【2024年最新版】プラスチック製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック製品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、プラスチック製品製造業界では、環境問題やリサイクルの重要性が訴求されるなかで、様々な影響が発生しています。

まず、2020年の新型コロナウイルスの影響により、多くの製造業界が壊滅的な打撃を受けましたが、プラスチック製品製造業界もその例外ではありません。生産が大幅に減少し、収益や受注数に大きな影響が生じました。そのため、多くの企業が倒産・廃業に追い込まれたとされています。

また、環境問題への関心の高まりにより、プラスチック製品への需要が減少する一方で、代替製品への需要が増加しています。そのため、製造業界では環境に配慮した製品や技術の開発に注力しています。

ただし、プラスチック製品製造業界においても、厳しい競合環境のなかで生き残ろうとする企業がある一方で、環境問題や消費者の意識が変化するなか、経営に苦しむ企業もあります。課題解決に向けた取り組みが求められる中、今後も製造業界全体が成長し続けるための対策が必要とされています。

プラスチック製品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 環境問題に対する責任の取り方
プラスチック製品製造業は、その性質上、環境に対する負荷が大きいとされています。そのため、製造業を取り巻く環境問題に対して、責任を果たす必要があります。清算に当たっては、環境に影響を与える副産物の処理や、廃棄物の適切な処理が求められます。これらの問題に対して、企業は積極的に取り組んでいくことが重要です。

2. 人材の管理と処遇
プラスチック製品製造業には、技術力を持った人材が不可欠です。清算に当たっては、従業員の処遇や、技術を持った人材の扱いにも注意が必要です。従業員の退職手続きや、人材の移転に関する問題について、事前に準備をしておくことが重要です。

3. 資産の評価と処分
清算に当たっては、企業の資産の評価や処分も重要な課題です。プラスチック製品製造業は、設備や原材料などの資産が多く、その適切な処分が求められます。また、知的財産についても適切な処分が必要です。これらの課題について、事前に計画を策定し、スムーズな清算を進めることが大切です。

プラスチック製品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

プラスチック製品製造業の企業が廃業する際には、以下の3つの注意点に心を配ることが重要です。

1. 環境問題に配慮する
プラスチック製品は一度製造されてしまうと、環境に長期間にわたって残留することが問題視されています。そのため、廃業する企業は、製品の廃棄や処分方法について環境問題に配慮することが必要です。また、省エネやリサイクルの取り組みを行っているかどうかも、廃業する際には重要なポイントとなります。

2. 従業員の雇用問題を解決する
企業が廃業する際に最も困難な問題の1つは、従業員の雇用問題です。従業員は、企業が廃業すると職を失うことになりますが、その影響が従業員だけでなく、その家族や地域社会にも及ぶことが考えられます。そのため、廃業する企業は、従業員の再就職先の紹介や、社内採用の案内をするなど、十分なサポートをすることが大切です。

3. 資産の処分を適切に行う
廃業する企業は、資産の処分を適切に行い、負債を精算することが必要です。特に、廃棄物の処分費用や再利用可能な製品や部品の処分には、費用がかかることがあります。また、資産の中には、競合他社や廃品回収業者に売却することができるものもあります。しかし、その際には、機密情報の漏洩や知的財産の侵害を防ぐ措置を講じる必要があります。

以上の3つの注意点を守り、廃業する企業が周りの人々に影響を与えないように、スムーズに廃業手続きを行うことが求められます。

プラスチック製品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境問題への対応
プラスチック製品製造業は、環境問題に関しては大きな課題を抱えています。企業が会社を畳む際には、製品の使用終了後の廃棄物や処分方法について、十分に考慮する必要があります。

例えば、一部の企業はプラスチック製品のリサイクルに力を入れています。企業が畳まれる際には、リサイクルプロセスを引き継ぐ企業や団体を見つけることが必要です。また、廃棄物処理所やリサイクルセンターとの協力も必要です。

2. 残された借入金の返済
多くの企業は、設備投資や開発費用などを賄うために、銀行や金融機関からの借入金を利用しています。会社を畳む際には、残された借入金の返済に注意する必要があります。

借入金を放置しておくと、借り手には事業再開や新しい企業の立ち上げができなくなるため、残された借入金は詳細に検討し、対処する必要があります。

3. 社員の就業先の支援
会社を畳むことは、社員たちにとっては大きな影響をもたらします。プラスチック製品製造業では、生産ラインに従事する訓練を受けた技術者を抱えているため、社員の就職先のサポートが必要になります。

企業が畳まれる際には、社員たちが次の職場を見つけられるよう、再雇用などの支援や、求人票の情報提供が必要です。社員たちを支援することは、企業の存続にもつながります。

プラスチック製品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界構造の変化

プラスチック製品製造業界は、環境問題への取り組みが求められるようになってきています。再利用可能な素材の需要が高まり、一方で一度しか使えないプラスチック製品の需要が低下するなど、業界構造が変化しています。このような状況下では、競争力を維持し続けることはますます困難となります。そこで、成長戦略を模索するために他社との統合や売却を検討することが必要になるでしょう。

2. 財務面のリスク

プラスチック製品製造業界は、原材料価格の急激な変動や需要の不安定性など、財務面のリスクが非常に高い業界です。特に、資本投資や新製品開発に大きなリスクが伴います。会社を独立して運営する場合、これらのリスクを乗り越えるためには高い投資が必要となります。しかし、他社との統合や売却などで資金を調達することで、これらのリスクを軽減することができます。

3. 業界再編に向けた動きの加速

プラスチック製品製造業界においては、M&Aによる再編が加速しています。多くの企業が自社の成長戦略を達成するために、競合他社との統合や買収を進めています。また、大手企業が業界全体を統合する動きも見られます。このような状況下で、自社が業界内で競争力を保つためにも、M&Aを検討することが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】静岡県富士市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】農学研究所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】石炭鉱業(石炭選別業を含む)の企業が清算・廃…
  4. 【2024年最新版】富山県高岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】東京都西東京市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】三重県伊賀市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】マットレス・組スプリング製造業の企業が清算・…
  8. 【2024年最新版】結婚式場業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP