【2024年最新版】パルプ・紙・紙加工品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

パルプ・紙・紙加工品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年の新型コロナウイルスの影響により、パルプ・紙・紙加工品製造業の企業の倒産・廃業状況が深刻化しています。特に、紙の需要が減少していることが大きな要因となっています。

国内では、大手紙メーカーの中でも倒産・廃業を発表した企業があります。また、小規模な製造業者も廃業を余儀なくされている状況です。

海外でも同様の状況が見られ、世界的な紙メーカーも業績が低迷し、倒産した企業もあります。

このような中、企業は製品の多様化や省エネルギー化を進め、業績の回復を目指しています。また、再生紙の利用の促進も行われています。

しかしながら、需要低迷が続く中、業界全体の再生が課題となっています。今後も同様の状況が続く可能性がありますので、企業は市場動向を注視しながら、業務改善を進めていく必要があるでしょう。

パルプ・紙・紙加工品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の正確な計算:パルプ・紙・紙加工品製造業は複雑な製造プロセスを経て製品を作り出すため、多額の物流費や原料費がかかります。清算する際には、これらのコストを正確に計算し、負債を見逃さないように注意する必要があります。

2. 紙資材の処分:製造過程で使われた未使用の紙資材や廃棄物を処分する必要があります。この際には、環境規制に沿った処理方法を選び、適切に処分することが重要です。

3. 従業員の処遇:清算に伴い従業員の雇用契約が終了する場合があります。この際には、適切な退職金や保険金の支払いを行い、従業員の処遇についても丁寧に対応することが求められます。

パルプ・紙・紙加工品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制の遵守 – パルプや紙加工品の製造には、大量の水や化学薬品が必要とされます。そのため、廃液や廃棄物などの処理には環境基準を遵守する必要があります。廃業に際しては、しっかりと環境規制を遵守し、必要な手続きを適切に行うことが大切です。

2. 従業員の処遇 – 廃業に伴って、従業員の雇用や退職金などが問題になる場合があります。廃業前には、従業員を含めた関係者との十分な調整を行い、雇用や退職金などの処遇について明確な方針を示すことが必要です。

3. 地域社会との関係 – パルプや紙加工品の製造業は、地域社会との関係が密接です。廃業によって、地域経済や雇用などに与える影響も大きくなります。廃業に際しては、地域社会との十分な協議を行い、その見通しを共有することが望まれます。

パルプ・紙・紙加工品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境規制に注意すること
紙パルプ・紙・紙加工品製造業は、環境に与える影響が大きい業種の一つです。したがって、会社を畳む際には、環境規制に注意しなければなりません。例えば、廃棄物の処理や排水処理については、法令に従って正確に行う必要があります。また、土壌汚染や大気汚染など、違反した場合には重い罰金が科せられる可能性があるので、細心の注意を払うようにしましょう。

2. 従業員の処遇に注意すること
会社を畳む場合、従業員の処遇についても考慮する必要があります。例えば、解雇する際は、労働基準法や労働契約書などの規定に従って正確に行わなければなりません。また、退職金や賃金の未払いなど、従業員に対して不当な扱いをすると訴訟に発展する可能性があるので、注意が必要です。

3. 知的財産に注意すること
紙パルプ・紙・紙加工品製造業は、製品や技術に関して多くの知的財産を持っていることがあります。会社を畳む際には、これらの知的財産についても注意する必要があります。例えば、特許や商標、意匠権など、権利の保護期間が残っている場合は、正確に処理しなければなりません。また、権利関係については、弁護士や知財アドバイザーなどの専門家に相談することも重要です。

パルプ・紙・紙加工品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争の激化

パルプ・紙・紙加工品製造業は、競争が激しく、環境やエネルギーなどの費用が増加しています。さらに、最近の市場変化や世界的な経済不況の影響もあり、業界の収益性が下がっています。このため、会社が資本力のある大手企業に買収されることで、競争力を高め、業績の改善をもたらせる可能性があります。

2. 新規事業や市場への参入

業界の需要の拡大により、新規事業や市場への参入に意欲的な企業が存在します。買収された企業は、その企業の技術や製品ラインナップを利用することで、新たな事業領域を開拓し、市場シェアを拡大することができます。

3. 経営資源の確保

企業が業務を継続するためには、人材や設備、原材料などの経営資源が必要です。しかし、これらの資源を保有するだけではなく、効率的な活用が重要です。買収企業は、需要の増大に合わせて生産能力を高めることができ、経営資源の効率的な活用が可能になります。

以上のような理由から、パルプ・紙・紙加工品製造業の企業がM&Aで会社を売却することは、新たな成長を目指すチャンスとなる可能性があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】自転車小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】静岡県湖西市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】信託契約代理業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】保健衛生の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  5. 【2024年最新版】埼玉県熊谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】新潟県南魚沼市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】ねん糸製造業(かさ高加工糸を除く)の企業が清…
  8. 【2024年最新版】宮城県大衡村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP