【2024年最新版】ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入り、強い円高や新型コロナウイルスの影響により、ニット製外衣製造業においては厳しい状況が続いています。このため、様々な企業が倒産や廃業を余儀なくされています。

例えば、2021年1月には中堅ニット製品メーカーのA社が自己破産を申し立て、事業を停止しました。この企業は、女性向けのニット製品を中心に展開していたことが特徴でしたが、外出自粛などにより売上が大幅に減少し、経営状態が悪化したとされています。

また、同じく2021年に入ってからは、B社という中小ニット製品メーカーも廃業することが決まりました。B社は、ネット販売を中心にビジネスを展開していたことが特徴でしたが、同業他社との競争が激しくなり、利益が出なくなったことが原因とされています。

さらに、C社という大手ニット製造メーカーも、経営状態が悪化し、一部事業を売却することを決めました。C社は、長年にわたり国内外で高い評価を得ていたメーカーであり、外衣だけでなく、セーターやブランケットなどの製品も展開していました。しかし、最近では競合や生産コストの高騰などにより、経営が厳しくなったとされています。

以上のように、ニット製外衣製造業においては、新型コロナウイルスの影響や競争の激化など、様々な要因が重なって、多くの企業が厳しい経営状況に陥っていることがわかります。今後も、この状況が続く可能性があるため、関連する企業は、柔軟な対応が求められていると考えられます。

ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 顧客との契約書類を確認し、清算対象となる注文や受注残がないかを確認する必要があります。
2. 製品在庫と原材料在庫を精査し、清算後の残り物や廃棄処分についての計画を立てる必要があります。
3. 社員やサプライヤー、金融機関に対して丁寧に連絡を取り、清算に関する手順や支払いの予定を明確にしておくことが重要です。

ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 財務状況の評価

ニット製外衣製造業は、素材や製造工程が複雑で、多くの場合、需要に合わせて生産されます。このため、在庫が過剰になり、資金繰りに問題が生じる可能性があります。

企業が廃業する際には、まず財務状況を正確に評価し、債務返済や残りの在庫の処分に充てる資金を見積もる必要があります。また、廃業に伴う借入金の返済とともに、契約書や税務申告の履行も必要になります。

2. 法的手続きの確認

企業が廃業する際には、法的手続きを確認する必要があります。まず、経営者は廃業の意志を表明し、従業員に通知する必要があります。この通知は適切な時期に行われ、従業員に対する債務を果たすことができるようにする必要があります。

また、法的手続きでは、廃業に伴い発生する負債の処理も重要です。例えば、登録商標や著作権などの知的財産権の引継ぎ、今後生じる可能性のある補償金の問題、税金の取り扱いなどが挙げられます。

3. 社員の再就職先のサポート

ニット製外衣製造業をはじめ、多くの企業は従業員を雇用しています。廃業する際には、社員の再就職先のサポートが求められます。

具体的には、自社だけでなく周辺業界や地域の人材派遣会社、就職ネットワークの情報提供など、多くの選択肢を提供する必要があります。また、退職金の支給や福利厚生の引き継ぎなども重要です。これらの手続きが迅速かつ適切に行われることによって、社員の再就職先の安定性が確保されます。

ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 仕入先との関係性をしっかり整理すること
ニット製外衣製造業にとって、材料の仕入れが極めて重要な役割を担います。しかし、製造業は一度仕入先との契約を結び、材料を大量に購入することが一般的です。つまり、仕入先との関係性がきわめて深く、解約することができない場合があります。そのため、会社を畳む際には、仕入先との契約や残りの在庫量を明確に把握することが大切です。

2. 人件費の解決策を考えること
ニット製外衣製造業は、労働集約型の産業であるため、人件費が大きな負担になります。会社を畳む際に問題になるのが従業員の解雇です。製造業においては、従業員のスキルや技術が極めて重要であり、一度解雇してしまうと再雇用することができない場合があります。そのため、会社を畳む際には、人件費に関する解決策を考え、社員や社会に配慮した対応をしっかりと行うことが求められます。

3. 債権・債務の精査をしっかり行うこと
ニット製外衣製造業は、製品を販売する際に借り入れをすることが一般的です。そのため、会社を畳む際には、債権・債務の精査が必要です。特に、買掛金や未収金、未精算などの問題が発生する可能性があります。そのため、畳む前に債権者や債務者と協力して、債権・債務の問題を適切に整理することが求められます。

ニット製外衣製造業(アウターシャツ類,セーター類などを除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場の競争激化による収益性の低下
市場競争が激化している場合、多くの企業は利益率の低下を経験しています。特に、これらの企業が提供する製品が他の企業の製品とよく似ている場合、価格競争が激化する傾向があります。このような状況で、企業は売上高を維持するために価格を下げるしかなくなります。M&Aによって、企業は市場シェアを拡大し、新しい製品を提供することができるため、収益性を改善することができます。

2. 新しい技術への対応
近年、テキスタイル業界での革新的な技術の導入が急速に進んでいます。特に、スマートファブリックなどの革新的な技術は、顧客により多くの付加価値を提供することができます。しかし、新しい技術に追いつくには大量の投資が必要であり、小規模な企業にとっては、予算上の制限がかかる場合があります。M&Aによって企業が規模を拡大することで、そのような制限を克服することができ、新しい技術に追いつくための投資が可能になることがあります。

3. 規制や法律変更に対応するための組織強化
規制や法律の変更は、ビジネスに深刻な影響を与えることがあります。特に、設計や生産プロセスに関する法律の変更は、企業によっては大きな変更を要求することがあります。したがって、法律変更に迅速に対応するためには、企業が组織強化する必要があります。M&Aによって、更なる規模拡大を実現することで、規制に対応するためのリソースを集約することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福岡県鞍手町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】図書館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  3. 【2024年最新版】愛媛県伊予市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】岐阜県多治見市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】奈良県御所市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】圧縮ガス・液化ガス製造業の企業が清算・廃業・…
  7. 【2024年最新版】鹿児島県錦江町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】島根県益田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP