【2024年最新版】プラスチック異形押出製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック異形押出製品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、プラスチック異形押出製品製造業においては、競争激化や原料価格高騰などの厳しい状況に直面し、いくつかの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。業界の現状をまとめると以下のようになります。

・2018年には、全国のプラスチック加工業を営む企業が36社倒産しており、そのうちの数社が異形押出製品の製造に特化していました。

・2020年には、大手素材メーカーの経営不振により、同社が異形押出製品の製造を行っていた子会社を含む複数の関連会社が倒産しています。

・また、大手に限らず中小企業でも厳しい状況に直面しており、業態の転換や事業の縮小・統合が進んでいます。

以上のように、プラスチック異形押出製品製造業界においては、今後も激しさを増す競争や価格の低迷などにより、業績低迷や倒産に陥る企業も出てくるかもしれません。

プラスチック異形押出製品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

プラスチック異形押出製品製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 債務整理を行うこと
企業が清算する場合、債務整理をしなければなりません。債務整理とは、企業が保有する債務を整理し、返済計画を立てることです。債務整理をしなければ、債権者からの請求が残ってしまい、清算が完了しないということになります。債務整理をすることで、清算が円滑に進むようになります。

2. 資産の処分に注意すること
企業が清算する場合、資産の処分に注意が必要です。特に、長期在庫や固定資産の処分が大きな課題となります。これらの資産を適切に処分しなければ、清算に関わる費用が増大することになります。また、処分によって発生する売却損失も影響を与えます。そのため、事前に計画を立て、処分方法を慎重に選定することが必要です。

3. 税務に関する手続きを行うこと
企業が清算する場合、税務に関する手続きを行うことが必要です。税務については、適切な手続きを行わなければ、罰則が発生することがあります。清算に伴って、法人税や消費税、相続税、贈与税の特例が適用される場合があります。これらの税務手続きは、専門家のアドバイスを受けながら進めることが望ましいです。

以上の3つの注意点を踏まえて、プラスチック異形押出製品製造業の企業が清算を進めるためには、事前に計画を立てることが必要です。専門家のアドバイスを受けながら、適切な手続きを行い、円滑な清算を進めましょう。

プラスチック異形押出製品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

プラスチック異形押出製品製造業が廃業する場合、様々な問題が発生する可能性があります。以下に、具体的な注意点を3つ挙げます。

1. 環境問題への対応
プラスチック製品の大量廃棄は、環境問題の一因となっています。したがって、廃業する企業は、廃棄物処理に対して特に注意を払う必要があります。つまり、廃棄物の適切な処理方法を確立する必要があります。企業は、環境省による正式な手続きに従う必要があります。

2. 従業員の保護
従業員の保護は、企業が廃業する際に欠くことができない注意点の一つです。製造業では、危険物質に接触する可能性があり、専門的な知識と技能が必要となるため、従業員の安全を確保することが重要です。廃業する企業は、労働安全衛生法に基づいて、従業員の健康と安全を確保するための対策を講じる必要があります。

3. 借入金の償還
廃業する企業は、その事業活動が継続しなくなるため、引き続き運営費を賄うための収益が得られなくなります。これは、企業が借入金を返済する際に問題となる可能性があります。借入金を償還するためには、企業は、借入金の残高を確認し、適切な償還プランを策定する必要があります。

以上のように、プラスチック異形押出製品製造業の企業が廃業する場合には、様々な問題が発生する可能性があります。これらの問題に対して、企業は、環境問題や従業員の保護に対して特に注意を払い、借入金の償還にも十分な配慮が必要となります。

プラスチック異形押出製品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境対策の徹底
プラスチック異形押出製品製造業は、プラスチックの原料を多く使用するため、環境問題に対する取り組みが求められます。会社を畳む際には、残った原料や廃棄物の処理が重要です。また、施設の資産価値を下げないように、廃棄物の適切な処理を行う必要があります。このように、環境問題に対する徹底した対策が重要です。

2. 品質管理の確認
プラスチック異形押出製品製造業は、厳格な品質管理が求められる業種です。会社を畳む際には、品質管理の確認が欠かせません。製品に不良品や欠陥があった場合、責任を負うことになり、賠償金が発生する可能性があります。また、顧客からの信頼や評判を失うことになります。品質管理の確認は、会社を畳む前に必ず行うようにしましょう。

3. 従業員とのコミュニケーション
会社を畳む際には、従業員とのコミュニケーションが欠かせません。従業員に事前に伝え、理解を得ることが重要です。従業員には、将来への不安や経済的な損失を感じることがあるため、丁寧な説明が必要です。また、従業員に対する感謝の気持ちを伝え、再就職支援や退職金の支払いなども行うことが望ましいでしょう。従業員とのコミュニケーションを大切にしましょう。

以上、プラスチック異形押出製品製造業の企業が会社を畳む際に注意すべき3つのポイントを紹介しました。会社の畳み方には、多くの要素が含まれますが、環境対策、品質管理、従業員とのコミュニケーションを大切にすることが、円滑かつスムーズな畳み方のポイントとなります。

プラスチック異形押出製品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. マーケットの変化による競争激化
プラスチック異形押出製品市場は、競争が厳しい市場であると言われています。新興国からの進出、環境問題の意識の高まり、素材価格の変動など、さまざまな要因が入り交じり、市場の変化が激しくなっています。そのため、企業が市場の変化に合わせて柔軟に対応し、事業を拡大・強化するためには、M&Aが有効な手段となります。

2. 経営資源の有効活用
創業時から続く企業では、長年にわたって蓄積された技術やノウハウが企業の財産となっています。しかし、経営資源が企業内に閉じた状態で保持されることは、その企業自身にとっても市場にとっても不都合な状況を生み出すことがあるでしょう。そこで、他社とのM&Aによって、企業の資源を有効に活用し、市場が求める製品やサービスの提供を強化することができます。

3. 経営効率の向上
企業の規模が大きくなるにつれ、経営に伴うコストも増加します。経理や人事、法務などのバックオフィス業務は、規模の拡大によって管理費用を抑える必要があります。また、製造工程においても、大量生産によるコスト削減が求められます。M&Aによって、経営資源や製造設備を共有することで、経営効率の向上が期待できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】じゅう器小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】茨城県桜川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】埼玉県伊奈町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】茨城県下妻市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】福島県本宮市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】高知県仁淀川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】岐阜県下呂市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】空瓶・空缶等空容器卸売業の企業が清算・廃業・…
PAGE TOP