【2024年最新版】プラスチック製品加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック製品加工業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、プラスチック製品加工業の企業の倒産・廃業状況は、厳しい状態にあります。プラスチック製品は、幅広い分野で使用されており、需要が高い一方で、原料価格の上昇、環境問題に対する意識の高まり、海外からの競合などが影響し、多くの企業が経営難に陥っています。

特に、小規模な企業においては、高い設備投資や人件費などが負担となり、経営難に直面しやすい状況です。また、COVID-19の影響も深刻であり、需要の減少や原料の調達難航などが生じているため、業界全体の厳しい情勢は続いています。

このような状況下、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれていますが、具体的な社名については掲載を控えさせていただきます。ただし、業界全体における倒産・廃業の状況を把握し、適切な対策を行うことが、今後の企業経営にとって重要な課題となっていることは間違いありません。

プラスチック製品加工業の企業が清算する際の注意点 3選

プラスチック製品加工業に従事する企業は、製品の需要が減退したり、競争が激化したりするなどの理由から、清算することがあるかもしれません。このような場合、次の3つの注意点を認識しておく必要があります。

1.債務整理は欠かせない

清算を行うには、債務整理が欠かせません。企業は、清算に際し、債務者の財産を処理し、その財産から債務を支払うことになります。債務整理には、債務者である企業の財産及び借方勘定(負債)の返済を含む方法がいくつかあり、管理者が債務整理の方法を決定します。

2.資産の流用は違法行為

企業の清算においては、管理者によって企業の財産が処理されます。ここで、財産の流用は違法行為となります。清算時には、財産の処分は債務の優先順位に従って行われ、債権者に対する債務の支払いが前提になります。つまり、債務を優先して支払いを行い、残った財産を分配します。

3.情報開示義務を遵守する

企業が清算する際には、情報開示義務を遵守する必要があります。清算管理人は、清算の進行状況を関係者に報告する義務があります。また、清算の進行状況について、関係者からの問い合わせに対しても、適時、適切に回答する必要があります。情報開示は、信用回復や債権者への安心感を生むために重要です。

以上がプラスチック製品加工業の企業が清算する際の注意点3選です。企業が清算する場合には、これらの注意点を把握して、法律や規則に従って手続きを行うことが大切です。

プラスチック製品加工業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染対策の実施が必要
プラスチック製品加工業は、製造過程で大量の廃棄物を生み出します。廃棄物の処理には、法令に基づく処理が必要であり、企業の責任となります。廃棄物や排出物が環境に悪影響を与えることがないよう、汚染対策には十分な注意が必要です。

2. 社員や従業員の安定的な雇用措置が必要
企業の廃業によって、社員や従業員が失業することがあるため、雇用措置を考慮する必要があります。適切な雇用措置を講じ、社員や従業員を安定的な雇用につなげるよう努めましょう。

3. 取引先や顧客への対応が大切
廃業に至る原因や事情に関係なく、企業の廃業は取引先や顧客に影響を与えます。取引先や顧客に対する適切な情報提供や対応が必要であり、信頼関係を壊さないよう心がけましょう。

プラスチック製品加工業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 労働者の権利を守ること

プラスチック製品加工業は、労働者を必要とする産業であり、会社を畳む際には、労働者の権利を守ることが非常に重要です。具体的には、法定の解雇手続きを遵守すること、未払いの給与や退職金の支払いを迅速に行うこと、そして、労働者が転職するために必要な書類を提供することが必要です。

2. 環境に配慮した処理を行うこと

プラスチック製品加工業は、環境に大きな影響を与える産業の一つです。会社を畳む際には、環境に配慮していることが重要です。具体的には、廃棄物の処理方法や再利用方法を適切に決定し、環境に与える悪影響を最小限に抑えることが必要です。

3. 債権者に対する責任を果たすこと

プラスチック製品加工業の企業が会社を畳む場合、債権者に対して責任を果たすことが非常に重要です。具体的には、債務整理を行い、債務者と債権者の合意に基づいて処理を行うことが必要です。また、債務整理の手続きを専門家に任せることで、効率的かつ円滑に手続きが進められることが期待できます。

プラスチック製品加工業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化に対する対策が必要
プラスチック製品加工業界は、低価格競争や新興国からの輸入品の増加など激しい競争に直面しています。会社が単独でこれに対応することは困難であり、M&Aによる事業統合や海外企業との提携を通じて、経営基盤の強化が必要です。

2. 技術開発やグローバル展開が必要な場合
業界の進歩によって、より高度な技術やグローバルでの事業展開が求められるようになっています。会社がこれらの要求に対応するためには、M&Aを利用して新たな技術やグローバルネットワークを獲得することが必要となります。

3. 経営戦略の見直しが必要な場合
業界の環境が変化するにつれ、会社の経営戦略も変化する必要があります。この場合、M&Aによって新たな市場や顧客層を獲得することで経営基盤を拡大することができます。また、M&Aによって事業再編を行い、経費削減や生産性向上などの効果を狙うこともできます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】神奈川県伊勢原市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】愛知県東海市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】長野県阿南町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】長野県御代田町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】信用協同組合・同連合会の企業が清算・廃業・倒…
  6. 【2024年最新版】鋳型製造業(中子を含む)の企業が清算・廃業・…
  7. 【2024年最新版】真空装置・真空機器製造業の企業が清算・廃業・…
  8. 【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等の企業が清算・廃…
PAGE TOP