【2023年最新版】めん類製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

めん類製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入ってからめん類製造業の企業の倒産・廃業が相次いでいます。特に、COVID-19の影響により飲食業界が深刻な状況にあるため、業界全体に影響が出ているようです。

一部の企業は倒産を避けるために事業の方向性を変えるなどの対策を行っていますが、中には厳しい状況下で経営が維持できずに廃業を余儀なくされた企業もありました。

また、業界全体で需要が減少しており、今後も倒産・廃業が相次ぐことが予想されます。

めん類製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法令や契約に基づく手続きを遵守することが重要です。特に、倒産などの事態に陥る場合には、法的手続きを踏むことが必要です。この際には、債権者への連絡や財産の処分など、法令に基づく手続きが順守されることが求められます。

2. 損害賠償などの問題についても適切な対応を行うことが大切です。製品に不具合があった場合には、被害者を対象にした賠償などが必要になることがあります。この際には、製品の安全性についての調査や、必要な補償金の算定などを行い、被害者への対応を行うことが求められます。

3. 従業員や取引先など、関係者への対応も重要です。企業が清算する際には、従業員の雇用や取引先との契約などについても対応が必要です。この際には、従業員への希望退職制度の提供や、契約更新の手続きなどを行い、関係者への対応が求められます。

上記の注意点を順守することによって、めん類製造業の企業が清算する際には、関係者への影響を最小限に抑えながら、適切な対応を行うことができます。しかし、企業の清算は事前の対策が重要であり、経営状況の改善や事業の多角化など、将来的なリスクを回避するための取り組みが欠かせないと言えます。

めん類製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 資産の処分
めん類製造業の企業が廃業する際には、製品や原材料だけでなく、工場ビルや機械・設備、社用車やPCなどの資産も処分する必要があります。まずは、処分対象の資産をリストアップし、それぞれの評価金額を算出します。その上で、不動産や機械・設備などを売却する場合には、仲介業者を通じて相場を掴み、最適な時期を見計らって売却することが重要です。

2. スタッフの処遇
企業が廃業する際には、従業員への処遇も重要です。まずは、従業員に対してきちんと話し合いの場を設け、廃業時期やその理由、退職金や解雇手当、転職支援などの条件を提示します。また、現場スタッフには、自分たちが協力すれば最後まで仕事を納めることができるようにしたり、スキルアップや転職の支援を提供することで、明るい未来に向けた支援を行うことが重要です。

3. 環境保全への取り組み
めん類製造業の企業が廃業する際には、環境保全にも配慮が必要です。具体的には、原材料や製品の処分方法、工場の環境整備、家電などの廃棄物の処分方法、地域社会との協力関係などを考慮する必要があります。特に、工場ビルや機械・設備などの大型資産は、廃棄する際には環境負荷を考慮した処分方法を選択することが求められます。環境保全に積極的に取り組んで、地域社会からも信頼を得ることができます。

めん類製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応を慎重に考える必要がある。従業員に対して、業務縮小や閉鎖の旨を適切に説明し、退職金や就業先の情報提供などの支援を行うことが重要である。

2. 法令や契約に基づく手続きを遵守する。従業員や関係者に対して必要な情報開示を行い、労働基準法や労働者派遣法などの法令や労働契約書に基づく手続きを遵守することが重要である。

3. 経営者や株主にとっての責任を理解する。企業閉鎖によって従業員や地域社会に影響が及ぶことを理解し、事前に対策を講じることが重要である。また、経営責任者や株主は、業績の低迷や負債の膨張などに対し速やかな対応を行うことが求められる。

めん類製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争の激化による業績低迷

近年、めん類市場は競争が激しくなっています。製品の特徴や品質だけではなく、価格競争が激化しているため、企業の業績が低迷している場合があります。そのような場合には、M&Aを活用することで競合他社と一緒になり、市場における競争力を高めることができます。

2. 起業家の限界

起業家は、ビジネスを始めるときは情熱やビジョンを持っていることが多いですが、その後は経営者としてのスキルが必要です。しかし、必ずしもすべての起業家が理想的な経営者であるわけではありません。そのため、成長するためには、M&Aを活用することで、経営者として能力が高い人材を獲得することができます。

3. 製品多様化への対応

顧客の要求や流行の変化によって、新しい種類のめん類が求められることがあります。そのような状況では、新規開発を進めることが求められますが、それは製造業者にとって高いリスクを内包します。M&Aを活用することで、既存の企業の資産やノウハウを取り込むことができ、製品多様化への対応が容易になる場合があります。

以上3つの理由から、めん類製造業の企業がM&Aを活用することは有益である場合があります。しかし、M&Aはその手続きが複雑であり、危険を伴うこともあります。M&Aについて十分に知識を持ち、専門家の助けを借りることが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】宮城県登米市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】移動電気通信業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2023年最新版】石工品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】織物製シャツ製造業(不織布製及びレース製を含…
  5. 【2023年最新版】複合肥料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】自動車(新車)小売業の企業が清算・廃業・倒産…
  7. 【2023年最新版】鹿児島県錦江町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】岩手県田野畑村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP