【2024年最新版】バッティング・テニス練習場の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

バッティング・テニス練習場の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、バッティングやテニスなどのスポーツ練習場が多数立ち上がり、人気を集めていました。しかし、競合が激化し、経営難に陥った企業も少なくありませんでした。

一部の企業は改装を行い、新たなコンセプトで再開業するなど対応に迫られていました。しかし、中には廃業に至った企業もありました。

その中でも特に大きな影響を受けたのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。スポーツをする場合、密集してしまうため、コロナ禍においては営業自粛や規制が出されるケースが多かったため、経営に打撃を受けた企業が多数存在しました。

また、スポーツ練習場は建設費や維持費が高いため、経営環境の厳しさも指摘されています。競合が多く、市場の拡大も限定されていたことから、経営が継続できなくなった企業もありました。

一方で、これまでのスポーツ練習場とは異なるコンセプトでの出店や、オンラインサービスへの転換など、新しいアプローチで経営を継続している企業もあります。

スポーツ産業は、健康意識の高まりやエンターテインメントの需要の拡大によって、今後も市場が拡大すると予測されています。ただし、競合環境が激しく、外的要因に左右されやすいため、経営者にとっては常に注意が必要となるでしょう。

バッティング・テニス練習場の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者の確認

清算する際には、まず債権者の確認が必要です。バッティング・テニス練習場の場合、顧客が利用していたプリペイドカードの残高やレッスンの振替分、そしてアルバイトスタッフらへの未払い賃金などが債権となります。また、リース契約が残っている場合には、地主も債権者となります。債権者に対しては、清算の手続きをきちんと説明し、協力してもらいましょう。

2. 残債の処理

バッティング・テニス練習場が購入した備品や設備に対する残債がある場合には、それらの処理も必要です。既にローンを組んでいた場合には、返済期限内に支払っていることが前提ですが、残債がある場合には、金融機関と交渉し、債務の返済計画を立てるなどの対策が必要です。

3. 税金・手数料の処理

会社清算においては、税金や手数料などの処理も重要です。法人税の申告・納付、消費税の還付申請、各種手数料の支払いなどが必要となります。これらは、期限や書類の準備なども含めて、しっかりと対応する必要があります。また、清算に伴って発生した損益は確定申告で計上することになるため、税理士のアドバイスを仰ぐこともおすすめです。

バッティング・テニス練習場の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きの遵守
バッティング・テニス練習場の企業が廃業する際には、法的手続きを遵守することが重要です。特に、倒産や自己破産の場合には、法的手続きが複雑であり、破産管財人や弁護士を通じて手続きを進める必要があります。そのため、先手を打ち、早期に専門家へ相談し、適切な手続きを行うことが重要です。

2. 負債の整理
バッティング・テニス練習場の企業が廃業する際には、負債の整理が必要です。業務停止後にも、未払いの税金、社会保険料、給与、家賃等の支払い義務が残るため、これらの債務を整理する必要があります。その際にも、専門家のアドバイスを仰ぎ、適切な方法で債務整理を行うことが重要です。

3. 社員・顧客とのコミュニケーション
バッティング・テニス練習場の企業が廃業する際には、社員や顧客との適切なコミュニケーションが必要です。社員に対しては、業務停止や解雇の告知、労働法に基づいた適切な処遇等を行い、顧客に対しては、業務停止後の対応や、振替施設等の案内を行うことが重要です。延滞している債権者には連絡し調整を試みる必要があります。これらのコミュニケーションが適切に行われないと、社会的信用信頼を失い、将来的なビジネス展開にも影響を及ぼす可能性があるため、慎重に対応する必要があります。

バッティング・テニス練習場の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への適切な対応
会社を畳むにあたり、従業員への適切な対応が求められます。従業員に十分な理由を説明し、労働契約や労働法に基づき適切な処理を行うことが重要です。

2. 顧客との連絡
バッティング・テニス練習場を利用している顧客に対しては、閉鎖の理由や返金に関する情報を適切に伝える必要があります。顧客からの問い合わせには、迅速かつ丁寧に対応するよう心がけましょう。

3. 残った資産の処理
バッティング・テニス練習場には、機材や備品などの資産が残っていることがあります。これらの資産についても、処理方法を適切に決定し、法的手続きを行う必要があります。また、廃棄などの場合には環境への影響を最小限に抑えるように注意しましょう。

バッティング・テニス練習場の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 増加する競合企業

バッティング・テニス練習場業界に参入する企業が増え、競合が激化している中で、今後も独立して生き残るのは難しくなっています。M&Aによる合併・買収により、業界内での強固な地位を確立することが求められています。

2. 創業者の後継者問題

業界に長年携わってきた創業者が高齢化し、事業継承や経営の継続が問題となっています。M&Aにより、経営陣の一新や新たな事業戦略の実行をすることで、会社の存続を図ることができます。

3. 新たな投資資金の必要性

施設の設備更新や新規事業展開には、多額の投資が必要です。しかし、自社資金での対応は限界があります。こうした場合には、M&Aにより資金調達を行い、新たな事業展開に取り組むことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大阪府藤井寺市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】熊本県芦北町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】寝具製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】愛知県扶桑町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】北海道由仁町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】東京都利島村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】青森県中泊町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福岡県宇美町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP