【2024年最新版】プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業において、倒産・廃業が相次いでいる。原因は、需要の減少や海外競合の激化などが挙げられる。

其中でも、昨年は国内有数のプラスチック加工メーカーが倒産したことが注目された。この企業は、自動車産業や建築産業などを中心に幅広い分野で使用される異形押出製品の専門メーカーとして知られ、多くの取引先と取引を行っていた。しかし、需要の減少や販売価格の低下により、業績が悪化。そして、破産開始決定を受け、事業を終了した。

この事例を含め、近年はプラスチック関連企業の倒産・廃業が相次いでいる。中には、多額の負債を抱えたまま、事業を停止する企業もある。不況が長期化すれば、今後更なる倒産や業績の悪化も想定される。

しかし、一方で需要の拡大が見込まれる分野も存在する。例えば、環境問題への対策や自動車の軽量化などが求められる中、プラスチック加工品の需要拡大が期待されている。

今後は、新たな需要拡大のチャンスを掴むために、製品の品質向上や特色ある製品の開発などに注力することが求められる。また、海外市場での競争力強化も大きな課題となる。企業の倒産・廃業が増加している中、成長戦略の見直しを図り、業界の健全な発展に取り組むことが望まれる。

プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者への連絡と説明
清算する企業は、債権者に対して連絡し、清算手続きや処分方法について丁寧に説明することが必要です。また、債権者との交渉によって、債務の金額や支払い方法などを協議する必要もあります。

2. 資産・債務の整理
清算する企業は、資産・債務の整理を行うことが必要です。具体的には、資産の売却や処分、債務の支払いの手続きなどが挙げられます。この際、法的な手続きを適切に行い、問題が生じないよう注意が必要です。

3. タイムリミットの確認
企業清算には、タイムリミットが設定されています。清算手続きを進める際には、タイムリミットの確認が必要です。また、タイムリミットに遅れた場合の追加費用や罰金についても注意が必要です。

プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に注意すること
プラスチック加工業は石油製品を原料として使用し、排出ガスや排水に関して規制があるため、廃業する場合は環境への影響を考慮して規制に適合するように対策を考える必要があります。具体的には、有害物質の処理方法や分別方法、廃棄処理の費用を確認し、適切に対応する必要があります。

2. 従業員の処遇について考慮すること
プラスチック加工業は製造業の一部であり、多くの場合、製造工程で従業員を雇用していることが多いです。廃業する場合は、従業員の処遇についても考慮しなければなりません。具体的には、退職金、社員の再雇用可能性、就職支援、転職の情報提供など、従業員の置かれる状況を考慮し、対策を講じる必要があります。

3. 資産の処分について検討すること
プラスチック加工業では、多くの資材や機械が必要とされるため、廃業する場合には、これらの資産の処分についても検討する必要があります。例えば、基幹機械の買取りや査定、生産ラインの解体、使用していた土地の売却など、具体的な対策を考える必要があります。また、これらの処分に伴い、税務処理や契約書に関する手続きなども重要になってくるため、専門家のアドバイスを仰ぐことも必要です。

プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇
会社を畳む際には、従業員の処遇についても慎重に考慮する必要があります。従業員に対しての解雇や退職勧奨、再就職先の紹介など、運営側と従業員との話し合いが必要です。また、労働法に基づいた手続きの進め方、必要な文書の作成や提出にも注意が必要です。

2. 仕入先との交渉
加工業として、仕入先との取引が重要な要素となっています。会社を畳む際には、仕入先との交渉を行う必要があります。仕入先に製品の返納や返金を求められる場合もあるため、返却条件や請求書の処理など、交渉は慎重に進める必要があります。

3. 資産の処分
会社を畳む際には、資産の処分も重要な課題となります。プラスチック加工業においては、製造機械や保管庫の処分、残った在庫品の処分、資産の譲渡や売却の手続きなど、様々な処分が必要です。また、事業停止により未回収の負債が残る場合もあるため、債権の整理も大切な作業となります。

プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品加工業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争が激化している

現在、プラスチック加工業界は競争が激化しており、新しい技術や製品が次々と生まれています。また、国内だけでなく海外からも競合企業が進出しているため、市場シェアを確保するのがますます困難になっています。このような状況下で、自社の強みを活かし、業界のトップ企業となるためには、M&Aを検討する必要があるかもしれません。

2. 市場拡大や新製品開発に必要な資源が不足している

新しい市場に参入したり、新製品を開発するためには、多大なリソースが必要となります。しかし、それらのリソースを確保するためには、投資をしていくことが必要です。しかしながら、現在の自社の経営状況や経済状況が不安定な場合、そのための資本を調達することが困難です。そのような場合、M&Aによって資本を調達することができるため、市場拡大や新製品開発に向けた投資を行うことが可能になります。

3. 経営効率の向上が求められている

M&Aは、業界競争に勝ち抜くための手段の一つとしてだけでなく、経営効率の向上やコスト削減のための手段としても活用されます。独立した会社として経営していくと、一定の利益を出すために必要なコストや手間が多くかかることがありますが、M&Aを通じて規模の拡大や経営資源の共有を行うことで、経営効率が向上し、コスト削減にもつながります。これにより、より効率的な経営が可能になり、より競争力のある企業を目指すことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】金属工作機械製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  2. 【2024年最新版】海藻加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】沖縄県大宜味村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】福井県あわら市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】新潟県五泉市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】電気めっき業(表面処理鋼材製造業を除く)の企…
  7. 【2024年最新版】埼玉県白岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】絹・人絹織物業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP