【2024年最新版】ビスケット類・干菓子製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ビスケット類・干菓子製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、ビスケット類・干菓子製造業での倒産・廃業が相次いでいる。

その主な理由として、食品添加物や着色料の使用制限などによる製品開発の難しさや、原材料コストの高騰、競合企業との価格競争激化などが挙げられる。

また、インターネットやスーパーマーケットでの販売の増加により、需要の変化も大きな要因となっている。

中でも、老舗のビスケットメーカーが次々と廃業していることが注目されている。数十年、数百年という歴史を持つ企業が、時代の変化に対応できずに経営破綻してしまっているのだ。

しかし、ビスケット・干菓子市場そのものは拡大傾向にあり、需要が増加している企業も存在する。企業は時代に合わせた製品開発、コスト意識の向上などにより、生き残りを図っている。

今後は、消費者の健康志向の高まりや、原材料調達のリスク管理、物流コストの削減など、より厳しい競合環境が予想される。企業は常に変化に対応し、市場を切り拓く力を持たねばならない。

ビスケット類・干菓子製造業の企業が清算する際の注意点 3選

ビスケット類・干菓子製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 借入金の返済

清算に際しては、まず借入金の返済が必要です。特に生産設備などの大型投資を行っていた場合には、返済額が膨大なものになることもあります。そのため、どの程度まで返済が可能かを事前に詳細に検討し、適切な返済計画を立てることが重要です。

2. 資産の処分

清算に際しては、余剰資産の処分が必要になります。例えば、製造機械や在庫品、社有不動産などです。これらの資産を売却することで現金化し、借入金の返済や清算手続きに必要な費用等に充てる必要があります。しかし、市場価格よりも低く売却されてしまう場合もあるため、適切な価格を設定することが大切です。

3. 労働者の処遇

清算に際しては、従業員の処遇についても考慮する必要があります。特に、大規模な清算に際しては多くの労働者を解雇しなければならない場合があります。そこで、解雇時には適切な手当や福利厚生の提供など、社員の感情にも配慮した対応が求められます。

筆者は、具体的な企業名の記載を控えさせていただきましたが、実在するビスケット類・干菓子製造企業においては、以上の3つの注意点を遵守しながら清算手続きを進めることが求められています。

ビスケット類・干菓子製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の就業調整:ビスケット類・干菓子製造業は季節的な需要の変動があるため、従業員の数も変動します。企業が廃業する際には、従業員の就業調整についても十分に検討し、適切に対応する必要があります。

2. 取引先への連絡:ビスケット類・干菓子製造業は多くの取引先を抱えているため、廃業する際には、取引先への連絡も重要です。取引先に対して十分に説明をし、納品や支払いなどの手続きについても適切に対応する必要があります。

3. 資産の処分:廃業する際には、企業が所有する資産の処分にも注意が必要です。土地や建物、機械設備などの資産は、適切な方法で処分する必要があります。また、処分に伴う税金や手続きなども確認し、適切に対応する必要があります。

ビスケット類・干菓子製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に十分配慮すること。会社の解散や倒産により、従業員が収入や職場を失うことになるため、事前に従業員との協議を重ね、処遇についての取り決めを行う必要がある。

2. 財務面の問題を事前に解決すること。会社を畳む前に、債権者や社員への未払い賃金など、財務上の問題をすべて解決しておくことが重要である。これらの問題が残ったまま会社を解散すると、更なるトラブルを引き起こすことがある。

3. 畳む前に、できる限りの再生策を試みること。会社を解散する前に、業績を改善するための再生策を考えて実行することが望ましい。例えば、業務の効率化や販売促進施策の強化などを行い、業績を回復させることで、企業自身の価値も高めることができる。

ビスケット類・干菓子製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争が激化しているため、大手企業に買収されることで生産効率の向上やコスト削減が図れる可能性がある。

2. 国内市場の成熟化に加え、海外市場での需要が増加しているため、海外展開や市場開拓のための資金やノウハウを得るために買収されることでグローバル競争力が強化される可能性がある。

3. 事業承継に関する問題がある場合、後継者がいなかったり、経営者の高齢化による事業継続の不安がある場合には、買収によって事業の存続が可能になる場合がある。また、買収先によっては経営者としての立場を維持することができる場合もある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】非鉄金属ダイカスト製造業(アルミニウム・同合…
  2. 【2024年最新版】美容業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  3. 【2024年最新版】茨城県行方市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】奈良県田原本町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2023年最新版】遊漁船業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  6. 【2024年最新版】発電所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  7. 【2023年最新版】タオル製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】奈良県山添村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP