【2024年最新版】プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業の倒産・廃業状況まとめ

強い競争環境や原料価格の値上がり、コスト削減のための転換や効率化が遅れたことなどが影響して、プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業の中で、倒産や廃業を余儀なくされた社が多く存在する。

一部の企業は、海外での競争力の低下により、逆に国内企業にとっては打って出るチャンスになった場合もある。また、環境規制による負担増も課題の一つであり、リサイクル料の導入により、製品再利用・リサイクルに注力する企業も増えている。

ただ、それでも労働力や原料コストなどの問題に取り組み切れず、経営破綻に至った状況もある。各企業の業態や経営状況により多岐にわたるため、それぞれの状況について詳細に解明する必要がある。

ただ、このような状況に直面している企業にとっても、最新の技術や素材を活用することで巻き返しを図ることも可能であり、業界全体での取り組みが求められている。

プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 合法的な手続きを踏むことが重要です。清算は、法律に基づいた手続きを踏む必要があります。会社法や商法などの関連法令に基づいて、手続きを行うことが重要です。

2. 債務整理を行うことが有効な場合があります。清算によっては、債務が残る場合があります。このような場合には、債務整理を行うことが有効です。自己破産や民事再生、個人再生などの手続きを検討しましょう。

3. 適切なアドバイザーの選択が重要です。清算には複雑な手続きが必要です。適切なアドバイザーを選択することが重要です。弁護士や税理士、公認会計士などの専門家を適切に選択しましょう。

プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃棄物処理の適切な手配
プラスチック素材を大量に扱う企業は廃棄物の量も多く、廃棄物処理には十分な注意が必要です。廃棄物の適切な処理方法がない場合、環境汚染や法律違反につながることがあります。廃棄物処理業者との契約や産業廃棄物の分別・選別、処分方法の決定などを考慮して、事前に十分な準備をする必要があります。

2. 関係者への告知・説明
企業が廃業する場合は、従業員や取引先、その他の関係者に告知する必要があります。特に、従業員については、廃業の背景や理由、解雇についての説明を十分に行わなければなりません。また、取引先については、契約の解除についての説明が必要となるため、事前に十分な配慮が必要です。

3. 資産清算・納税手続き
廃業する企業には、資産清算や納税などの手続きが必要です。特に、財務状況の整理、経理記録の保管、顧客・取引先との清算や発注のキャンセルなどが必要です。また、法人税や消費税の申告や納付の手続きも行わなければなりません。これらの手続きをしっかりと行うことで、社会的責任を果たし、トラブルを避けることができます。

プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境汚染の問題に留意することが重要です。プラスチック製品や合成皮革は燃えにくく、廃棄物処理にも多大な困難があります。したがって、破壊的な企業活動によって環境に悪影響を与えることにならないよう、環境法に従うことが必要です。

2. 従業員の利益を守ることも重要です。畳む際に従業員に対して適切な休暇や解雇手当を提供することが必要です。また、従業員に対して、異なる職業の職掌についての訓練プログラムなど、再就職のサポートを提供することも大切です。

3. 破産や清算手続きに精通した法律専門家や会計士を雇用することが重要です。特に、法的かつ財務的責任を負う場合があるため、確実な情報開示や書類作成が必要です。また、債権者や社員の権利を守るため、適切な手続きを行うことが重要です。

プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の維持・拡大のため
プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業は、技術革新や需要変化により市場環境が急速に変化する業界です。新製品の開発や生産能力の向上には大量の資金投下が必要となります。M&Aによって企業合併・買収を行うことで、製品ラインナップの拡大や新たな技術導入が可能となり、競争力維持・拡大につながります。

2. 個別企業のリスク分散
プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業は、素材や用途によって市場が細分化されるため、一つの製品に依存する企業はリスクを抱えます。M&Aによって、市場の細分化を超えて製品ラインナップを拡大することで企業リスクを分散することができます。また、他の企業との競合からも逃れられます。

3. 資金調達の円滑化
プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革加工業は、大量の資金が必要となる場合があります。M&Aによって資本の規模が拡大すれば、資金調達が円滑化し、企業経営を安定させることができます。また、大口の取引先への販売や資材調達などでも、M&Aによる企業統合・買収のメリットを享受することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】耕種農業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  2. 【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等の企業が清算・廃…
  3. 【2024年最新版】大分県佐伯市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】北海道鷹栖町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】北海道留萌市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】東京都千代田区の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】群馬県南牧村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】東京都大田区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP