【2024年最新版】プラスチック板・棒製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック板・棒製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年には、プラスチック板・棒製造業の企業の中に、経営不振や新型コロナウイルスの影響などにより倒産・廃業した企業がいくつか報告されています。

ただし、実在する社名を出すことはできませんので、以下は参考までに一般的な倒産・廃業の原因や影響についての解説です。

・経営不振:業績が低迷し、赤字状態が続くことで倒産・廃業する企業があります。原材料や労働力のコスト削減、新たな市場への進出や事業の多角化などが必要とされます。

・新型コロナウイルスの影響:新型コロナウイルスの感染拡大により、需要の減少や生産活動の中断などが発生し、売り上げに大きな影響を与えることがあります。また、輸入に依存する企業においては、輸入の遅延や物流の混乱なども影響を与えます。

・市場の変化:需要の変化や新しい技術の登場など、市場が変化することも倒産・廃業の原因となることがあります。これに対して、企業は市場の変化に対応するために、新しい商品や技術を開発し、競争力を維持する必要があります。

以上が、プラスチック板・棒製造業の企業が倒産・廃業する原因の一例です。企業は、事業環境の変化に対応し、適切な経営戦略を策定することが求められます。

プラスチック板・棒製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務不履行を防ぐために、清算計画を事前に策定することが重要です。債務を追加しないよう、現在の資産・負債状況や未払いの債務などをしっかりと把握し、清算計画を作成しましょう。

2. 資産の処分には慎重に取り組む必要があります。処分に伴う費用や税金なども考慮し、最適な方法を選択してください。特に、環境に配慮した処分方法を選ぶことが求められます。

3. 法的な手続きをきちんと行うことも重要です。清算手続きの規定に従って、関係者への通知を行い、決算書類の作成や届出を行いましょう。また、検査官や監査人の対応にも注意が必要です。

プラスチック板・棒製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

プラスチック板・棒製造業の企業が廃業する場合、さまざまな注意点があります。ここでは代表的な3つの注意点を解説します。

1. 環境基準に沿っての撤退

プラスチック板・棒の製造には化学薬品などの使用が必要です。廃業する際には、使用していた化学薬品や製造プロセスに伴う有害物質の処理が必要になります。これには、環境基準に沿って処理することが求められます。また、廃棄物なども適切に処理する必要があるため、廃棄物処理法に沿って処理することが求められます。

2. 建物・設備の解体

廃業する際には、建物や設備の解体作業が必要になります。解体作業は、安全に行う必要があります。また、解体業者を選定する際にも、信頼性のある業者を選ぶことが重要です。

3. 従業員の雇用先の確保

廃業する際には、従業員の雇用先の確保も大切です。従業員の雇用契約を遵守し、雇用契約に沿って退職金などの支払いをすることが求められます。また、従業員の再就職先の斡旋などの支援をすることも必要となります。

以上のように、プラスチック板・棒製造業の企業が廃業する際には、環境・安全・労働法規上の規制を遵守し、廃業に伴うあらゆる問題に対して対応する必要があります。

プラスチック板・棒製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

プラスチック板・棒製造業の企業が会社を畳む際の注意点は以下の通りです。

1. 精算に関する手続きを十分に確認すること

プラスチック板・棒製造業は、材料や設備などの購入に多額の投資が必要となります。そのため、会社を畳む場合には、債権債務の精算に注意が必要です。特に、債権者への返済や従業員の給与支払いなどが遅れると、不幸なトラブルが生じることがあります。会社を畳む前に、債権債務関係の明確化を十分に行うことが重要です。

2. 法令や条例に基づく手続きを守ること

プラスチック板・棒製造業は、環境に関する規制が厳しい業種です。会社を畳む際には、撤退に伴う環境・廃棄物などの負荷軽減が義務付けられることもあります。また、従業員の扱いや個人情報の取り扱いなど、法令や条例に基づく手続きを守ることも必要です。これらの手続きを怠ると、不幸なトラブルが生じることがあります。

3. 業界内での情報共有を行うこと

プラスチック板・棒製造業は市場が競争に厳しい業界であるため、会社を畳むことは決して珍しいことではありません。他の企業が同様の状況に直面している場合には、 情報共有をすることで解決策を見出すことができます。業界内での情報共有は、会社を畳む際の注意点を再確認することができるだけでなく、今後の業界の動向の参考となるため非常に重要なことです。

以上、プラスチック板・棒製造業の企業が会社を畳む際の注意点について解説しました。これらのポイントを遵守することで、会社の畳み方に関する悩みから解放され、よりスムーズに畳むことができるようになります。

プラスチック板・棒製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場の需要が減少しているため
近年、プラスチック製品に対する消費者の関心が低下しているため、需要が減少しています。この状況が続く場合、企業は不利な結果に直面し、最終的には赤字に陥る可能性があります。このため、企業は売却を検討する必要があるかもしれません。

2. 競合の増加により市場シェアが低下しているため
プラスチック製品の需要が低下する中、同じ市場で競争が激しさを増しています。競合他社の製品が安価であり、顧客に価格を下げることを強いられることがあります。競争が激化する中で最も効果的な戦略は、必要な場合は売却することです。

3. 共同事業の創設によって新しいビジネスチャンスを得たい場合
プラスチック製品製造業は(例えば、自動車産業や航空産業へより多く供給する等)、大企業と一緒に事業規模を拡大しています。ここで、共同事業が行われた場合、企業は新しい市場に足を踏み入れることができます。しかし、投資家による資金調達には限界があり、その場合には売却による自己資金の受け取りが必要になるかもしれません。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】映画館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  2. 【2024年最新版】金属線製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】福島県伊達市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】フェロアロイ製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】宮城県東松島市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】果実小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】電子計算機製造業(パーソナルコンピュータを除…
  8. 【2024年最新版】蒸気機関・タービン・水力タービン製造業(舶用…
PAGE TOP