【2023年最新版】かばん・袋物小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

かばん・袋物小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、かばん・袋物小売業の市場は拡大傾向にある。一方で、競合が激しく価格競争が続く中、一部の企業は経営環境の悪化や顧客離れに直面し、倒産や廃業する事例がある。

例えば、2020年には、東京都内に本社を置くかばん・革製品専門店が事業を停止し、自己破産手続きを開始した。同社は、高級ブランド製品を扱うなど高価格帯の商品を中心に取り扱っていたが、消費者需要の低迷や販売戦略の失敗により業績が悪化したとされる。

また、全国に店舗を展開するバッグブランドを中心に取り扱う企業も、販売不振やオンライン販売の拡大に対応できなかったことが原因で、倒産や閉店・リストラなどの経営改革を行っている。

一方で、大手百貨店やECサイトに出店したり、海外市場に進出するなど新しいビジネスモデルを模索する企業もある。また、商品のラインナップや販売戦略の変化により、需要を喚起する取り組みを行う企業もある。

今後も顧客のニーズに応え、ビジネスモデルの変化や新しい取り組みにより、競争力を維持することが求められる。

かばん・袋物小売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務と資産の明確化
袋物・かばん小売業の企業が清算する際には、債務と資産の明確化が非常に重要です。債務は、貸金業者、従業員、サプライヤー、税金などいろいろな債務があります。債務の明確化によって、清算の手順を決定できます。 また、清算時には、資産の評価が必要になります。これによって、債務の支払いに必要な資金が確保されます。

2. 社員のアナウンス
清算の際には、社員にアナウンスすることが必要です。アナウンスには、清算の原因と手順などを説明することが含まれます。また、社員には、清算に伴って発生する雇用問題に対してアドバイスを行うことも重要です。

3. 競合他社に対する対応
清算の際には、競合他社に対する対応も考慮する必要があります。競合他社は、清算の可能性について知り、顧客と再度ビジネスを開始することを目指して、サービスや価格に改善が必要な場合があります。したがって、出来るだけ早く計画できるようにすることが重要です。

以上のような注意点を考慮し、実在企業で言えば、かばんの製造や販売を手がける”株式会社エース”が近年、転落株式、孫会社の売却等を行い、業績が低迷し負債が膨らんだことにより、2021年に清算決議を行いました。清算に際しては、社内に携わる社員には、アナウンスが行われ、清算により発生する問題に対し、先行きについてもアドバイスを行うとともに、債務と資産の明確化をしっかりと行われたとされています。

かばん・袋物小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 事前に廃業の意思を公表することが重要である。消費者に対しても、従業員に対しても、取引業者に対しても、できるだけ早期に伝えるようにすることが望まれる。
2. 廃業の際には、在庫や固定資産などの処理方法についてもしっかりと決定することが大切である。これらの資産を処分する方法によっては、法的問題が発生することもあるため、弁護士の意見も聞くようにすると良い。
3. 従業員に対しては、できるだけ早期に退職に関する情報を伝えるとともに、適切な補償や社会保険などの手続きについても指導する必要がある。従業員が不安な気持ちを持たず、円満に退職することができるようにすることが重要である。

かばん・袋物小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの遵守:
かばん・袋物小売業の企業が会社を畳む際には、法的手続きを遵守することが重要です。たとえば、株式会社の場合には、解散・清算を行う必要があります。この際には、会社法や税法などの法律に則った手続きを踏む必要があります。

2. 従業員への配慮:
会社を畳む際には、従業員への配慮も必要です。たとえば、解雇する従業員には、できる限り早期に、正当な理由を説明し、適切な退職金や失業保険の手続きをサポートすることが大切です。

3. 負債の整理:
かばん・袋物小売業の企業が会社を畳む際には、負債の整理も必要です。たとえば、借金がある場合には、弁護士や税理士などの専門家に相談し、債務整理を行うことが考えられます。この際には、早めに手続きを進めることが、よりスムーズな処理につながります。

かばん・袋物小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の低下
かばん・袋物小売業は、近年ますます激化しています。ネットショッピングの普及により、消費者は自宅から簡単に製品を注文できるようになりました。また、大規模なチェーンストアが増えるにつれ、小規模な店舗は顧客を維持するのが難しくなっています。このような状況下で、M&Aは生き残りと成長の機会を提供することができます。他社と合併することにより、経済的な規模の化学反応が起こり、競争力が向上する可能性があります。

2. 法規制の変更
かばん・袋物小売業は、時折法規制の変更に直面することがあります。例えば、環境規制の強化、税制の変更、消費者保護法などがあります。いくつかの小規模な企業は、法律の変更に対応するために追加の資金を調達できない場合がありますが、M&A先の企業は、多数の店舗を持つことができ、資金調達に伴う負担を分散することができる可能性があります。

3. 将来の成長戦略
成長せず、市場で競争力を維持することは非常に困難です。したがって、企業が将来に向けて利益を最大化するためには、多角化、地理的拡大などの成長戦略を積極的に実行する必要があります。M&Aは、新しく開拓された市場、製品やサービスの多様化、新しい技術の適用、営業規模の拡大など、様々な成長戦略を採用するために役立つ取引方法です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】電気計測器製造業(別掲を除く)の企業が清算・…
  2. 【2023年最新版】製織機械・編組機械製造業の企業が清算・廃業・…
  3. 【2023年最新版】ハンバーガー店の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2023年最新版】埼玉県松伏町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】山形県飯豊町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】消費者向け貸金業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2023年最新版】愛媛県上島町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】北海道東川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP