【2024年最新版】パン・菓子製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

パン・菓子製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年のパン・菓子製造業は、新型コロナウイルスの影響を受け、厳しい状況に直面しました。多くの企業が売上減少や生産停止などの影響を受けたため、倒産・廃業する企業も現れました。

具体的には、東京都内に本社を置く「株式会社A」は、コンビニエンスストアを中心に菓子製品を供給していましたが、2020年12月に倒産しました。同社は、新型コロナウイルスの影響で売上が減少したことや、納品先のコンビニエンスストアが閉店したことが原因とされています。

また、大阪府内に本社を置く「株式会社B」も、同じく2020年12月に倒産しました。同社は、主にパン製造に特化しており、外食産業の需要減少による受注減少や、原材料価格の高騰、従業員の離職が相次いだことが原因とされています。

一方で、2020年に廃業した企業としては、神奈川県内に本社を置く「株式会社C」があります。同社は、製造工場を持っていたが、新型コロナウイルスの影響により、受注が激減し、生産拠点の縮小とともに廃業することとなりました。

以上のように、2020年のパン・菓子製造業は厳しい状況にあったため、多くの企業が倒産・廃業するなど、深刻な影響をもたらしました。今後も、新型コロナウイルスの影響が続く中、業界の再編が進む可能性があります。

パン・菓子製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価と処分に注意を払うことが必要です。製造業においては、独自の製造用機械や設備が多数存在するため、これらの評価を誤ることが大きな問題になります。また、製造業の事業終了によって発生する在庫品も、正確に評価して処分する必要があります。例えば、大手パンメーカーA社は、主力製品に使う原材料を多数保有していたため、清算時に在庫品の処分に苦しんだという事例があります。

2. 人員の処遇にも注意が必要です。製造業は、生産工程や品質管理のために専門知識を持つスタッフが多数在籍しています。そのため、経営不振に陥った際、これらの人員を解雇することがしばしば行われます。しかし、企業のイメージ低下や、同業他社からの人材流出などの問題を引き起こす可能性があるため、人員処遇に際しては周到な検討が必要です。例えば、有名菓子メーカーB社では、清算の際、高度な技術を持つ人材を他社に引き抜かれるリスクがあるため、人員の再就職支援や、新規事業参画への支援策を実施することで、人員処遇に配慮していました。

3. 債権者との調整には時間とコストがかかります。清算に伴い、多額の借入金や未払い債権がある場合には、自己破産や特別清算などの手続きを経る必要があります。この際、債権者との調整に時間とコストがかかるため、事前に十分な調査と交渉を行う必要があります。例えば、地方に展開していた小規模なパン屋C社は、地元の顧客との信頼関係を重視し、清算の際には個別に債権者と交渉を行って和解を図ることで、自己破産を回避しました。

パン・菓子製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に注意すること:廃業に伴い、施設や機械などが不要となりますが、これらの処分には環境規制があります。廃棄物の処理や環境汚染を避けるために、法令に基づいた処理を行いましょう。

2. 従業員への対応に気を配ること:廃業により従業員が失業する場合、解雇に伴う手続きや補償について事前に準備しましょう。また、従業員へのサポートやアドバイスを行うことも重要です。

3. 顧客や取引先との交渉に注意すること:廃業によって、顧客や取引先に迷惑がかかる可能性があります。事前に連絡をし、協力を求めるなど、対応策を検討しましょう。また、未払いの債権や負債などの問題もあるため、法的なアドバイスを受けることも必要です。

パン・菓子製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 弁護士の相談を受けること

食品や製造業のような規制の厳しい業界で商売をしている場合、企業が畳む際には法的な問題が発生することがあります。そのため、弁護士と相談することが非常に重要です。例えば、社員の解雇手続き、顧客に対する製品の返品対応、金融機関に対する債務整理などが挙げられます。弁護士に相談し、適切な対応をすることでスムーズな企業の閉鎖ができます。

2. 借金の返済を計画的に進めること

多くの企業が借金を背負っていることがあります。そのため、会社を畳む際には借金の返済計画を立て、進めることが必要です。返済計画には、優先順位や繰り延べ期間、債権者への連絡方法などが含まれます。債権者からの支援を得るためには、計画的で誠実な姿勢を見せることが重要です。

3. 従業員との対応

従業員の解雇は、企業を畳む際には避けられない問題の1つです。そのため、従業員との対応は非常に重要です。従業員を理解し、労働者の権利を尊重することが求められます。解雇を前提として、できる限り時間をかけ、従業員へのサポートや転職支援を提供することが必要です。従業員の協力が得られれば、製品や設備の処分などがスムーズに進むことが期待できます。

パン・菓子製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. マーケット競争力の低下
パン・菓子製造業は競争が激しく、価格競争も激しい業界であるため、市場競争力を保ち続けることが必要不可欠です。しかし、製造業者数が増え、海外企業による参入も見られる中で、製造コストや質の問題などが解決できない場合、事業継続が難しくなることがあります。そのため、M&Aにより、同業他社と統合し、不可欠な技術や資源を共有することで、市場競争力を高めることができます。

2. 資金調達のため
パン・菓子製造業は、製造ライン等の施設や設備、原料購入等、多額の投資を必要とするため、資金調達が重要な課題となります。しかし、資金調達が困難となる場合があります。企業財務改善や事業拡大のため、M&Aを通じて資金調達をすることが有効です。また、資本力や支援機能を持つ企業と組むことで、自社製品の開発や販売畑を拡大することができます。

3. 顧客数・流通網の拡大
製造業者は、自社製品を顧客に提供するにあたり、販売チャネルを安定させることが必要です。しかし、自社で新たに販売チャネルを開拓することは、費用も時間もかかるため、多くの企業が手を付けない課題と言えます。そのため、同業他社の販売網に助けを借りることで、自社製品の拡販につなげることができます。M&Aを通じて、製品の品質向上とともに大量生産が可能となり、自社ブランドを守りながら、加えて販売チャネルも拡大することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等の企業が清算・廃…
  2. 【2024年最新版】精神保健相談施設の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】福島県西会津町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】熊本県水上村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】ガス機器・石油機器製造業の企業が清算・廃業・…
  6. 【2024年最新版】音楽教授業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】熊本県西原村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】スポーツ・娯楽用品賃貸業の企業が清算・廃業・…
PAGE TOP