【2024年最新版】プラスチック製容器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック製容器製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、プラスチック製容器製造業界では、競争が激化し、国内外で多くの企業が苦戦しています。中には、倒産や廃業に追い込まれた企業もあります。しかしながら、具体的な社名を明示することは、当該企業の名誉毀損やプライバシー侵害につながるため、ここでは避けて記載します。

プラスチック製容器製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 従業員の解雇について

プラスチック製容器製造業の企業が清算する際には、従業員の解雇について注意が必要です。例えば、従業員が労働組合に所属している場合や、解雇に伴う退職金・解雇手当などが支払われる場合は、法律に則って対応する必要があります。また、社員に対する退職金や社会保険などの手続きも完了させる必要があります。

2. 債権・債務の処理について

プラスチック製容器製造業の企業が清算する際には、債権・債務の処理についても注意が必要です。借入金や未払いの請求書など、未払いの債務がある場合は、十分な資金を確保して債務の清算を行う必要があります。逆に、買掛金などの債権がある場合は、債権を回収できるように正確な資産・負債の情報を収集する必要があります。

3. 法的な手続きについて

プラスチック製容器製造業の企業が清算する際には、法的な手続きについても注意が必要です。例えば、会社清算の形態や手続き方法、登記簿謄本などの書類提出について正確な情報を収集し、適切に手続きを行う必要があります。また、税務申告や決算書作成など、税務上の手続きについても正確に行わなければなりません。

以上のように、プラスチック製容器製造業の企業が清算する際には様々な注意点があります。従業員や債権・債務、法的な手続きについて十分に対応し、適切な手続きを行うことが、スムーズな清算を実現するためには欠かせないポイントとなります。

プラスチック製容器製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業に伴う環境対策の徹底
プラスチック容器製造業は、廃棄物や排出ガスの発生が多く、環境への影響が大きい業種の一つです。廃業する場合は、環境負荷を最小限に抑えるための業務をしっかりと実施し、環境基準に適合するよう対策を講じることが求められます。

2. 労働者の再就職支援
廃業に伴い、従業員が失業する場合は、社会に貢献するためにも再就職支援を積極的に行うことが重要です。履歴書の作成や面接の練習など、就職支援に必要なサービスを提供し、従業員たちがスムーズに再就職できるよう支援することが求められます。

3. 事業譲渡先の確保
廃業する場合は、事業譲渡先を探すことも重要です。引き受け先がなければ、資産の売却や処分に対するリスクが生じるため、事前に可能性のある企業や買い手を探し、交渉を行う必要があります。

プラスチック製容器製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 廃棄物処理に注意する:プラスチック容器製造業は多くのプラスチック廃棄物を生み出します。会社が畳む際には、これらの廃棄物を正しく処理して、環境負荷を最小限に抑えることが重要です。

2. 法的手続きを行う:会社を畳む際には、法的手続きを正確かつ完了させることが不可欠です。社員や取引先など、関係者に十分な情報を提供し、スムーズな手続きを行うことが大切です。

3. イメージダウンを回避する:プラスチック容器製造業は、一部の人々から環境問題に対する責任の一端を担う産業と見なされています。会社を畳む際には、これらのイメージダウンを回避するために、透明性を高め、事実に基づいた情報を提供することが必要です。

プラスチック製容器製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争の増加:プラスチック製容器製造業は激しい競争がある市場であり、顧客は常に高品質な製品を求めています。M&Aで買い手になる企業は、市場において強いマーケットシェアを持っている場合があり、そのような買い手に売却することは、競争に勝つために必要な経済的なメリットを得ることができます。

2. 技術の進歩:プラスチック製容器製造業は技術が進歩しており、製品の品質と需要を高めるために新しい技術を習得する必要があります。M&Aで買い手になる企業は、最新のシステムやプロセスを使用している場合があり、これにより、製品品質を向上させ、製品の需要を増やすことができます。

3. 資金調達:プラスチック製容器製造業は、製品開発や拡張のための大規模な資本投資が必要となることがあります。M&Aで買い手になる企業は、大規模な資本投資をする能力を持っている場合があり、売却することによって、必要な資金を確保することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】重包装紙袋製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】社会教育の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  3. 【2024年最新版】機械工具製造業(粉末や金業を除く)の企業が清…
  4. 【2023年最新版】和歌山県高野町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】岩手県釜石市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】コンクリートブロック工事業の企業が清算・廃業…
  7. 【2024年最新版】農業用機械製造業(農業用器具を除く)の企業が…
  8. 【2024年最新版】大阪府藤井寺市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP