【2024年最新版】プラスチック成形材料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチック成形材料製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

プラスチック成形材料製造業は、世界的に需要が高い業界の一つです。しかし、近年では、原材料の高騰や競争激化などの要因により、企業の倒産・廃業が相次いでいます。

国内でも、大手メーカーの一部が、経営不振により、倒産や合併・売却などの厳しい選択を余儀なくされています。また、中小企業においても、国内外の競争力の高い企業との差別化が難しく、業績が悪化し、倒産や廃業に至るケースが増えています。

さらに、プラスチック成形材料を使用する自動車産業や家電産業なども、減速傾向にあり、需要の落ち込みが懸念されています。このため、製造企業は、新たな需要の創出や、製品の付加価値の向上など、新たな取り組みを模索しているところです。

これらの課題に対して、企業は、先進的な技術の導入や、事業の多角化、グローバル展開の促進などを行い、競争力を維持・向上させていくことが求められています。ただし、厳しい市場環境に直面する中小企業には、資金繰りや人材確保などで苦労する場合もあるため、支援策の必要性も高まっています。

今後、プラスチック成形材料製造業界は、原材料価格の変動や市場動向など、不確定要素の多い状況が続くと予想されます。このため、企業は、市場のトレンドを敏感に捉え、柔軟な対応が求められるといえます。

プラスチック成形材料製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 安全対策の確認が必要
プラスチック成形材料製造業の企業が清算する際には、まず安全対策の確認が必要です。プラスチック成形材料は燃えやすく、爆発物質を含んでいるものもあります。そのため、廃棄物の処理方法や製品の保管方法など、安全に関する法律や規制に基づいて正しく処理しなければなりません。また、従業員などの安全にも配慮し、残業による疲労やストレスなどによる事故を防止することが求められます。

2. 環境規制による影響を考慮
プラスチック成形材料製造業の企業が清算する際には、環境規制による影響を考慮する必要があります。プラスチック成形材料の原材料となる化学物質や添加物には、環境に対する悪影響があるものもあります。そのため、廃棄物の処理方法や排水などについて、法律や規制に従って適切に処理しなければなりません。また、環境に対する負荷を減らすための対策や環境保全活動に関する情報も公開することが求められます。

3. 経理業務の適切な処理が必要
プラスチック成形材料製造業の企業が清算する際には、経理業務の適切な処理が必要です。特に、不正行為や違法行為の調査や報告、債権債務の整理などについては、正確で適切な処理が求められます。また、税務調査や監査に備えて、書類の整理や帳簿の改善などの対策も必要です。経理業務は、企業の信頼性を高める重要な要素であり、清算においては特に注意が必要です。

プラスチック成形材料製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境への配慮: プラスチック成形材料は、燃やすと有毒なガスを発生させ、埋めると肥料化にもならず地盤沈下の原因となるため、環境に考慮した廃棄方法を早期に検討しましょう。

2. 従業員の処遇: 従業員の雇用は、企業が廃業する際に大きな問題となります。従業員の雇用継続や再就職支援など、社会的責任を果たせるよう検討しましょう。

3. 顧客への影響: 廃業に伴い、顧客の信頼を失うことがあります。手続きや引き継ぎ、商品の返品・修理など、顧客サポートに十分な時間と手間をかけ、最後まで責任を持ちましょう。

プラスチック成形材料製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境規制に注意する:
プラスチック製造業は一般的に化学物質の使用や廃棄物の管理に関する厳しい環境規制が存在するため、会社を畳む際には関連する法律や規制を遵守することが不可欠です。製品に含まれる有害物質や廃棄物の処理方法について、官公庁や環境団体とのコミュニケーションを密にし、正確な情報を提供する必要があります。

2. 従業員の処遇に配慮する:
会社を畳む際には、従業員の処遇についても慎重に考える必要があります。特に雇用関係の解消や退職金の支払い、労働組合との交渉などは、問題が生じる可能性が高いため、適切なプロセスを踏んで対処する必要があります。

3. 資産処分に注意する:
プラスチック製造業は、工場や機械器具、原材料などの資産が多く、会社を畳む際にはこれらの資産の処分にも注意が必要です。廃棄物の処理方法やリサイクルの可能性、売却先の選定など、多岐にわたる情報を収集し、積極的な行動を起こして資産を最大限に活用することが必要です。

プラスチック成形材料製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

プラスチック成形材料製造業の企業がM&Aで会社を売却する必要性は、以下の3つの理由に集約されます。

1.競争力の欠如

現代企業は競争が激しく、不断の改善と再投資が必要とされています。近年、プラスチック成形材料製造業界において、競合他社による新たな技術の取り込みや、低価格製品の輸入など、競争力を維持するのが非常に難しくなっています。

2.財務的な問題

プラスチック成形材料製造業界は、高度な設備と技術を必要とする業種であり、大きな投資が必要です。また、原材料の値動きや為替変動など様々なリスクがあるとともに、需要の変動などで収益性にも影響が出ます。そのような波風を立てずに、健全な財務状態を維持することは非常に難しいため、M&Aによって資本力のある企業に買収されることで、安定的な経営基盤を確立することができます。

3.市場拡大のため

M&Aは、市場拡大のための手段としても利用されます。特に海外市場は、プラスチック成形材料製造業にとっての大きな潜在市場であり、グローバル化が進む中で、世界的なプレゼンスを持つためには海外進出が必要不可欠です。M&Aによって、現地のノウハウやマーケット知識、人的ネットワークを取り込むことで、より効率的なグローバルビジネス展開が可能になります。

以上のように、プラスチック成形材料製造業の企業がM&Aで会社を売却する理由は、競争力の欠如、財務的問題、市場拡大のためです。M&Aは、1社の力では解決できない課題を解決する上で有効な手段であるため、慎重かつ戦略的に検討することが必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道京極町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】生菓子製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】婦人服小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】京都府宇治田原町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】公民館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  6. 【2024年最新版】大阪府門真市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】港湾運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  8. 【2024年最新版】宮城県七ヶ宿町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP