【2024年最新版】ペット・ペット用品小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ペット・ペット用品小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年にコロナ禍が続く中、ペット業界にも影響が出ている。ペット用品小売業では大手企業も含めて苦戦が続いており、倒産や廃業が相次いでいる。

例えば、全国的に展開していた大手ペット用品チェーン店が続々と閉店している。特に物流を抱えた大型店舗において、コスト削減のために閉店が決定されたという事例が多い。その中には、ネット通販の普及による価格競争に対応できなかったために淘汰された企業も少なくない。

また、個人経営のペットショップでも、営業規制や高額な家賃負担などで赤字経営が続いているところもある。例えば、ペットショップ経営者の中には、飼育ペットの健康管理や販売ルールを守ることが困難になったために、やむを得ず廃業を余儀なくされたという話も聞かれる。

しかし、一方で、新たなビジネスモデルを確立した企業も存在する。例えば、ペットカフェやペットホテルを併設したペットショップが人気を博し、成功を収めている所もある。

ペット業界が今後も成長を続けることは間違いないが、必要なのは、消費者ニーズに合う新しいサービスや商品の提供と、コスト削減や収益性向上のために新たなビジネスモデルの模索である。今後も多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされるかもしれないが、生き残っていく企業は、時代のニーズに合った革新的な構想を持った企業であることが望まれる。

ペット・ペット用品小売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 基準となる法律や規則に注意を払う
ペット・ペット用品小売業の企業が清算する際には、まず、基準となる法律や規則に注意を払う必要があります。例えば、合併法、民法、租税法、商法などに定められた手続きや期限を遵守しなければなりません。特に、消費者保護法に従い、返品や返金に関する規則を厳密に守らなければなりません。これらの基準となる法律や規則に対する無知は、企業の清算手続きを遅らせ、財政的な損失を生みかねません。

2. 出来高を正確に評価する
企業が清算する際には、財産の評価が必要です。特に、ペット・ペット用品小売業の場合、在庫商品や未回収のクレジットカードの売上高など、出来高を正確に評価しなければなりません。出来高は、清算時に得られる金額を左右するため、慎重に評価しなければなりません。また、ペット・ペット用品小売業では、販売される商品の種類や性質によって、評価の方法が異なります。したがって、正確な評価を行うためには、専門家の意見を参考にすることが重要です。

3. 顧客データの取り扱いに注意を払う
ペット・ペット用品小売業の企業が清算する際には、顧客データの取り扱いにも注意を払う必要があります。顧客のプライバシーを保護するためには、顧客データの処分に対する法的な規定を知っておく必要があります。特に、顧客データが第三者に漏れた場合、企業は罰金を支払うことになる場合があります。したがって、企業が顧客データを処分する際には、処分の方法や期限について熟考する必要があります。また、顧客データは、企業の財政状況を判断するための重要な情報源であるため、正確かつ適切な処分を行う必要があります。

ペット・ペット用品小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. ペット用品小売業は、在庫や店内装備品の処分が大きな課題となります。これらの処分には、各地の廃棄物処理センターと連携して、適切な方法で行うことが必要です。

2. 廃業する企業は、従業員の雇用問題にも配慮する必要があります。従業員たちの就職先の提供や、適切な退職金や解雇手当の支払いを行うことが求められます。

3. また、廃業する企業は、顧客に対しても責任を持つ必要があります。残っている在庫品の販売や、事前に告知してからの修理やメンテナンスサービスの提供など、顧客サービスの確保が必要です。

ペット・ペット用品小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1.従業員への適切な対応

ペット・ペット用品小売業は、犬や猫などの動物を扱うことが多く、従業員も動物好きが多い職業です。しかし、会社の経営状況が悪化している場合、従業員に対する給与や福利厚生なども影響を及ぼすことがあります。その際には、従業員とのコミュニケーションを十分に取り、問題解決に最善を尽くすことが重要です。また、従業員に対して適切な扶助を行い、再就職の支援も行うことが必要です。

2.在庫や商品の処分

ペット・ペット用品小売業では、生き物や食料品など保存期限が短い商品を扱うことが多いため、在庫管理は重要な課題です。会社を畳む場合、在庫や商品の処分方法についても考える必要があります。適切な方法で処分すれば、コスト削減にもつながります。

3.顧客への対応

ペット・ペット用品小売業では、家族の一員であるペットを扱うため、顧客に対する対応が大切です。商品の返品やチケットの払い戻し、お詫びの品など、返金などのトラブルにも迅速・丁寧に対応することが求められます。会社が畳まれる場合、顧客に対しても適切な対応をし、信用を守ることが大切です。

ペット・ペット用品小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争が激化しているため

ペット・ペット用品小売業は、市場において競合他社が多数存在する業種です。競合が多いため、業績の低下や採算性の悪化が起こりやすく、会社の成長戦略を遂行する上でも大きな障壁となります。M&Aを通じて、競合他社との合併や買収を行うことで、市場競争の激化から生じるリスクを回避することができます。

2. 経営資源の不足から

ペット・ペット用品小売業は、商品管理や販売、マーケティングなど多岐にわたる業務を遂行する必要があります。しかし、中小企業の場合は人材や財務など経営資源が限られていることが多く、業務の効率化や商品開発などに必要な投資を行うことができない場合があります。M&Aを通じて、経営資源の不足を補うことができます。

3. 顧客基盤の拡大を目的として

ペット・ペット用品小売業は、顧客基盤の獲得や拡大が極めて重要です。しかし、既存の顧客に対するメリットの提供や新規顧客の獲得には、販売網の拡大やブランド力の向上など多くの要素が必要であり、そのためには多大な時間やコストが必要です。M&Aを通じて、既存の業務を引き継ぎつつ、販売網の拡大やブランド力の向上を実現することができ、効率的かつ迅速な顧客基盤の拡大を実現することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道赤平市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】岩手県矢巾町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】共済事業媒介代理業・少額短期保険代理業の企業…
  4. 【2024年最新版】銀行の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に…
  5. 【2024年最新版】島根県飯南町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】鉄道車両製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】福岡県八女市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福岡県筑紫野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP