【2023年最新版】セーター類製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

セーター類製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、セーター類の需要が低下しており、製造業界は厳しい状況に直面しています。このため、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされるなど、深刻な問題が生じています。

特に、国内市場での競争が激化していることが影響していると考えられます。また、先進国では消費者の個人的な嗜好が多様化しており、ファッション全般に関わるセールスを再び目にする可能性があるため、従来の企業が抵抗する決意を固める必要があると思われます。

これに加えて、最近のCOVID-19の流行がセーター産業にも大きな打撃を与えました。店舗の閉鎖、需要の低迷、製造の遅延、さらには海外生産拠点の物流困難または閉鎖などの要因があり、多くの企業は明らかに打ち手を探る必要がある状況にございます

このような状況下で、生産性を高め、海外への進出や多角化などの新しい事業展開に取り組むことで、セーター産業が今後の発展に向けて前進していくことは十分可能であると思われます。

セーター類製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 在庫の処分に注意すること:セーター類製造業では、季節商品であるため、在庫が残ることが多い。清算時には、これらの在庫をどう処分するかが問題となる。在庫を適切に処分できなかった場合、損失を出すことになるため、慎重に対処する必要がある。

2. 従業員への対応に注意すること:清算時には、従業員への対応も重要なポイントとなる。解雇や退職勧奨などが必要となる場合、正当な理由を提示し、適切な手続きを行うことが必要である。

3. 債権債務の整理に注意すること:清算に伴い、債権債務の整理が必要となる。特に、供給業者や販売業者などへの支払いが残っている場合には、迅速な対応が求められる。債権債務の整理を怠ると、後々のリスクが大きくなるため、注意が必要である。

セーター類製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

セーター類製造業の企業が廃業する際に気を付けるべき注意点は以下の3点です。

1. 従業員への適切な対応
セーター類製造業は手作業で生産する場合が多いため、比較的少人数の従業員を抱えていることが多いです。そのため、従業員の雇用問題は非常に重要であり、廃業する際は従業員の方々に対し、適切な対応が必要です。例えば、退職金や再就職先の紹介などを行うことが望ましいです。

2. 資産の処分
セーター類製造業は、比較的大きな機械や糸、生地などの資産を持っていることが多いです。そのため、廃業する際には、これらの資産の処分に注意が必要です。資産を処分するにあたり、適切な方法を選択することが重要です。

3. 環境への負荷の軽減
セーター類製造業は、糸や生地の生産過程で非常に多くの水を使用するため、環境への負荷が大きい産業の一つです。そのため、廃業する際には、環境への負荷の軽減にも注意が必要です。例えば、化学薬品や廃棄物の適切な処理を行うことが求められます。

以上のように、セーター類製造業が廃業する際には、従業員への対応、資産の処分、環境への負荷の軽減に注意が必要です。企業はこれらの点をきちんと把握し、適切な対応を行うことが大切です。

セーター類製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に注意する。会社を閉鎖する際には、従業員の解雇手続きについても注意が必要です。法律に従い、適切な手続きを踏むことが求められます。また、従業員の希望に応じて、転職先や求職支援などのサポートを行うことも重要です。

2. 債務整理について考慮する。会社を閉鎖する際には、債務整理の手続きが必要になる場合があります。借金や債務の返済について、法的な助言を受けることが重要です。適切な債務整理の手続きを踏むことで、不必要なトラブルを回避できます。

3. スムーズな手続きを行うために、時間的な余裕を確保することが重要です。会社を閉鎖するには、数ヶ月から数年にわたる手続きが必要になります。手続きに十分な時間を確保し、スケジュールをしっかりと管理することが必要です。また、不測の事態に備えて、予備のキャッシュフローを確保することも重要です。

セーター類製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による価格競争の激化
セーター類製造業界は、新興国の参入や低価格帯商品の普及などにより、価格競争が激化しています。企業が収益性を確保するためには、規模拡大や生産効率の向上が必要となります。M&Aによって規模拡大が図れるため、競争力を維持するために会社を売却することが望ましい場合があります。

2. 知的財産権の保護が困難な場合
セーター類製造業界は、繊細な編み物技術やデザイン性が重要な要素となっています。しかし、知的財産権の保護が困難な場合があります。特に、新興国のコピー商品や偽造品が市場に出回ることが多く、知財の侵害が容易に起こります。このような場合、M&Aを行い、知財の保護が可能な企業に売却することで、企業価値を維持することができます。

3. 流行の変化に迅速に対応できない場合
ファッション産業は、常に変化しており、新しいトレンドが生まれます。セーター類も、季節や消費者のニーズに応じたデザインが求められます。しかし、製造工程や開発力の限界により、迅速な対応が難しい場合があります。M&Aによって、流行の変化に迅速かつ適切に対応できる企業に売却することで、市場リスクを回避し、企業価値を維持することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業…
  2. 【2024年最新版】東京都神津島村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】宮崎県高千穂町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】鹿児島県垂水市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】福井県越前町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】宮城県岩沼市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】岐阜県飛騨市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】純粋持株会社の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP