【2023年最新版】靴・履物卸売業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

目次

靴・履物卸売業のM&A

靴・履物卸売業の市場環境

靴・履物卸売業は、消費者のファッション意識の高まりや、オンラインショッピングの普及により、競争が激化しています。市場環境は以下のような特徴を持っています。

1.価格競争の激化:顧客は価格が安い商品を求めており、卸売業者は低価格での商品提供を求められています。また、海外からの輸入品が増加しているため、国内産品との価格差が問題となっています。

2.商品の多様化:消費者のファッション意識の高まりにより、多様な商品が求められています。卸売業者は、トレンドに合った商品を提供することが求められます。

3.オンラインショッピングの普及:消費者は、オンラインショッピングで商品を購入する傾向が強くなっています。卸売業者は、オンラインショップの構築や、配送・返品に関する対応が求められます。

4.地域性の強さ:地域によって消費者の嗜好やニーズが異なるため、地域性を考慮した商品提供が必要です。また、地域の小売店との密接な関係が求められます。

5.環境・社会貢献への取り組み:消費者は、企業の社会的責任や環境への取り組みを重視する傾向があります。卸売業者は、社会的責任を果たす企業として、環境や社会貢献に関する取り組みが求められます。

以上のような市場環境の中で、靴・履物卸売業者は、価格競争に勝ち、多様な商品を提供し、オンラインショッピングに対応し、地域性を考慮した商品提供を行い、環境・社会貢献に取り組むことが求められます。

靴・履物卸売業のM&Aの背景と動向

靴・履物卸売業は、消費者のファッション意識の高まりや、オンラインショッピングの普及により、競争が激化しています。市場環境は以下のような特徴を持っています。

1.価格競争の激化:顧客は価格が安い商品を求めており、卸売業者は低価格での商品提供を求められています。また、海外からの輸入品が増加しているため、国内産品との価格差が問題となっています。

2.商品の多様化:消費者のファッション意識の高まりにより、多様な商品が求められています。卸売業者は、トレンドに合った商品を提供することが求められます。

3.オンラインショッピングの普及:消費者は、オンラインショッピングで商品を購入する傾向が強くなっています。卸売業者は、オンラインショップの構築や、配送・返品に関する対応が求められます。

4.地域性の強さ:地域によって消費者の嗜好やニーズが異なるため、地域性を考慮した商品提供が必要です。また、地域の小売店との密接な関係が求められます。

5.環境・社会貢献への取り組み:消費者は、企業の社会的責任や環境への取り組みを重視する傾向があります。卸売業者は、社会的責任を果たす企業として、環境や社会貢献に関する取り組みが求められます。

以上のような市場環境の中で、靴・履物卸売業者は、価格競争に勝ち、多様な商品を提供し、オンラインショッピングに対応し、地域性を考慮した商品提供を行い、環境・社会貢献に取り組むことが求められます。

靴・履物卸売業のM&Aの成功事例5選

1. 靴卸売業とスポーツ用品卸売業の合併
靴卸売業とスポーツ用品卸売業が合併し、スポーツ用品店に特化した卸売業として新たに立ち上がった。これにより、スポーツ用品店に必要な靴や履物などの商品を幅広く提供できるようになり、業績は拡大した。

2. 地方の靴卸売業の買収
地方にある靴卸売業を買収し、その地域において強い地位を築いた。これにより、地域の小売店に必要な商品を迅速かつ効率的に提供できるようになり、地域の小売店との取引も拡大した。

3. 海外の靴卸売業との提携
海外の靴卸売業と提携し、海外市場に進出した。提携先の靴卸売業が持つネットワークやノウハウを活用し、海外市場における販売拠点を拡大した。これにより、海外市場における売上高も増加した。

4. 競合他社の買収
同業他社を買収し、市場における競争力を強化した。買収した競合他社の顧客や取引先を引き継ぎ、事業の拡大を図った。また、買収した競合他社のノウハウや技術を取り入れ、事業の効率化を図った。

5. 靴卸売業と小売店の共同出資
靴卸売業と小売店が共同出資し、卸売業と小売店が一体となったビジネスモデルを構築した。これにより、小売店が商品を購入する際のコストを削減し、卸売業が小売店との取引を拡大することができた。また、小売店と卸売業が連携し、商品の開発や販売戦略の立案も行うようになった。

靴・履物卸売業のM&Aの失敗事例5選

1. 同業他社との統合による競合激化
ある靴・履物卸売業者が、同業他社との統合による競合激化により経営難に陥った事例がある。統合前は市場でのシェアが高かったが、統合後は同業他社との競争により、価格競争に巻き込まれて利益率が低下し、経営不振に陥った。

2. 資金調達の失敗による倒産
ある靴・履物卸売業者が、M&Aによる事業拡大を図ったが、資金調達に失敗し、倒産した事例がある。M&Aによる事業拡大は成功していたが、資金調達に失敗したため、事業を維持することができず、倒産してしまった。

3. 事業統合による人材流出
ある靴・履物卸売業者が、事業統合により人員を削減した結果、優秀な人材が流出してしまった事例がある。統合前は人材の流出は少なかったが、統合後は不安定な状況に陥ったため、優秀な人材が他社に流出してしまった。

4. ブランドイメージの低下による売上減少
ある靴・履物卸売業者が、M&Aによりブランドイメージが低下し、売上減少に陥った事例がある。M&A前は高級感のある商品を扱っていたが、M&A後はブランドイメージが低下し、価格競争に巻き込まれてしまったため、売上が減少した。

5. 経営陣の意見の相違による経営不振
ある靴・履物卸売業者が、M&Aにより経営陣の意見の相違により経営不振に陥った事例がある。M&A前は経営陣の意見が一致していたが、M&A後は方向性の違いにより、経営陣の意見が相違してしまったため、経営不振に陥った。

靴・履物卸売業の企業が会社を譲渡するメリット3選

靴・履物卸売業の企業が会社を譲渡するメリットには以下の3つがあります。

1. 経営資源の集中化
靴・履物卸売業は、市場競争が激しく、独自の製品開発やマーケティング戦略が必要です。しかし、これらの活動には多大な資金や人的リソースが必要であり、経営資源が不足することがあります。会社を譲渡することで、譲渡先企業の経営資源を活用することができ、経営資源の集中化による効率化が期待できます。

2. 新しい市場への進出
会社を譲渡することで、譲渡先企業が持つ新しい市場に進出することができます。例えば、海外市場に進出する場合、現地の販売網や認知度を持つ企業と提携することで、市場参入のハードルを下げることができます。

3. 経営リスクの分散化
靴・履物卸売業は、季節やファッショントレンドに左右されることがあり、業績が大きく変動することがあります。会社を譲渡することで、譲渡先企業が持つ異なる業種や事業の分野に進出することで、経営リスクの分散化が期待できます。また、譲渡先企業が持つ多様な事業の中で、靴・履物卸売業が安定的に成長することも期待できます。

以上のように、靴・履物卸売業が会社を譲渡することで、経営資源の集中化、新しい市場への進出、経営リスクの分散化などのメリットが得られることがあります。

靴・履物卸売業の資本提携を考えるべき理由

1. 市場競争力の向上:靴・履物卸売業は競争が激しく、資本提携を通じて相手企業の強みを取り入れることで、市場競争力を向上させることができます。

2. 靴・履物の品質向上:資本提携によって、相手企業のノウハウを取り入れることで、靴・履物の品質の向上や新しい素材の導入など、製品開発が進むことができます。

3. 生産コストの削減:資本提携によって、生産拠点の統合や物流の効率化など、コスト削減が可能になります。

4. 海外展開:靴・履物卸売業は世界的な市場で大きな競争があるため、資本提携によって相手企業の海外展開のノウハウを取り入れることで、海外展開の成功につながることができます。

5. 技術開発:靴・履物卸売業は、さまざまな新素材の開発や加工技術の開発が求められています。資本提携によって相手企業の研究開発力を取り入れることで、技術開発のスピードアップや、新しい技術を採用することが可能になります。

靴・履物卸売業の事業を成長させるために必要な要素

1.優れた商品ラインナップ: 靴・履物卸売業が成長するためには、優れた品質と多様性に富んだ商品ラインナップが必要です。消費者が求める最新のトレンドやスタイルに応えるためにも、市場調査やトレンド分析を行い、多様な商品を仕入れる必要があるでしょう。

2.販売チャネルの拡大: 靴・履物卸売業は、販売チャネルを拡大することで、多くの顧客にアクセスできるようになり、販売拡大につながります。そのためには、自社ウェブサイトやオンラインストア、実店舗の展開など、多様な販売チャネルを活用することが重要です。

3.物流ネットワークの強化: 商品を迅速・安全に届けるためには、物流ネットワークを強化する必要があります。効率的な在庫管理や配送システムを導入し、顧客の要望に応える高品質な物流体制を確立することが重要です。

4.顧客満足度の向上: 靴・履物卸売業が持続的な成長を実現するためには、顧客満足度を向上させることが必要です。顧客の声に耳を傾け、品質やサービスの向上を行うことで、顧客満足度を高め、リピート率を向上させることが重要です。

5. マーケティング戦略の策定: 靴・履物卸売業が成長するためには、適切なマーケティング戦略を策定することが必要です。ターゲット顧客層や需要の分析を行い、販促活動やブランディング戦略を適切に実行することで、需要の拡大を実現することが重要です。

靴・履物卸売業の事業と相性がよい事業

靴・履物卸売業に相性が良い事業として、靴修理店や足病院などがあります。これらの事業は、靴や履物の修理やメンテナンス、足に関する健康管理を行うことで、顧客のニーズに応えることができます。また、靴・履物卸売業と顧客の接点を持つ一方で、独自の顧客層をもつため、相互に連携し合ってビジネスを展開することができます。

靴・履物卸売業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある靴・履物卸売業者が、第三者割当増資による資本提携を実施しました。この増資には、靴・履物卸売業以外の業種からも投資家が参加し、資本金が増加しました。

この資本提携により、靴・履物卸売業者は新たな事業展開に向けた資金調達が可能となり、また、投資家側も靴・履物卸売業の事業やノウハウに参加することで、双方にとって利益が期待できる取引となりました。

靴・履物卸売業の株式交換による資本提携の事例

ある靴・履物卸売業者A社と、同業の競合企業B社が、株式交換による資本提携を行うことになりました。

具体的には、A社がB社の株式を取得し、代わりにA社の新株をB社が取得します。この取引により、A社はB社の事業を活性化し、新たな市場への展開を促進することが期待されます。

また、B社はA社の販売ネットワークを利用することで、既存の顧客層を拡大し、新商品の開発が可能になります。両社は相乗効果を狙い、協力して事業展開を進めることになるでしょう。

靴・履物卸売業の赤字事業者のM&A

靴・履物卸売業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. ブランド力がある:靴・履物の市場は競争が激しいため、企業がユーザーに認知されることが大切です。企業が長年に渡り築いてきたブランド力は、多くのユーザーが商品を購入する際に重要な決定要素のひとつになります。

2. ビジネスモデルの改善:赤字企業であっても、ビジネスモデルの見直しによってコスト削減や収益アップを実現できます。企業がビジネスモデルを改善することで、より効率的な業務プロセスを確立して、競争力を維持することができます。

3. 顧客視点の商品開発:顧客の欲求に応える商品を開発することで、企業は需要を創造することができます。企業が顧客視点で商品を開発することで、マーケットでの差別化を実現でき、商品の競争力を高めることができます。

靴・履物卸売業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 市場動向の変化による不確実性

靴・履物卸売業は、市場動向の変化に敏感であり、需要の急増や減少が業績に大きな影響を与えることがあります。そのため、企業が業績が良好であっても、将来的な市場動向に不確実性がある場合は、売却を考えることが重要です。

2. 競合の激化

靴・履物卸売業では、競合が激化しています。つまり、新しい競合企業が市場に進出したことにより、既存企業の市場シェアが低下する可能性があります。このような状況下では、売却を検討することが重要です。

3. 経営者の引退と後継者問題

靴・履物卸売業では、経営者の引退と後継者問題が深刻な課題となっています。後継者不足は、企業経営に直接的な影響を与え、業績の低下につながる可能性があります。そのため、業績が良好なうちに売却を検討することが重要です。

靴・履物卸売業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1.業界の将来性や成長見込みが高い場合
2.内部改革や業務再構築に成功した場合
3.収益構造の改善や新規市場進出に成功した場合

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

靴・履物卸売業のM&Aにおいて、DD(デューデリジェンス)とは、企業の財務状況、営業戦略、商慣行、契約の状況、人材、知的財産権や法的リスクなど、様々な面について調査を行い、買収のリスクやポテンシャルを評価するプロセスです。また、買収価格の決定にも重要な役割を果たします。

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 財務DD:財務情報を調査することにより、企業の健全性や収益性、キャッシュフローなどを把握することができます。特に、売上高や粗利益率、負債の状況などは重要なポイントとなります。

2. 営業DD:企業のビジネスモデルやマーケティング戦略、顧客層などを調査することにより、市場環境や競合状況を把握することができます。また、販売チャネルや営業プロセスの効率化など、ビジネスの改善点を発見することもできます。

3. 法務DD:企業が抱える法的な問題やリスクを特定し、その解決策を検討することができます。特に、知的財産権の保護や著作権侵害、契約書のチェックなどは欠かせません。また、法的な問題がある場合には、M&Aの条件や価格の再検討が必要となることもあります。

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 事業の規模・範囲の明確化
M&Aにおいては、対象企業の事業内容や規模、財務状況を把握することが重要です。特に靴・履物卸売業においては、製品の種類やブランドの知識が必要となります。

2. 財務面の詳細な分析
財務状況の調査は、M&Aにおいて欠かせないものです。特に、貸倒れや未収金の調査、現金流の分析などは重要なポイントとなります。

3. 販売チャネルの検証
売上高を伸ばすためには、販売チャネルの拡大が必要となります。M&Aにおいては、対象企業の販売チャネルを詳細に検証することが大切です。

4. 原材料の調査
靴・履物卸売業においては、原材料調達の安定が大切です。M&Aにあたり、対象企業の原材料の供給元や契約内容を詳細に調査する必要があります。

5. ブランド力の分析
靴・履物卸売業においては、ブランド力が売上に大きく関わってきます。M&Aにおいては、対象企業のブランド力やイメージを確認することが大切です。

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

靴・履物卸売業のM&AにおけるDDには、以下の種類がある。

1. 財務DD
財務DDは、企業の財務面に関する調査を行うものである。財務諸表、決算書、税務申告書、従業員給与明細書、契約書などを分析し、企業の健全性やリスクを評価する。

2. 法務DD
法務DDは、企業の法務面に関する調査を行うものである。契約書、訴訟資料、知的財産権の登録状況、人事労務関係、コンプライアンスなどを調査し、企業の法的リスクを評価する。

3. 技術DD
技術DDは、企業の技術力やR&Dの進捗状況に関する調査を行うものである。特許、ライセンス、研究開発費用、製品仕様、先行技術などを調べ、企業の技術面の強みや将来性を評価する。

4. 市場DD
市場DDは、企業の市場に関する調査を行うものである。業界動向、市場シェア、市場規模、顧客動向、競合他社のポジションなどを調査し、企業の市場価値を評価する。

以上のDDを組み合わせ、全体的な企業評価を行うことがM&Aにおいて重要である。

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

M&Aにおいては、DD(デューデリジェンス)は非常に重要なプロセスであり、靴・履物卸売業のM&Aにおいても同様です。DD業者は、会社の財務状況、法的問題、市場動向、人事・組織などの様々な面について調査・分析を行い、M&Aに関する意思決定の根拠となる情報を提供します。

DD業者を選ぶ際には、以下の点に注目することが重要です。

1.実績と信頼性

M&Aプロセスには多大なリスクが伴います。より実績があるDD業者は、トラブルの回避に繋がります。また、DD業者の選び方として業界の専門家が推薦する業者を選択することも一つの方法です。

2.専門性と豊富なノウハウ

特定の業界に特化したDD業者は、その業界の状況やトレンドを把握しており、より深い分析が行えます。また、豊富なノウハウを持つDD業者は、スピーディーに調査を進めることができ、非常に重要な情報を見逃すことなく取り扱いにくい問題にも対応できます。

3.コミュニケーション能力

DD業者と企業の面談が頻繁になります。そのため、DD業者のコミュニケーション能力の高さは、交渉の円滑さやテンポを決定してしまうため、重要なポイントとなります。

4.コストパフォーマンス

DD業務には多額のコストが掛かるため、コストパフォーマンスを評価することが重要です。ただし、価格だけで判断するのではなく、業者の提供するサービスや品質、経験値も含めた総合的な評価が必要です。

靴・履物卸売業のM&AにおけるDD業者を選ぶ際には、上記のポイントを踏まえ、適切な業者を選ぶようにしましょう。

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMI

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMIとは

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMI(Post Merger Integration)は、統合後の企業経営を円滑に進めるために必要な一連の施策です。主な施策としては、人材の統合や業務プロセスの合理化、ITシステムの統合、顧客サービスの共通化などがあります。これらの施策により、新たに統合された企業間のシナジー効果を最大限に引き出し、M&Aの目的を達成することができます。

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 従業員の統合
M&A後には、従業員達の統合が必要です。従業員達は、自分たちがM&Aされることを不安に思う可能性がありますので、彼らにとって良いプロセスになるように彼らとコミュニケーションを取り、互いに理解しあう作業が必要です。M&A後、統合された従業員チームが、売上・費用削減、およびバリュー創造の潜在力を最大限に引き出すことができるようにサポートする必要があります。

2. 購買の統合
M&A後は、購買の統合が必要です。オペレーション、場所、顧客、営業者、業界など、いくつかの要素で重要な購買の課題や活用されるチャンスがあります。これにより、購入効率を向上させたり、運営コストを削減したりできます。

3. ブランドの統合
M&A後は、組合せたブランド名や商標名をバランスよく利用し、新しいメッセージングとブランド戦略を迅速に展開する必要があります。顧客への情報伝達を含む新しいブランディングコミュニケーションを積極的に続け、それによるメリットを最大限に引き出しながら、ブランディングを強化する必要があります。

このように、M&A後のPMIには、重要な課題が多数ありますが、これらの課題に対して早期に取り掛かることによって、関連する問題を解決し、大きなメリットを生み出すことができます。

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. ビジネスの統合計画を明確にすることが重要です。新しい事業体が目指す方向性や目標を明確にし、スタッフやパートナーに情報を共有して、よりよい統合を行うことができます。
2. 職務・責任の再定義をすることが必要です。M&Aにより、業務範囲や職務内容が変化することがあります。職務・責任の再定義が必要になるため、明確な役割を説明したり、自己の課題や強みを共有して、スムーズな運営ができます。
3. コミュニケーションの重要性を再認識することが必要です。M&Aは通常ストレス感のあるプロセスであり、スタッフやパートナーの間のミスアンダースタンディングが生じる可能性があります。よりよいコミュニケーションを確保するために、継続的なフィードバックを提供し、開かれた問題解決を許可することが重要です。
4. 人材の流出に気を付けることが必要です。業務や責任の再定義により、スタッフに対する変化は大きいです。人員流出を防止するために、適切な報酬制度を設定し、キャリアアップの機会を提供することが必要です。
5. システムを整合させ、重複を排除することが必要です。システムとプロセスを統合することで、業務プロセスの効率性を改善し、リソースを最大限に活用することができます。重複したプロセスやシステムを排除することが、大切なステップであることを忘れないでください。

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMIの種類としては、以下のようなものが考えられます。

1. インテグレーション型PMI

インテグレーション型PMIとは、二つの企業を一つに統合することを目的としたPMIのことです。靴・履物卸売業のM&Aにおいては、例えば、買収した企業と既存の企業を統合して、新たな業務体制を整えることが挙げられます。このPMIでは、人事や業務プロセスなど、様々な部分で統合が必要になるため、多くの課題が浮上することが予想されます。

2. スピンオフ型PMI

スピンオフ型PMIとは、買収した企業の事業の一部を分離し、他の企業に売却することを目的としたPMIです。靴・履物卸売業においては、例えば、買収した企業の一部門を切り離して、新たなビジネスモデルを構築することが考えられます。このPMIにおいては、ビジネスモデルの変更や、商品ラインナップの再構成などが求められることが予想されます。

3. ポートフォリオ最適化型PMI

ポートフォリオ最適化型PMIとは、買収した企業を既存のビジネスに組み込むことで、業績を向上させることを目的としたPMIです。靴・履物卸売業においては、例えば、買収した企業の商材を既存の商材と組み合わせて、新たな商品を開発することが挙げられます。このPMIでは、既存ビジネスとの相性や、新商品の立ち上げに必要なリソースなどが課題となることが予想されます。

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMI業者の選び方

靴・履物卸売業のM&AにおけるPMI業者の選び方としては、以下の点が考慮されることが多いと思われます。

1. 経験豊富かつ専門性が高いPMI業者であること。
2. 顧客満足度が高く、信頼性があるPMI業者であること。
3. チームの構成が適切かつコミュニケーション能力が高いPMI業者であること。
4. 業界のトレンドや市場動向に精通し、適切なアドバイスを提供できるPMI業者であること。
5. 合併・買収後の人材マネジメントや戦略策定、業務プロセス改善など、継続的なサポートができること。

これらのポイントを踏まえ、複数のPMI業者の提案を比較検討し、最適なパートナーを選ぶことが重要です。

靴・履物卸売業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. M&A Doは豊富なM&A実績を持ち、豊富なノウハウを有しているため、引き受ける企業が赤字でも、最適解を提供できる。

2. 靴・履物卸売業は特定のニッチ市場であるため、マーケットや需要動向に詳しい専門家が必要であり、M&A Doはそのような専門性を有しているため、売却先の探索から合併までを的確にサポートできる。

3. M&A Doはグローバルネットワークを有しており、多様なバイヤーやパートナーを持っているため、売却先が個別に探さなくても、M&A Doを通じて最適なバイヤーを見つけることができる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2023年最新版】映像・音声・文字情報制作に附帯するサービス業…
  2. 業種別M&A 【2023年最新版】舗装材料製造業のM&A・事業承継に…
  3. 業種別M&A 【2023年最新版】中等教育学校のM&A・事業承継にお…
  4. 業種別M&A 【2023年最新版】室内装飾繊維品卸売業のM&A・事業…
  5. 業種別M&A 【2023年最新版】たて編ニット生地製造業のM&A・事…
  6. 業種別M&A 【2023年最新版】固定電気通信業のM&A・事業承継に…
  7. 業種別M&A 【2023年最新版】工業用プラスチック製品加工業のM&…
  8. 業種別M&A 【2023年最新版】陶磁器・ガラス器卸売業のM&A・事…
PAGE TOP