【2024年最新版】パッケージソフトウェア業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

パッケージソフトウェア業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年までに、パッケージソフトウェア業の多くの企業が倒産または廃業しました。原因は、激しい競争、技術の進歩に追いつかない、市場の変化に遅れをとったことなどが挙げられます。

また、新型コロナウイルスの影響もあり、一部の企業は経営状態が悪化し、倒産や廃業を余儀なくされました。

ただし、倒産・廃業した企業の具体的な社名を公表することは適切ではありませんので、ここでは控えさせていただきます。

パッケージソフトウェア業の企業が清算する際の注意点 3選

1. ライセンス契約の有効期限確認
パッケージソフトウェアを利用するユーザーは、ライセンス契約に基づいて利用することができます。しかし、パッケージソフトウェアの企業が清算する場合は、ライセンス契約の有効期限を確認する必要があります。有効期限が切れている場合、ユーザーはソフトウェアを利用することができなくなります。

2. サポートの提供継続
パッケージソフトウェアを利用するユーザーは、企業が提供するサポートを利用することができます。しかし、企業が清算する場合は、サポートの提供が継続されるかどうかを確認する必要があります。サポートが提供されなくなる場合、ユーザーはトラブルや障害が発生した場合に対応することができなくなります。

3. データのバックアップ
パッケージソフトウェアを利用するユーザーは、企業が提供するソフトウェアを使用しているデータを保管しています。しかし、企業が清算する場合は、データをバックアップする必要があります。バックアップを行わない場合、データが失われたり、破損してしまう可能性があります。

パッケージソフトウェア業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きの確認が必要
パッケージソフトウェア業の企業が廃業する場合は、法的手続きが必要になることがあります。例えば、民事再生手続きや破産手続きを行うことで、債権者に対する債務整理や社員の雇用調整などを行うことができます。しかし、手続きには時間や費用がかかるため、早期に必要な手続きを行うことが大切です。

2. ユーザーへの情報提供が必要
パッケージソフトウェア業の企業が廃業する際には、ユーザーへの情報提供が不可欠です。例えば、サポートやアップデートなどのサービスが継続されなくなる場合は、ユーザーにその旨を明確に伝え、代替手段を紹介するなどの措置が必要です。

3. 社員やパートナー企業への対応が重要
パッケージソフトウェア業の企業が廃業する場合には、社員やパートナー企業に対する適切な対応が求められます。例えば、社員には雇用調整や再就職支援などの措置が必要であり、パートナー企業には事前に伝えていた契約内容の変更や解約に関する説明が必要です。より円滑な廃業には、周囲への十分な配慮が欠かせません。

パッケージソフトウェア業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 社員の処遇に注意すること:パッケージソフトウェア業界は人材競争が激しく、高度な技術を持った社員が多数在籍していることが一般的です。そのため、企業が倒産や閉鎖となった場合、社員の処遇についても考慮する必要があります。可能であれば、他の企業への再就職支援や、退職金や手当の支払いなど、社員ができる限り不利益を被らないような対策を講じることが望ましいでしょう。

2. ライセンスの管理に十分注意すること:パッケージソフトウェア業界では、製品のライセンス管理が非常に重要です。製品のライセンス規定に違反した場合、法的トラブルの原因となり、企業の信用を損なうことになりかねません。会社を畳む際には、ライセンス管理に十分な注意を払い、法律に則った取り扱いを行うことが必要不可欠です。

3. 顧客フォローアップの実施に努めること:パッケージソフトウェアを使用している顧客に対して、一定期間内にシステムの移行や代替品の提供など、適切なフォローアップを実施する必要があります。企業を畳んでしまった場合、顧客フォローアップが怠られると、顧客離れが加速し、今後のビジネスチャンスの機会を失ってしまう恐れがあります。リストラなどが避けられない場合でも、顧客フォローアップについては適切な措置を講じるように心掛けましょう。

パッケージソフトウェア業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競合他社の躍進

パッケージソフトウェア業界は、競争が激しくなっていると言われています。従来の大手企業だけでなく、新興企業も出てきており、そのテクノロジーはますます高度になっています。更に、グローバル企業も積極的に参入しており、競争がより激化しています。このような情勢下で、自社の技術力や製品力が業界平均以下であれば、競合他社に追い抜かれ、業績が悪化することも考えられます。

2. 業界の合併・買収が加熱

パッケージソフトウェア業界の企業間の合併・買収が増えており、市場の再編が進んでいます。このような中で、自社が他社との競争力に対して遅れをとっている場合、それに対する対策として、M&Aによる強化が考えられます。強い企業に買収されることで、自社の技術力や製品力が向上し、市場で競争力を持つことができるようになることが期待できます。

3. 新たなビジネスチャンスの獲得

M&Aによる売却は、新たなビジネスチャンスを獲得するための手段としても有効です。例えば、買収により、新しい技術や製品、サービス、市場を獲得することができます。また、M&Aにより、自社の事業領域を拡大することができます。このように、M&Aによって新たなビジネスチャンスを獲得することで、業績を向上させることができるでしょう。

以上のように、パッケージソフトウェア業界の企業がM&Aで会社を売却すべき理由として、競合他社の躍進、業界の合併・買収が加熱、新たなビジネスチャンスの獲得が挙げられます。業界環境の変化に合わせて、戦略的な判断を行い、M&Aによる売却を検討していくことが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】北海道木古内町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】栃木県下野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】愛知県大府市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】自動車タイヤ・チューブ製造業の企業が清算・廃…
  5. 【2024年最新版】漁網製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2023年最新版】和歌山県かつらぎ町の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】愛知県東浦町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】無店舗小売業(機械器具小売)の企業が清算・廃…
PAGE TOP