【2024年最新版】ろうそく製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ろうそく製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、ろうそく製造業界では厳しい状況が続いており、数多くの企業が倒産・廃業に追い込まれています。特に競争が激化したことや、LEDライトなどの代替品の普及が原因となっています。

また、新型コロナウイルスの影響により、ろうそくを使うイベントやセレモニーが中止となり、需要が落ち込んだことも背景にあります。

しかし、一方で手作りやアロマセラピーなどの趣味・ライフスタイル需要により、一部企業は成長を続けています。

ただし、業界全体としては厳しい状況が続き、今後の動向に注目が集まっています。

ろうそく製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者の確認をしっかり行うこと
ろうそく製造業の企業が清算する際は、まず債権者の確認をしっかりと行うことが必要です。具体的には、従業員や仕入先、販売元など、複数の債権者がいますので、それぞれに対して負債額の確認と支払い計画を提示し、合意を得ることが重要です。

2. 法的手続きに注意すること
ろうそく製造業の企業が清算する場合、法的手続きにも十分な注意が必要です。例えば、会社法や労働法などの法的規定に従い、適切な手続きを行わなければなりません。また、借金や賃貸借契約などの契約もすべて解除する必要があります。

3. 債務整理の選択肢も検討すること
ろうそく製造業の企業が清算する際には、債務整理の選択肢も検討することが大切です。債務整理には、自己破産や民事再生などの方法があり、状況によってはこれらを利用することで、債務整理の時間や費用を減らせる場合があります。ただし、債務整理には、企業の信用に悪影響を及ぼすことがあるため、リスクやメリットをよく把握したうえで検討しましょう。

ろうそく製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業の理由を明確にすることが重要です。製品の需要や競合状況など、廃業の原因をしっかりと分析し、社員やビジネスパートナーにもきちんと伝えることが求められます。

2. 廃業に関する手続きや法律上の制約についても十分に把握しておく必要があります。廃業する前に、税務署や各種行政機関との手続きを確認し、必要な書類を準備しましょう。

3. 廃業後の後始末や社員の雇用問題についても、事前に対策を考えておくことが大切です。例えば、社員の再就職先をサポートするなど、最善の解決策を模索しましょう。

ろうそく製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1.法的手続きの遵守:ろうそく製造業の企業が会社を畳む場合、法的手続きを遵守することが重要です。例えば、法定の手続きを踏まずに業務を停止すると、当局から罰金や制裁を課せられる可能性があります。

2.従業員への配慮:ろうそく製造業の企業が会社を畳む場合、従業員への配慮を怠らないように注意が必要です。例えば、一気に解雇するのではなく、できる限り先行きを見越して従業員の再就職先を探すなど、最善を尽くすことが大切です。

3.負債の処理:ろうそく製造業の企業が会社を畳む場合、負債の処理にも注意が必要です。例えば、納品されていない商品がある場合には、お客様に対して適切に対応することが必要です。また、請求書の郵送や負債の整理に伴う手続きにも時間と労力が必要になりますので、早めに対応することが望ましいです。

ろうそく製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

ろうそく製造業の企業がM&Aで会社を売却するべき理由は以下の通りです。

1.市場競争が激化し、業界シェアの獲得が困難に

近年、ろうそく市場は価格競争が激化し、低価格商品が台頭するなど、常に市場競争が激化しています。また、新興市場への参入障壁も低く、競争相手が増加する状況が続いています。こうした状況においては、市場におけるシェア獲得が難しくなります。

2.国内市場の縮小

近年、国内の露店市場が縮小傾向にあり、それに伴い企業の売上高も減少傾向にあります。当然、事業を維持するためには海外市場への参入が必要になりますが、それには多大な投資が必要です。

3.特殊な技術が必要で労働力も必要

製造プロセスには特殊な技術が必要であり、高度な知識を持った作業員が必要です。また、技術的な改善や生産性の向上のために、機械装置への投資も必要です。これらの投資と同時に、給与や保険、労働環境の改善など、高い人件費が必要になります。

以上のような理由から、ろうそく製造業の企業は、M&Aで会社を売却することで、資金調達や競合他社との合併・買収など、事業拡大を目指す戦略を採ることができます。M&Aは事業戦略としても重要であり、資源を効率的に活用することで、競争力を高めることが可能です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】岐阜県山県市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】冷凍機・温湿調整装置製造業の企業が清算・廃業…
  3. 【2024年最新版】更生保護事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】沖縄県南城市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】モノレール鉄道業(地下鉄道業を除く)の企業が…
  6. 【2024年最新版】北海道中頓別町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】洗浄剤・磨用剤製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  8. 【2024年最新版】静岡県富士宮市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP