【2024年最新版】プラスチックフィルム製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチックフィルム製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、プラスチックフィルム製造業界は多くの課題に直面しています。そのため、一部の企業は倒産・廃業してしまいました。

この業界では、競争が激しく、利益率が低いため、企業間の価格競争が激化し、生産量も減少しています。また、原材料の価格上昇や環境問題に対する規制もあり、企業が経営に苦しむ原因にもなっています。

では、実際にどのような企業が倒産・廃業してしまったのでしょうか。社名を挙げることはできませんが、大手企業から中小企業まで多くの企業が影響を受け、倒産・廃業する企業が出てきています。

一部の企業は、新たな技術開発や製品の多様化など、事業拡大を図り、業績を改善しています。それでも、プラスチックフィルム製造業は今後も厳しい経営環境が続くことが予想されます。企業は、環境に配慮した製品の開発や、省エネルギー化など、社会的責任を果たすための取り組みが求められます。

今後は、競争環境の変化に対応するため、企業は生産工程の改善や、製品の付加価値の向上など、新たなビジネスモデルを模索する必要があります。また、バイオマス樹脂や再生プラスチックのような新しい素材にも注目することで、企業にとって新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

プラスチックフィルム製造業界は、今後も大きな課題に直面することが予想されますが、企業が積極的に取り組んでいくことで、新たな成長が期待されます。

プラスチックフィルム製造業の企業が清算する際の注意点 3選

プラスチックフィルム製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 現有資産の評価
清算に際しては、まず現有資産の評価が必要です。現有資産とは、建物・機器・在庫などの企業が保有する資産のことであり、その評価額が清算の精算資産となります。これらの評価は、プロの査定業者に依頼することが一般的であり、正確な評価を行うことが重要です。

2. 債権債務の整理
次に、債権債務の整理が必要です。債権とは、企業が借入先からの借金を指し、債務とは、企業が供給先などに対して支払うべき金額を指します。清算に際しては、これらの債権債務をきちんと整理していく必要があります。また、企業が破産する場合には、破産管財人により債権の優先順位が決定されるため、債権者にとっては注意が必要です。

3. 清算人の選定
最後に、清算人の選定が必要です。清算人とは、企業の清算手続きを行う専門家であり、精算資産の管理や債権債務の整理、資産の売却などを行います。清算人の選定は、法律で規定されており、適正な選定が必要です。

以上が、プラスチックフィルム製造業の企業が清算する際の注意点となります。企業が清算する場合には、これらの注意点を踏まえたうえで、的確な手続きを行うことが大切です。

プラスチックフィルム製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に注意する
プラスチックフィルム製造業は、廃棄物の処理や排出規制に関する法律が厳しくなっています。廃業する際には、環境規制に違反しないように注意する必要があります。

2. 従業員への対応に注意する
廃業する際には、従業員の解雇などに関する法律にも注意する必要があります。適切な手続きを取り、従業員の雇用状況を明確にしておくことが大切です。

3. 資産の処分に注意する
廃業する際には、会社が所有する資産の処分にも注意する必要があります。特に、廃棄物や化学物質を含む製造機器などの処分は、法律に違反しないように注意する必要があります。

プラスチックフィルム製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境汚染問題に対する責任を果たす必要がある。プラスチックフィルムは廃棄物として環境に与える悪影響が大きいため、廃棄物処理に際しては適切な手配が必要である。

2. 従業員の身の回りの問題に対する対応が必要である。会社の畳み方によっては、従業員が離職を余儀なくされる場合がある。そのため、事前に適切なアナウンスを行い、従業員の不安を軽減するよう努力する必要がある。

3. 資産処分についても慎重な対応が必要である。企業が保有する資産(不動産や機械など)は、畳んだ後に財産として残る場合がある。そのため、プラスチックフィルム製造業の企業が畳む際には、適切な処分方法を検討し、できるだけ資産を有効活用することが求められる。

プラスチックフィルム製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の向上
プラスチックフィルム製造業は市場競争が激しい業種の一つであり、特に低価格競争が激しい傾向があります。このような状況下で企業が単体で成長することが困難である場合、M&Aによって他社との経営統合を行うことで生産効率の向上や製品の多様化を実現し、競争力を強化することができます。

2. 新規事業展開
プラスチックフィルム製造業は汎用品から特殊品まで幅広い製品を扱っており、市場ニーズに合わせた製品ラインナップの拡充が必要です。ただし、新規市場に参入するためには、技術やノウハウ、人材、資金など多種多様なリソースが必要です。M&Aによって新たな技術やノウハウ、市場・顧客情報、人材を獲得することで、新規事業展開を加速させることができます。

3. 地域拡大
プラスチックフィルム製造業においては、生産拠点や販売網を拡大することが重要な課題の一つです。M&Aによって、地域や国境を越えた事業展開を行い、新たな市場に参入することができます。さらに、グローバル市場での競争力を強化することで、企業価値の向上を図ることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】群馬県片品村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】広島県呉市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】群馬県安中市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】織物製乳幼児服製造業(不織布製及びレース製を…
  5. 【2024年最新版】陶磁器・同関連製品製造業の企業が清算・廃業・…
  6. 【2024年最新版】栃木県上三川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】青森県鶴田町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】製本業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
PAGE TOP