【2024年最新版】プラスチック製履物・同附属品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック製履物・同附属品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

プラスチック製履物・同附属品製造業は、市場競争が激化し、価格競争が激しくなることで、業界全体が苦しい状況に陥っています。多くの企業が倒産や廃業に追い込まれており、業界全体で再編成が進んでいます。

近年、高品質な製品が求められる一方で、低価格競争が強まっています。そのため、生産コスト削減が必須課題となっており、海外生産・外部委託・自社内生産の効率化が進んでいます。

業界で最近倒産した企業としては、原材料の価格変動や外国為替相場の変動に弱い中小企業が多い傾向が見られます。プラスチック素材の値段が高騰していることも状況を悪化させています。

しかし、一方で、高品質でリーズナブルな製品を提供する企業が生き残り、成長しています。製品の多様化や、設計力・技術力を高め、付加価値の高い製品を提供することで、市場競争を勝ち抜く企業が少しずつ増えているようです。

今後、プラスチック製履物・同附属品製造業においては、環境問題に取り組む企業が市場で優位に立つことが予想されます。プラスチック製品のリサイクルやバイオプラスチックの使用など、環境に優しい取り組みを積極的に行うことが、企業の持続的な発展に繋がるでしょう。

プラスチック製履物・同附属品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. プラスチック製履物・同附属品製造業は、再生可能な素材の使用や環境負荷の低減を推進する方針が求められるため、清算時には環境への影響を考慮した処分方法を選定する必要があります。

2. 長年の製造活動により、土地や工場施設に汚染物質が蓄積されることがあるため、清算時には環境調査や土壌汚染対策を実施し、必要に応じて費用を確保する必要があります。

3. 客先との取引、従業員との契約・労務問題、知的財産権の管理など、清算に伴う法的な問題が発生する可能性があるため、弁護士や専門家のアドバイスを受けることが大切です。

プラスチック製履物・同附属品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染の問題に配慮する
プラスチック製履物・同附属品製造業は、多くの化学薬品を使用しています。廃業する場合は、これらの化学薬品が地球環境に与える悪影響を考慮する必要があります。また、適切な廃棄方法を確保することも重要です。

2. 従業員への配慮
廃業する企業は、従業員たちへの配慮も重要です。退職させる前に、従業員を多面的に評価し、適切な補償を提供する必要があります。また、職業再訓練などの支援も考慮するべきです。

3. 遺産として残すこと
プラスチック製履物・同附属品製造業は、地域社会に多くの影響を与えています。廃業する際は、遺産として企業の社会的・文化的・経済的な貢献について、詳細かつ明確に説明することも重要です。また、廃止された施設を出来る限り再活用することで、企業の存続意義を示すことができます。

プラスチック製履物・同附属品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 履物の在庫処分に注意すること。在庫の大量発生は、新しい製品を買ってもらえなかった場合に起こり得ます。これらの在庫を処分するための解決策を見つける必要があります。

2. 従業員の退職を考慮すること。従業員の安全な退職を保証すること、給与や退職金の支払い、および今後の仕事やキャリアの機会を提供することが重要です。

3. 業務・財務計画の策定。会社を畳む前に、資産や債務の処理、未払いの請求書の回収などの業務計画を策定することが重要です。同時に、財務計画を策定することも必要です。

プラスチック製履物・同附属品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 収益性の低下
プラスチック製履物・同附属品製造業は、競合激化や原材料価格上昇などの要因により、収益性の低下が懸念されます。そのため、M&Aによる資本力の強化や事業の統合によって、収益性の回復を図ることが必要です。

2. 新規事業の展開
プラスチック製履物・同附属品製造業は、市場縮小などの要因により、収益性の向上を図るためには新規事業の展開が必要となります。M&Aによる事業の多角化や地域拡大によって、市場を広げることができます。

3. 事業承継
プラスチック製履物・同附属品製造業は、創業者や経営者の高齢化によって事業承継が懸念されます。M&Aによって、後継者を確保することができ、事業の安定的な継続が可能となります。また、M&Aによって、技術やノウハウ、人材などのリソースを取得することもできます。

以上のように、プラスチック製履物・同附属品製造業の企業は、M&Aによって事業の強化や多角化、地域拡大、事業承継などを実現することができます。一方で、M&Aには統合や再編などの課題もありますので、事前に十分な検討が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】生活関連サービス業の企業が清算・廃業・倒産、…
  2. 【2024年最新版】日本料理店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】織物製成人女子・少女服製造業(不織布製及びレ…
  4. 【2024年最新版】自動車中古部品卸売業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】三重県菰野町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】愛知県半田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】特定旅客自動車運送業の企業が清算・廃業・倒産…
  8. 【2024年最新版】千葉県流山市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP