【2024年最新版】パルプ製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

パルプ製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、パルプ製造業界では厳しい経営環境が続いており、複数の企業が倒産や廃業に追い込まれている。特に、国内需要の低迷や輸入品の増加による価格競争力の低下がその要因の一つとされている。また、環境への配慮やリサイクル技術の発展により、需要のシフトも起きているとされている。

パルプ製造業の企業が清算する際の注意点 3選

パルプ製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 債務の整理と処理
パルプ製造業は、設備投資や原材料費などの費用が高額であり、借入金が多くなりがちです。そのため、清算する際には、債務の整理と処理が重要です。優先的に払い戻しが必要なものや、担保付き債務などを優先的に処理し、残りの債務は期限内に返済するようにしてください。

2. 従業員の処遇
パルプ製造業では、技術者や作業員などのスキルを持った従業員が多数在籍しています。清算する際には、従業員の処遇にも配慮しなければなりません。従業員には、退職金や未払いの給与などが発生している場合があります。清算プランを作成し、従業員の処遇について明確に指示を出し、円滑な清算を進めてください。

3. 資産の処分
パルプ製造業は、多額の設備投資や原材料のストックがあるため、清算時には、これらの資産の処分が課題となります。まず、不動産や機械などの固定資産から優先的に処分し、次に在庫や事務用品などの流動資産を処分することが望ましいです。また、処分にかかる費用や税金についても計画的に管理し、できるだけ無駄を省いて清算を進めてください。

以上の3つの注意点に加えて、清算プランを周囲のステークホルダーや専門家にチェックしてもらうことも重要です。パルプ製造業は、地域社会や関係する事業者にとって重要な存在であるため、クリーンな手続きを心掛け、社会的責任を果たすようにしてください。

パルプ製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境への負荷軽減
パルプ製造は大量の水を使用し、廃水の処理にも多大なエネルギーを必要とします。廃業する際には、環境への負荷を最小限に抑えるため、徹底した環境対策を行うことが重要です。

2. 労働者の再就職支援
廃業により失業する労働者の生活を守るため、再就職支援などの措置を講じることが必要です。これには、地元の雇用支援団体と連携し、積極的に支援を行うことが求められます。

3. 資産の有効活用
製造施設や機械類などの資産は、廃業後も有効に活用することで資源の浪費を防ぐことができます。廃業する際には、資産の売却や寄付などの方法を検討し、最大限に活用することが望まれます。

パルプ製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境規制の遵守
パルプ製造業は、万一事故が発生した際の環境汚染のリスクが高い産業であり、そのため環境規制には特に注意が必要です。会社を畳む際にも、環境規制に関する法的義務を遵守することが最優先となります。たとえば、排水処理設備の撤去や土壌汚染の解決、廃棄物処理等が必要になる場合があります。

2. 従業員の雇用の扱い
会社を畳む際には、従業員の雇用にも細心の注意が必要です。特に、労働基準法や雇用保険法等の法的義務を遵守する必要があります。異動先の企業や互助会、公的機関等への対応が必要であり、従業員本人の納得と合意を得る必要があります。

3. 資源・設備の再利用
パルプ製造業は、大量の水を使い多くの資源を消費することから、企業存続中に環境に配慮した取り組みが求められます。そのため、畳む際には、業務に関する資源や設備の再利用が可能かどうかを検討することが大切です。例えば、他企業に譲渡したり、レンタルしたりすることで、運用維持費や処分コストを削減できます。また、再利用を考えているものの処分が必要な場合には適切な処分方法を検討しましょう。

パルプ製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 資源効率性の向上: パルプ製造業は大量の木材やその他の天然資源を消費するため、効率的な資源管理が必要です。M&Aにより、より大きな企業と統合することで、木材の調達や価格交渉において強みを持ったり、設備や技術の共有によって、製造プロセスの効率化が可能となります。

2. 固定費の削減: パルプ製造業は比較的高い基礎設備投資が必要な産業です。企業が単独で行っていた製造工程のうち、ある種の工程を他社に委託したり、経験豊かな顧問に製造工程をアウトソーシングすることで、費用を抑えることができます。

3. 事業の多角化: M&Aによって農林水産関連事業やエネルギー事業など、パルプ製造業と相乗効果を持つ事業を取り入れることで、新たな事業の獲得やシナジー効果を生み出すことができます。また、異業種展開によって、原材料に依存しない多角化を図ることにもつながります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】無機顔料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】絹・人絹織物機械染色業の企業が清算・廃業・倒…
  3. 【2023年最新版】たる・おけ製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】漁網製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】三重県木曽岬町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】埼玉県小川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】楽団,舞踏団の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】スポーツ施設提供業(別掲を除く)の企業が清算…
PAGE TOP