【2024年最新版】ホームセンターの企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ホームセンターの企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、多くのホームセンター企業が業績不振に苦しんでいる状況です。業界全体で、ネット通販やスーパーマーケット、外国勢の参入などによる競争激化が影響しています。

2019年には、大手ホームセンター企業のうち1社が倒産しました。また、2020年には、コロナ禍の影響により、経営が悪化し、多くの店舗が廃業や縮小を余儀なくされました。さらに、2021年に入っても、業績が芳しくない企業が報じられています。

ただし、一方で、現在も安定した業績を維持している企業もあります。業界全体として、わずかながらも回復の兆しが見えているといえます。

ホームセンターの企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者への対応が重要
清算に伴っては、債権者に対する対応が求められます。債権者には、従業員、契約業者、金融機関、税務署など、様々な種類があります。清算する企業は、債権者に対し、誠実かつ公平な対応をすることが求められます。

2. 全社員への労働条件の確認
清算によって、従業員が解雇される場合があります。その際、解雇手当の支払いや労働条件の確認が必要となります。また、従業員の退職手続きや年末調整など、雇用関係の手続きにも十分な注意が必要です。

3. 税金の支払いについての確認
企業の清算に伴っては、税金の支払いが必要となります。税務署に清算の届け出を行い、必要な手続きを行うことが重要です。また、税金の支払いについては、弁護士や税理士などの専門家のアドバイスを受けることも求められます。

ホームセンターの企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員への対応
従業員の雇用維持は企業の社会的責任であり、廃業する際には、従業員に対して十分な配慮が必要です。企業は、従業員に対して、退職金・解雇手当などを支払うことが求められます。また、従業員の再就職支援を行うことで、社会への貢献を果たすことができます。

2. 顧客への配慮
企業は、自社の商品やサービスを顧客に提供する責任があります。そのため、廃業する際には、顧客に対しても十分な配慮が必要です。顧客には、商品の返品や修理、保証の引き継ぎなど、適切な対応が求められます。また、顧客情報の取り扱いにも十分な配慮が必要です。

3. 環境への配慮
企業は、社会との共存と貢献を目指し、環境保護にも積極的な取り組みを行うことが求められています。廃業する際には、環境への影響を最小限に抑えるように努める必要があります。廃業・撤退に伴い、排出物の処理や環境汚染などが生じないよう十分な対策を行うことが求められます。

ホームセンターの企業が会社を畳む際の注意点 3選

ホームセンターの企業が会社を畳む際には、以下の注意点があります。

1. 従業員の処遇に注意すること

ホームセンターの企業が会社を畳む場合、従業員がどうなるかが大きな問題となります。従業員を解雇することになる場合は、適正な手続きを踏み、適切な処遇を行うことが求められます。例えば、転職支援や退職金の支払いなどが必要となります。

2. 売り残し商品の処理について考慮すること

ホームセンターでは、大量に商品を扱っているため、畳む際には売り残し商品の処理についても注意が必要です。例えば、セールやアウトレット販売を行うことで、在庫処理をすることができます。また、他の企業に在庫を譲渡することも考慮する必要があります。

3. 顧客への対応を慎重に行うこと

ホームセンターの企業が会社を畳む場合、顧客への対応も重要な問題となります。顧客に対しては、畳む前に事前に告知することが求められます。さらに、商品券などを保有している場合には、返金や交換についても対応する必要があります。

以上の注意点について、あるホームセンター企業が畳んだ場合には、従業員の処遇に力を注いだことが報じられています。従業員は、転職支援や退職金の支払いが行われたほか、他社での再就職先を紹介するなどの支援も受けています。また、商品券を持っている顧客には、返金や交換が行われたと報じられています。畳む際には、従業員や顧客の立場に立ち、慎重に対応することが大切です。

ホームセンターの企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模の経済効果を狙うため
ホームセンター企業は、規模の拡大による経済効果を狙っている場合があります。しかし、その規模拡大には多大な資金や労力が必要であり、M&Aによって他社に経営を委譲することで、手軽かつ効率的に業務拡大が実現できます。

2. 経営資源やオペレーション能力の強化を目的とするため
業務を行う上で必要不可欠な経営資源やオペレーション能力に不足がある場合、M&Aによってその欠点を埋めることができます。特にホームセンター企業では多方面にわたる業務を行っているため、適切な経営資源やオペレーション能力を身に着けることが重要です。

3. 市場競争の激化を受けて、業績面での安定を図るため
市場競争が激化している中、業績が低迷してしまった場合、M&Aによって経営効率を高め、業績面での安定を図ることができます。また、業界全体が成熟期に入った場合、M&Aによって新しい市場・業種への参入が可能となり、競争優位性を維持することができるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】有線テレビジョン放送設備設置工事業の企業が清…
  2. 【2024年最新版】宮城県大和町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】中学校の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2024年最新版】大阪府八尾市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】沖縄県読谷村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】バー,キャバレー,ナイトクラブの企業が清算・…
  7. 【2024年最新版】特許事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  8. 【2024年最新版】静岡県森町の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP