【2023年最新版】繊維粗製品製造業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

目次

繊維粗製品製造業のM&A

繊維粗製品製造業の市場環境

繊維粗製品製造業は、世界中で需要が高い産業の一つです。この業界は、繊維原料の加工から糸や布の製造、そして最終的には衣料品や家庭用品の製造に至るまで、多岐にわたる工程を経て製品を生産しています。

この市場環境は、競争が激しく、価格競争が常態化しています。多くの企業が、低コストで高品質な製品を提供することに注力しています。また、環境に配慮した製品の開発や、サステナビリティに配慮した製造プロセスの導入も求められています。

一方で、市場の拡大に伴い、海外からの輸入製品が増えています。これにより、国内企業は、海外企業との競争に直面しています。また、繊維産業におけるブランド力の重要性が高まっており、ブランド力を持たない企業は、市場から取り残される可能性があります。

さらに、近年は新型コロナウイルスの影響により、需要や供給に変化が生じています。一部の企業は、生産ラインの停止や従業員の減少などの影響を受けています。一方で、需要が高まった製品もあり、需要に応じた生産体制の確立が求められています。

このような繊維粗製品製造業の市場環境は、常に変化しています。企業は、市場の変化に敏感に対応し、製品やサービスの改善や新規事業の開発を行うことで、市場での競争力を維持していく必要があります。

繊維粗製品製造業のM&Aの背景と動向

繊維粗製品製造業におけるM&A(合併・買収)の背景と動向について、以下にまとめました。

背景

繊維粗製品製造業は、繊維製品の原料となる繊維素材を製造する産業です。この産業は、繊維製品の需要がある限り、需要が安定しているとされています。しかし、近年は、繊維製品の需要が低迷していることや、新興国の参入による競争激化などが課題となっています。

こうした課題を抱える中、多くの企業は、M&Aを活用して業界再編を進めています。M&Aによって、業界内の競争力を高め、生産性の向上やコスト削減、新たな事業領域の開拓などを目指しています。

動向

繊維粗製品製造業におけるM&Aの動向としては、以下のようなものが挙げられます。

1. 業界内の再編

繊維粗製品製造業では、同業他社との合併や買収による再編が活発化しています。これによって、生産性の向上やコスト削減、市場シェアの拡大などが目指されています。

2. 海外進出

新興国での生産や販売拠点の確立を目的に、海外企業とのM&Aが増加しています。これによって、新たな市場の開拓や、生産コストの削減が期待されています。

3. 環境対応

繊維粗製品製造業では、環境対応に関する規制が厳しくなっています。そのため、環境対応技術を持つ企業とのM&Aが増加しています。これによって、環境負荷の低減や、新たな事業領域の開拓が期待されています。

以上が、繊維粗製品製造業におけるM&Aの背景と動向です。M&Aによって、業界再編が進み、競争力の強化や新たなビジネスチャンスの創出が期待されています。

繊維粗製品製造業のM&Aの成功事例5選

1. 繊維製品メーカーと繊維加工業者の統合
繊維製品メーカーと繊維加工業者が統合し、縫製から染色までの一貫生産体制を構築。これにより、品質管理や生産効率が向上し、市場競争力を高めることができた。

2. 繊維原料メーカーの買収
繊維原料メーカーの買収により、自社で繊維原料を生産することができるようになった。これにより、原料コストの削減や生産効率の向上が図られ、市場競争力を高めることができた。

3. 海外の繊維製品メーカーとの合弁事業
海外の繊維製品メーカーとの合弁事業により、海外市場への進出を実現。現地のネットワークや販売チャネルを活用することで、市場開拓に成功した。

4. 繊維製品メーカーの事業譲渡
繊維製品メーカーが事業譲渡を行い、自社の事業範囲を絞り込むことで、経営効率の向上を図った。また、譲渡先の企業にとっては、新たな事業領域の開拓が可能となった。

5. 繊維製品メーカーと関連企業の統合
繊維製品メーカーと関連企業を統合し、事業のシナジー効果を狙った。これにより、生産効率の向上や製品ラインアップの強化が図られ、市場競争力を高めることができた。

繊維粗製品製造業のM&Aの失敗事例5選

1. 2社の統合による生産ラインの不適合
ある繊維粗製品製造業者が、競合他社との統合を試みました。しかし、両社の生産ラインが完全に一致せず、生産効率が低下し、製品の品質も低下しました。結局、統合は解消され、両社は別々の道を歩むことになりました。

2. 業界の変化に対する対応不足
ある繊維粗製品製造業者が、競合他社を買収し、業界内での地位を強化しようとしました。しかし、業界が急速に変化する中で、その買収先の技術や製品ラインが陳腐化しており、結果的に買収価値が低下しました。

3. 財務上の問題によるM&Aの失敗
ある繊維粗製品製造業者が、財務上の問題を抱えた競合他社を買収しました。しかし、買収先の問題が深刻で、その後の経営に影響を与えました。結局、買収した会社は倒産し、多額の損失が発生しました。

