【2024年最新版】パン小売業(製造小売でないもの)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

パン小売業(製造小売でないもの)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入り、パン小売業界でも新型コロナウイルスの影響が顕著に現れています。多くの企業が売上減や経費増によって経営難に陥り、倒産や廃業に至っています。

東京都内に本社を置く「株式会社O」は、コロナ禍による外食需要の減少が深刻化し、店舗数の減少や従業員の削減を行っていましたが、2021年4月に倒産しています。

また、北海道を中心に店舗展開をしていた「株式会社S」も、コロナ禍で売上が低迷したことから経営状態が悪化。2021年3月に破産手続きを開始し、全店舗の閉鎖が決定しました。

「株式会社K」も、全国展開するパン屋チェーンの経営が厳しくなり、2021年2月に全店閉鎖を発表しました。

このように、コロナ禍によってパン小売業界は大きな打撃を受けています。今後も、需要の回復が見込めないことから、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれる可能性が高まっています。

パン小売業(製造小売でないもの)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理をしっかりと行う
清算する際には、債務整理が欠かせません。特に、パン小売業の企業は、店舗を構えている場合も多く、家賃やスタッフの給与などの固定費が多くかかるため、債務整理をしっかりと行わないと、後々大きな問題を抱えることになります。また、債権者との交渉も重要です。迅速に債権者に連絡を取り、分割払いなどのオプションを提示することが望ましいです。

2. 社員への配慮を怠らない
清算する際には、社員への配慮も欠かせません。従業員には、給与未払いや退職時の手続きなど、様々な問題が生じる可能性があります。そのため、社員に対しては、事前に配慮をしておくことが必要です。退職手続きなどの手順を明確に提示し、適切にフォローすることで、トラブルを回避することができます。

3. 税務処理を正確に行う
清算する際には、税務処理も欠かせません。パン小売業の企業は、免税対象商品を扱っていた場合もあります。そのため、適切に税務処理を行わないと、後々大きな問題を抱えることになります。税務署に確認することや、税理士に依頼することなど、適切な手続きを行っておくことが重要です。

以上、パン小売業が清算する際の注意点3つを紹介しました。製造小売でない企業が清算する場合でも、債務整理や社員への配慮、税務処理は欠かせないポイントです。これらをしっかりと行い、問題を未然に防ぐことが大切です。

パン小売業(製造小売でないもの)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きを適切に行う必要がある

パン小売業の企業が廃業する場合、法的手続きを適切に行うことが重要です。例えば、会社法に基づく手続きを行わずに単に店舗を閉めてしまうと、債権者にとっては不利になる可能性があります。そのため、倒産や清算など、適切な法的手続きを行うことが求められます。

2. 債権者や従業員に対して適切な対応が必要

企業の廃業により影響を受けるのは、債権者や従業員などが挙げられます。そのため、廃業する前に、債権者や従業員に対する適切な対応を行うことが必要です。例えば、債務整理や給与の未払いに関しては、法律に基づいた最善の解決策を探る必要があります。

3. 資産や在庫の処理についても考慮することが重要

廃業する際には、企業の資産や在庫の処理も考慮する必要があります。例えば、在庫の処理については、他の企業に売却するか、廃棄するかを検討する必要があります。また、設備や機器についても処分方法を決定する必要があります。そのうえで、適切な処分方法を決定し、実施する必要があります。

パン小売業(製造小売でないもの)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 社員・顧客への対応に注意する
パン小売業の企業が会社を畳む際は、まず社員や顧客への対応に注意が必要です。閉店前には、社員や顧客への正式な告知を行い、敬意をもって対応するようにしましょう。一度でも企業として人を雇用すると、多くの人々の生活が関わります。感情的な対応を避け、公正な態度で解決策を提示することが求められます。

2. 負債を解決する
パン小売業の企業が会社を畳む際は、負債を解決する必要があります。社員や顧客に対して、公式な告知を行う前に解決策を提示することが求められます。任意売却、返済プランの提示など、借金を返済するための戦略を練りましょう。

3. 閉店手続きを行う
パン小売業の企業が会社を畳む際は、法律的な手続きを行う必要があります。特に、財政的な問題に関連して、特定の法律や規制が適用されることがあります。適切な手続きを行わないと、企業に罰則が課される可能性があります。適切な手続きを遵守することで、会社を閉鎖する際のトラブルが減ることができます。

パン小売業(製造小売でないもの)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の大手企業との競争力の不足
業界の大手企業が市場を支配する状況では、小規模なパン小売業が競争力を維持することは困難です。このような場合、M&Aによって大手企業に参加することで、業界内でのシェア獲得や市場拡大が可能となります。

2. 経営資源の不足
パン小売業は、多くの場合、製造業とは異なり、あまり高い経営資源を必要としません。ただし、成長や業界内での競争力を維持するためには、投資やマーケティングなどの資源が必要です。このため、M&Aによって、資源面での強化を図ることができます。

3. 手続きや外部要因によるビジネスリスクの最小化
法律や規制の変更、社会的または経済的な変化など、外部要因によってビジネスリスクが存在します。また、ビジネスに関連する手続きや手続きのためのコストが多くかかる場合もあります。M&Aによって、これらのリスクやコストを最小限に抑えることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】京都府城陽市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】ドロマイト鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】看板・標識機製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2024年最新版】機械設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】愛媛県伊予市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】埼玉県戸田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】自動車部分品・附属品小売業の企業が清算・廃業…
  8. 【2023年最新版】木製建具工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP