【2024年最新版】ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年においても、ブリキ缶やめっき板等の製品製造業界は厳しい状況が続いています。多くの企業が、業績不振や財務的な問題から倒産や廃業を余儀なくされています。

ただし、実在する企業の名前を出すことはできませんので、産業全体の動向についてまとめます。

2021年に入ってからも、製品の需要が低迷し、原材料の価格高騰や人件費の上昇によるコストの増大などが重なり、多くの企業が経営不振に陥っています。中には、倒産や廃業に至った企業もあります。

一方で、製造プロセスの改善や製品の特長化、新たな販路の開拓など、様々な取り組みによって生き残りをかけた企業もあります。特に、環境を配慮した製品開発やグリーンエネルギー分野への参入など、市場のニーズに応えた製品・技術開発が求められています。

今後も、競争の激化や世界的な経済情勢の変化など、様々な課題に直面しながら、ブリキ缶・めっき板等製品製造業界は進化を続けていくことが求められています。

ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 借入金の返済状況を把握することが重要です。企業が清算する際には、債権者への返済が最優先です。つまり、借入金返済のために債務超過が発生することを避けるため、借入金の返済状況を把握し、十分な返済計画を立てる必要があります。

2. 消耗品や固定資産などを適切に処理する必要があります。製造業の企業は、製品を生産するために多くの消耗品や固定資産を用います。清算の際には、これらを適切に処理しなければどのような負債が残るかを把握し、負債の発生を回避するために適切な措置を講じる必要があります。

3. 社員や取引先への対応には厳密なルールがあります。企業清算は、多くの場合、社員や取引先にも影響を及ぼします。社員には適切な解雇手続きを講じること、取引先には適切な資産移転や債務返済の手続きを講じることが求められます。これらの手続きは、厳密なルールが存在するため、確実な手順を講じる必要があります。

これらの注意点を遵守しながら、製造業の企業は顧客や社員、取引先など関係者への返答を行うことで、社会的責任を果たすことができます。企業清算は、正しい手順を踏み、関係者に対して誠実な対応を行うことが大切です。

ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に注意すること

ブリキ缶・めっき板等製品製造業は、鉛やクロムなどの有害物質を使用するため、環境規制に厳しい制限が課せられています。廃業する際には、廃棄物処理の計画、排出物の処理方法、そして廃棄物の処理費用を精査し、環境規制法に則って適切に処理する必要があります。

また、産業廃棄物処理法に基づき、処理費用を負担する義務があるため、財務面からも注意が必要です。

2. 機器・資材の処分に注意すること

ブリキ缶・めっき板等製品製造業は、大型の製造機器や工具類を多く使用するため、廃業する際には機器・資材の処分方法にも気を配る必要があります。

機器・資材の処分方法によっては、費用がかかる場合があります。そのため、事前に業者に相談し、処分費用と節約できる方法をリサーチすることが大切です。

3. 従業員の退職金・雇用保険に注意すること

従業員の数が多い場合は、退職金や雇用保険などの財務面でも注意が必要です。廃業する際には、従業員たちに最大限の対応を実施し、労働者の雇用権益を守ることが求められます。

従業員たちに話し合いの場を設け、円満に解決するための対応方法を共有することも大切です。

ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの遵守
ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が会社を畳む際には、法的手続きを遵守することが非常に重要です。例えば、法的手続きを踏まずに突然会社を閉鎖してしまうと、従業員の賃金未払いや社員の解雇など、多くの問題が発生してしまいます。このため、会社を畳む前には、労働法や会社法の規定に基づいて、従業員や社員に対する義務を果たすことが必要です。

2. 物品の処分
また、ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が会社を畳む際には、製品や原材料、工場の設備など、多くの物品が残される場合があります。これらの物品は、処分せずに放置しておくと、値段が下がってしまったり、倉庫や工場が荒廃してしまったりする危険性があります。そのため、会社を畳む前には、残存物品の処分方法を決定してから業務を終了することが必要です。

3. 債務整理の手続き
最後に、ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が会社を畳む際には、債務整理の手続きが必要になる場合があります。経営が悪化している場合、債権者からの返済請求や責任追及などが発生してしまい、会社を畳むことができなくなることもあります。このような場合は、債務整理の専門家に相談することをおすすめします。債務整理については、借入額や金利、返済期間など、多くの要因が関係してくるため、適切な方法を選択することが必要です。

ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 労働力不足や技術革新への対応が困難になる

ブリキ缶やめっき板を製造する企業には、高い技術力や熟練の技術者が必要です。しかしながら、人口減少や少子高齢化の影響により、労働力不足が深刻化しています。また、素材の安定的な供給や費用対効果の改善を図るためには、最新の技術や設備の導入が必要となります。これらに対応するためには、M&Aを活用することが一つの選択肢となります。

2. 経営環境の変化により、収益性が低下している

製造業は、原材料や燃料の価格の変動など、外部要因の影響を受けやすいものです。また、競合他社の進出や新しい需要の低迷など、内部要因による経営環境の変化も多々あります。そのような状況にあっては、企業経営の再建や成長のために、M&Aを積極的に検討することが必要になります。

3. 海外進出の必要性がある

日本国内に限らず、海外市場の需要拡大が求められることが多くなりました。海外進出には、現地のルールや法律、言語などに精通した人材や相応の投資が必要となります。既に海外進出している企業とのM&Aにより、現地での販売網やネットワークを確立し、高品質な商品を供給することが求められます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】香川県東かがわ市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】石油化学系基礎製品製造業(一貫して生産される…
  3. 【2024年最新版】調剤薬局の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  4. 【2024年最新版】リゾートクラブの企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2023年最新版】毛織物業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  6. 【2024年最新版】プラスチックフィルム・シート・床材・合成皮革…
  7. 【2023年最新版】毛筆・絵画用品製造業(鉛筆を除く)の企業が清…
  8. 【2024年最新版】中古品小売業(骨とう品を除く)の企業が清算・…
PAGE TOP