【2024年最新版】プラスチック管製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック管製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

プラスチック管製造業の世界的な需要増加とともに、競争が激化し多くの企業は存続に苦戦しています。そのため、近年、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。

また、プラスチック管製造業界は環境問題をはじめとする様々な面での社会的要請が高まっており、企業は新たな技術や素材の開発などの投資にも取り組む必要があるため、経営環境が一層厳しくなっています。

このような状況の中、一部の大手企業は、技術力やコスト競争力を高めて業績を伸ばしていますが、中小企業は存続に苦しみ、多くの企業が廃業や倒産を余儀なくされています。

特に、中国や東南アジア諸国からのプラスチック製品の輸入が急増しており、高品質で低価格な製品に対抗することができない企業も多数存在しています。

さらに、コロナ禍による需要減少やサプライチェーンの混乱も、プラスチック管製造業界にとって打撃となっています。

このような状況の中、厳しい市場環境に耐えながら事業を継続するためには、技術革新や環境対応などの取り組みが必要不可欠です。また、企業間の協力や地域の共同体の形成など、新たなビジネスモデルの構築も求められています。

プラスチック管製造業の企業が清算する際の注意点 3選

プラスチック管製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点が挙げられます。

1. 弁護士に相談すること

プラスチック管製造業は、環境規制の厳しい業界であり、生産にそれなりのコストがかかることが多く、赤字に転落することもあります。そうした状況では、清算を選ぶこともありますが、清算手続きの中で、債権者に対する責任や、必要な手続きについて知識がないと、手続きが滞ることもあります。そこで、弁護士に相談することが重要です。弁護士は、清算手続きについて豊富な知識を持っているため、適切なアドバイスがもらえます。

2. 債権者の確認

プラスチック管製造業が清算する際には、債権者の確認が必要です。清算手続きでは、債権者に対し、債権の内容を正確に説明する必要があります。そのためには、債務の内容を正確に把握し、債権者を特定することが重要です。債権者のリストを作成し、清算手続きを進める前に、債権者に説明を行うことが必要です。

3. 資産評価の重要性

プラスチック管製造業が清算する際には、資産の評価が重要です。清算手続きでは、債権者に対する債務の解消のために、資産を売却や譲渡することもあります。そのためには、資産が正確に評価されている必要があります。資産の評価は、実勢価格や市場価格などを参考に、適正な評価を行うことが必要です。

以上が、プラスチック管製造業が清算する際の注意点です。ただし、企業によっては、清算以外の選択肢がある場合もあります。業績改善や事業再編など、適切な戦略を用いることで、企業の存続が可能な場合もあります。

プラスチック管製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

プラスチック管製造業の企業が廃業する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 環境汚染の問題
プラスチック製品の廃棄は環境に悪影響を与えるため、廃業する企業は廃棄物処理についても適切な手続きを踏む必要があります。廃棄物の運搬や処分には国や地方自治体が定める法律や規制に従うことが求められます。

2. 従業員の処遇
廃業する企業は社員の雇用についても責任を持つ必要があります。従業員の解雇や退職金の支払いなど、法律や労働契約に基づいて適切な処遇が求められます。

3. 顧客・取引先との関係
廃業する企業は、顧客や取引先との関係についても配慮する必要があります。製品の引き取りや代替製品の提供など、顧客に対して責任を持つことが求められます。また、取引先に対しては負債の精算や請求書の処理などが必要になることがあります。

これらの注意点に対して、廃業する企業は事前に具体的な計画を立て、適切な措置を講じることが求められます。廃業に伴う問題を事前に予測し、問題解決のための手段を講じることが重要です。

プラスチック管製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境汚染のリスクを最小限に抑える
プラスチック管は化学物質を使用して製造されるため、廃棄物や処理された廃棄物は環境に有害である可能性があります。企業が閉鎖する前に、環境保護の観点から、廃棄プロセスを整える必要があります。また、地元の規制機関と協力して、適切な廃棄物管理プランを導入することが重要です。

2. 従業員の処遇について考慮する
企業が閉鎖すれば、従業員は失業します。従業員の雇用関係について、適切な処置を講じることが重要です。従業員に十分な注意喚起を行い、リストラや再就職支援などの選択肢を提供することで、従業員たちの生活に影響を与えないようにする必要があります。

3. 顧客に対する情報提供の重要性
企業が閉鎖する場合、顧客に対しても適宜の情報提供が必要です。顧客には、配送や納期の問題に影響が出る可能性があるため、十分な通知期間や代替品への案内、製品保証書などを提供することが重要です。また、展示会や専門家へのコンタクトなど、将来の問い合わせに対応するための代替情報源も提供する必要があります。

プラスチック管製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競合企業の台頭による市場シェアの低下

競争が激化する中で、小規模な企業は大手企業に押される傾向があります。その結果、市場シェアが低下し、収益も減少することがあります。このような場合、プラスチック管製造業の企業はM&Aを検討する必要があります。M&Aにより、市場シェアを獲得し、生産性を向上させることができます。

2. 技術革新による需要変化

プラスチック管の需要は、建築、自動車、医療用器具など、様々な産業に及びます。しかし、需要が変化することがあります。例えば、最近では再生可能エネルギーの普及に伴い、風力タービンの設計に必要なパイプラインが需要増加しています。企業は、このような需要の変化に対応するために、M&Aを検討する必要があります。

3. 将来の成長に向けたリソース不足

プラスチック管の需要が高まるにつれ、企業は生産設備、人材、資本などのリソース不足に直面する可能性があります。これは将来的な成長に制限を与えることがあります。しかし、M&Aを通じて、他社のリソースを得ることができ、将来の成長に向けたインフラストラクチャーを整備できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】投資助言・代理業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】医療用機械器具製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  3. 【2023年最新版】木箱製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】家事サービス業(住込みでないもの)の企業が清…
  5. 【2023年最新版】溶融めっき業(表面処理鋼材製造業を除く)の企…
  6. 【2024年最新版】税理士事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】石川県羽咋市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】ビスケット類・干菓子製造業の企業が清算・廃業…
PAGE TOP