【2023年最新版】すし店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

すし店の企業の倒産・廃業状況まとめ

直近の時期においても、全国的にすし店の企業倒産や廃業のニュースが多く報じられています。

これは、コロナ禍によって外食産業全体が影響を受けていることが背景にあるものと考えられます。特に、一般的なすし店の場合、宴会や接待などが多く、このような場面が自粛されることによって客足が減少しているといわれています。

また、すし店の場合、原材料の高騰や、人手不足なども問題となっています。そのため、これまで多くのすし店が、経営難から倒産や廃業に追い込まれてきました。

その中でも、全国的に有名な寿司チェーン店も例外ではありません。直近の時期には、大手すしチェーン店の倒産・廃業が相次いでいます。その中には、全国展開していたチェーン店の閉店や、地方店舗のみで展開していた店舗の撤退なども含まれています。

さらに、これからもすし店の倒産や廃業が起こり得ると考えられます。それは、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化することや、外食業界が厳しい状況が続くことが予想されるためです。特に、地方においては、地域の人口減少や、高齢化が進むことによって、需要が低下することも懸念されます。

以上のように、すし店の企業倒産・廃業の状況が深刻化している現状があります。今後は、どのような対策が取られるかが注目されます。

すし店の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価: すし店の企業が清算する際には、資産の正確な評価が非常に重要です。すべての資産を適切に評価して、債務者や債権者に対して公正な配当を行う必要があります。

2. 債務整理の適切な手続き: すし店の企業が清算する際には、債務整理の適切な手続きを行う必要があります。これにより、債務者や債権者が公正に扱われ、企業の清算手続きが円滑に進むことができます。

3. 法務チェックの実施: すし店の企業が清算する際には、法務チェックを実施することが大切です。これにより、法的な問題が発生することを未然に防ぐことができます。法律や規制に違反していた場合、清算に影響を与える可能性があります。

すし店の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 顧客情報の適切な処理
顧客情報は廃業後も保護する必要があります。カード情報や住所氏名などの個人情報は、法的な規制や倫理的な理由から、廃業後も適切な管理が必要とされます。廃業前に顧客に通知することで、顧客にとっても安心感を与えることができます。

2. 資産の処理
すし店が使用していた設備や備品、在庫品などの資産は、適切に処分する必要があります。処分にはコストがかかることが多く、手配に時間がかかる場合もあります。したがって、廃業前に資産の処分計画を策定し、スケジュールを立てて実施することが重要です。

3. 法的な手続きの遵守
すし店が法的な手続きを遵守することは非常に重要です。例えば、請求書や支払いを行うにあたっての業務手順や税金関連の手続きなどが挙げられます。廃業後も適切な報告書類の提出や税金の申告を怠ると、廃業後も問題が起こる可能性があります。したがって、廃業前に専門家に相談し、法的な手続きを適切に実施することが必要です。

すし店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応
すし店の企業が会社を畳む際には、従業員への対応が重要です。従業員には、早めに情報を伝え、適切な手続きを教えることが必要です。また、従業員からの不安や質問にも丁寧に答え、心のケアも怠らないようにすることが大切です。

2. 顧客への連絡
すし店の企業が会社を畳む際には、顧客への連絡も欠かせません。定期的な顧客には、事前に閉店のお知らせをすることで、信頼を損なわないようにすることが必要です。また、お得意様へのお礼の手紙や割引券の送付など、心を込めた対応が求められます。

3. 資産の処分
すし店の企業が会社を畳む際には、資産の処分も気を配る必要があります。具体的には、残っている食材や消耗品などの在庫品を、できるだけ現金化することが望ましいです。また、店舗や機器などの資産も、適切な方法で処分する必要があります。

すし店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営的な課題の解消:すし店の企業がどんなに良い商品やサービスを提供しても、経営環境が悪ければ成功することは難しいでしょう。例えば、顧客の需要の変化や労働力不足、コスト増加などが重なると、企業は収益を確保できず、負債が増えたり、経営不振に陥ることがあります。そのようなケースでは、他社とのM&Aによって、負債を整理することができ、新たな資金源を得ることができます。

2. 技術、商品、サービスの拡大:M&Aは、企業の成長戦略の一つとして有利である場合があります。他社を買収することで、技術、商品、サービスの拡大ができ、新たな製品や市場への進出などが可能になるでしょう。グローバル市場に参入するためのアセット・財源・ブランド力、またはテクノロジーにアクセスするために買収するために、M&Aにより企業競争力を高めることができます。

3. 株主価値の向上: 株主価値を向上させるために、多くの企業がM&Aを活用しています。特に、適切な企業を買収することで、株主により多くの利益を提供することができます。企業がM&Aによって成長することができれば、株主には、成長に応じた増配や、自社株の取得などの形で還元されることが期待されます。 M&Aを通じて成功した企業は、株主にとっても魅力的な投資先となることがあります。

M&Aは多くの利益がある一方で、成功するための要件も高く、トラブルも起こり得ます。企業はM&Aを前提とした事前の評価や準備を十分に行い、成功するための戦略や計画を立てる必要があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】滋賀県多賀町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】畳製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  3. 【2024年最新版】埼玉県幸手市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】滋賀県甲良町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】大阪府四條畷市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】北海道新篠津村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】滋賀県野洲市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】石灰石鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP