【2024年最新版】ハンバーガー店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ハンバーガー店の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、多くのハンバーガー店が業績不振やコロナ禍の影響で倒産や廃業を余儀なくされています。

中には、長年愛された老舗店も廃業するケースが見られます。また、新進気鋭のハンバーガー店でも、競争激化や経営難から廃業する場合があります。

一方で、グローバルブランドのハンバーガー店は、堅調な業績を維持しており、新規出店やリニューアル計画などを進めています。

こうした中、ハンバーガー店業界では今後も大きな変化が予想されます。

ハンバーガー店の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価

ハンバーガー店の企業が清算する際には、まず資産の正確な評価が必要となります。店舗や厨房、機器や備品などの評価はもちろん、商品在庫の評価や多額の未収金の存在なども考慮する必要があります。特に、食品業界は商品在庫の賞味期限が短いため、それを正確に評価しなければ、不良在庫になってしまい、損失を被ることとなります。このような評価作業には、専門的な知識を持つ専門家の協力が必要となります。

2. 債務の整理

清算するためには、最初に債務の整理が必要となります。ハンバーガー店が清算する場合は、元従業員への未払い賃金や社会保険料、資金調達のための融資など、さまざまな債務が存在する可能性があります。清算前に債務の整理を行うことで、債権者との交渉がスムーズに進み、清算の手続きが効率的に進められます。

3. 税務の確認

清算を行う企業は、税務署に清算届けを提出する必要があります。その前に、税務の確認が必要です。処分すべき資産や仕入れた商品、債権・債務の整理などの範囲で、どのような税金が発生するのかを確認することが重要です。また、清算が会社法に適合しているかどうかも確認する必要があります。税務に関しては、税務署に相談するか、税理士に依頼することが望ましいです。

以上、ハンバーガー店の企業が清算する際の注意点を3つ挙げました。清算には、多くの専門的な知識や経験が必要となります。事前に手続きを行い、確認を行うことで、スムーズな清算が行えるようになります。

ハンバーガー店の企業が廃業する際の注意点 3選

ハンバーガー店が廃業する場合、様々な注意点が存在します。以下に、実在する社名は出さずに、ハンバーガー店が廃業する際の注意点3選を紹介します。

1.従業員の雇用問題
ハンバーガー店が廃業する際に最も重要な問題は、従業員の雇用問題です。従業員に対して、できるだけ早く正式な通知を行い、適切な補償を提供することが必要です。また、従業員が失業保険や雇用保険などの支援を受けられるように、手続きについても丁寧に説明することが大切です。

2.消費者に対する対応
ハンバーガー店が廃業すると、それまでの消費者に対しても十分な配慮が必要です。事前に告知ができればよいですが、急な廃業の場合は、消費者に対して返金や商品引き取りなど、適切な対応を行う必要があります。また、その後の対応についても、スタッフの指導を徹底して行い、丁寧な対応を心がけましょう。

3.債権者や資産処分
ハンバーガー店の廃業に伴い、債権者への返済や資産処分についても考慮する必要があります。特に、大きな借り入れがある場合には、早急な対応が必要となります。また、店舗内の備品や設備など、資産についても適切に処分することが必要です。

以上のように、ハンバーガー店が廃業する際には、従業員や消費者に対する配慮を行い、円滑な対応を心がけることが重要です。また、債権者や資産処分についても、適切な対応を行い、責任を果たすことが必要です。

ハンバーガー店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に関する注意
ハンバーガー店の企業が倒産や事業撤退を決めた場合、従業員に対する処遇には十分に注意する必要があります。正社員やパート・アルバイトといった契約形態によって異なりますが、退職金や遣り手当、未払い残業代や有給休暇などの未払い分の精算が必要になる場合があります。従業員が信頼を失わないよう、丁寧な対応が求められます。

2. 借金の処理に関する注意
ハンバーガー店の企業は営業資金を確保するために多額の借金をしている場合があります。事業撤退や倒産に際しては、これらの借金の処理にも注意が必要です。銀行やクレジットカード会社との借金返済に加え、仕入先や業者に対する未払いや返済の管理も重要です。これらをきちんと処理せずに会社を畳むと、後々まで悩まされる可能性があります。

3. 品質管理に関する注意
ハンバーガー店の企業が会社を畳む際には、商品の品質管理にも注意が必要です。多くの食品産業企業では、商品の鮮度や成分、添加物などをしっかり管理し、消費者への安全性を確保しています。しかし、会社が畳む際にはそれらの管理が疎かになる場合があります。こうした問題が発生すると、消費者から不信感を持たれ、商品の再販が困難になる可能性があります。

ハンバーガー店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営戦略の変更
ハンバーガー店の企業が成長し続けるためには、競合他社との競争を勝ち抜いていくことが必要不可欠です。このような競争を勝ち抜くためには、現在の事業戦略に対して新しい刺激を加える必要があります。M&Aにより、業界外の企業からの新たなアイデアや知識を吸収することで、企業の競争力が向上する可能性があります。

2. 資金調達の必要性
ハンバーガー店の成功には、新しい商品や施策を生み出すことが必要不可欠です。しかし、こうした取り組みには多大な資金が必要です。M&Aを通じて資金調達を行うことで、新たな商品や施策を生み出すための資金を確保することができるため、企業の成長を促進することができます。

3. リスク分散
ハンバーガー店の業界において、競合他社によるシェア奪い合いが日々繰り広げられています。一方、他の業界との競争に勝ち抜くことも必要です。しかし、これらの競争に対するリスクを完全に回避することは困難です。M&Aを通じて、他の業界に進出することで、競争リスクを分散させることが可能となります。また、異業種に進出することで、新たな事業チャンスを見出すこともできます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道新十津川町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】群馬県藤岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】茨城県結城市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】中央銀行の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  5. 【2023年最新版】野菜作農業(きのこ類の栽培を含む)の企業が清…
  6. 【2024年最新版】香川県丸亀市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】冷凍機・温湿調整装置製造業の企業が清算・廃業…
  8. 【2024年最新版】補整着製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP