。

・ 債務の種別、金額、優先順位を整理する
・ 債権者との交渉、または仲裁や裁判を行う
・ 借入金の返済などの手続きを行う

債務整理を適切に行わない場合、後日大きな問題が発生する可能性があるため、特に注意が必要です。

3. 法的手続きの実施
ボウリング場の企業が清算する際には、法的手続きの実施も必要です。具体的には、以下のような手続きが必要です。

・ 法人登記の抹消手続き
・ 税務署、社会保険事務所、市役所などへの届出手続き
・ 資産売却や債務返済のための契約書の作成など

これらの手続きには、法的な知識が必要であるため、専門家の支援を受けることが望ましいです。また、手続きが完了した後には、清算報告書を作成し、申請書類を提出する必要があります。

ボウリング場の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員への対応
ボウリング場の企業が廃業する際は、社員たちへの対応が最大の注意点となります。社員たちとのコミュニケーションを重視し、可能な限り早期に情報を共有することが大切です。また、就職支援などのフォローアップ措置も必須となります。

2. 顧客への対応
ボウリング場は地域に根付いた施設のため、顧客への対応も重要です。廃業のアナウンスを早期に行うことで、顧客からの不安や問い合わせを最小限に抑えることができます。また、保有するクレジットやポイントなどの利用価値を最大限に活用できるプランを提示することも必要です。

3. 移転先の確保
ボウリング場の廃業後、同じ地域で再度オープンする場合や、別の場所に移転する場合があります。移転する場合には、建物や設備などの移転方法について情報共有をすることが重要です。また、移転先についても、建物や周辺環境などを十分に調査した上で、リスクを最小限に抑えた上での決定を行う必要があります。

ボウリング場の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への配慮
会社を畳む際は、従業員に対しても配慮が必要です。退職金や適切な労働条件の確保など、従業員が納得できる対応をすることが求められます。

2. 顧客への対応
ボウリング場の企業が会社を畳む場合、顧客に対しても十分な配慮が必要です。例えば、事前に告知をし、他のボウリング場の紹介やサービス提供をするなど、顧客の利便性を確保することが重要です。

3. 業界への影響
ボウリング場の企業が会社を畳む際には、業界全体に影響が及ぶこともあります。例えば、グループ会社のボウリング場が残り、業界内での競争が一層激化する可能性もあるため、業界への影響にも配慮する必要があります。

ボウリング場の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

ボウリング場の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は以下のようなものがあります。

1. 競合環境が激化している

近年、ボウリング業界では新しい遊びや娯楽が急速に広がっています。VR体験やエスケープルームなど、新しい遊びが次々と生まれており、競合環境はますます激化しています。M&Aによる統合や買収によって、競合相手よりも優位に立つことができるため、生き残りをかけた戦略としてM&Aが選択されることがあります。

2. 経営資源の効率的活用が必要

ボウリング場は、大型の物件を運営することが必要となります。また、スタッフの採用や維持管理など、多くのコストがかかっています。独立経営している場合、これらのコストを抑えることができない場合があります。一方で、M&Aによって経営資源を共有したり、合理化することで、さまざまな効率化を実現することができるため、M&Aが選択されることがあります。

3. 新しい事業展開が必要

ボウリング場は、決まった地域で運営することが多く、事業展開に限界があります。一方で、子育て世代向けの遊び場やレストラン、屋内運動施設など、顧客ニーズに応じて新しい事業を展開することが求められる時代になっています。M&Aによって、グループ内で新しい事業展開を計画し、資金や人材を活用して、新しいビジネスを生み出すことができるため、M&Aが選択されることがあります。

以上のように、ボウリング場の企業がM&Aで会社を売却する理由には、競合環境の激化、経営資源の効率的活用が必要、新しい事業展開が必要などがあります。M&Aによって、事業戦略を見直し、企業価値を高めることができるため、積極的に活用されることがあります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】山梨県甲斐市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】茨城県稲敷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】木材・竹材卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】時計・同部分品製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】仕上用・皮膚用化粧品製造業(香水,オーデコロ…
  6. 【2024年最新版】神奈川県松田町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】山梨県忍野村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算…
PAGE TOP