4. 人材の流出によるM&Aの失敗
ある繊維粗製品製造業者が、人材を重視して競合他社を買収しました。しかし、買収後に買収先の優秀な人材が流出し、製品開発や生産効率に影響を与えました。結果的に、買収した会社は解散し、多額の損失が発生しました。

5. M&Aの目的の不明確さによる失敗
ある繊維粗製品製造業者が、競合他社を買収しましたが、買収の目的が明確でなかったため、統合がうまくいかず、結局、買収した会社は解散しました。この失敗は、買収前に十分な調査や計画を立てなかったことが原因でした。

繊維粗製品製造業の企業が会社を譲渡するメリット3選

繊維粗製品製造業の企業が会社を譲渡するメリットには、以下の3つが挙げられます。

1. 事業の再編成が可能になる
繊維粗製品製造業は、需要の変化や競合の激化などによって、事業の再編成が必要になることがあります。このような場合、会社を譲渡することで、新しい経営陣が事業を再編成することができます。また、譲渡先が大手企業であれば、資金力やネットワークを活用して、新しい事業展開を図ることもできます。

2. 資金調達が容易になる
会社を譲渡することで、一定の資金を調達することができます。繊維粗製品製造業は、原材料や設備投資などに多額の資金が必要になることがあります。資金調達が困難な場合、会社を譲渡することで、新しい経営陣が必要な資金を調達することができます。

3. 経営の効率化が期待できる
会社を譲渡することで、経営の効率化が期待できます。繊維粗製品製造業は、生産ラインの改善や業務プロセスの見直しなど、経営の改善が必要なことがあります。譲渡先が経営のプロであれば、経営の効率化を図ることができ、より効率的な事業運営が可能になります。

以上のように、繊維粗製品製造業の企業が会社を譲渡するメリットは、事業の再編成、資金調達、経営の効率化などが挙げられます。ただし、譲渡先の選定や契約内容などには慎重に対応する必要があります。

繊維粗製品製造業の資本提携を考えるべき理由

繊維粗製品製造業は、生産において高度な技術と設備が必要であり、また原材料調達や販売においても膨大な資金が必要となります。そのため、資本提携をすることで生産能力の拡大や経済的効率化が促進されることが期待されます。また、競合他社との差別化や新技術の開発などにも資本提携は有効である場合があります。

繊維粗製品製造業の事業を成長させるために必要な要素

繊維粗製品製造業を成長させるためには、以下の要素が必要と考えられます。

1. 製品開発力の強化:消費者のニーズに合わせた多様な製品を開発することが重要です。市場調査や顧客からのフィードバックを収集し、新製品の開発や既存製品の改良を行うことが必要です。

2. プロセス改善の実施:製造プロセスを見直し、効率化やコスト削減を図り、製品の生産性を向上させることが重要です。また、品質管理の徹底により、良質な製品を提供することが求められます。

3. 海外進出の推進:海外市場に進出し、新規ビジネスの開拓や製品の輸出などを行うことが必要です。海外進出にはリスクが伴いますが、市場の拡大やリスク分散といったメリットがあります。

4. 技術力の向上:生産技術や製品開発に必要な技術力を継続的に向上させることが必要です。新しい技術や製品・素材に対する情報収集や、人材の育成に注力することが求められます。

5. 高いブランド力の構築:製品の品質やデザイン性などを高め、顧客満足度を向上させることで、ブランド力を構築することが必要です。また、消費者の信頼を得るために、CSR活動なども積極的に行うことが求められます。

繊維粗製品製造業の事業と相性がよい事業

例えば、建築資材製造や家具製造、自動車部品製造、スポーツ用品製造などが繊維粗製品製造業と相性が良い事業の例です。

繊維粗製品製造業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある繊維粗製品製造業の企業が、第三者割当増資によって資本提携を行った事例がある。この企業は、創業当初からの独自技術を持ち、高品質な製品を提供していたが、市場競争の激化に伴い、製造設備の更新や新技術の取り入れなどに多額の資金を必要としていた。

そこで、企業は資本提携を検討し、複数の投資家からの出資を受け入れる形で、第三者割当増資を実施した。これにより、企業は資金調達だけでなく、出資者からの経営ノウハウやネットワークの提供を受けることができ、業務拡大や生産効率向上によって、更なる事業成長が期待できるようになった。

また、出資者にとっても、企業の技術力や製品品質に魅力を感じ、持続的な収益を見込めることから、資本提携に積極的に参加したという。このような形で、企業間の資本提携は、企業の事業拡大や競争力強化に大きな役割を果たすことがある。

繊維粗製品製造業の株式交換による資本提携の事例

繊維粗製品製造業のA社とB社は、相互に株式交換による資本提携を行うことに合意しました。具体的には、A社がB社の株式を取得し、その代償として自社株式をB社に譲渡します。これにより、両社は相互に経営資源を活用し、製品の品質向上や開発力の強化などを図っていくことが目的とされています。また、今後は両社が共同で販売・マーケティング活動を行い、より効果的なビジネス展開を目指していくことも検討されています。

繊維粗製品製造業の赤字事業者のM&A

繊維粗製品製造業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 技術力や製造工程の高度化
繊維粗製品の製造には高度な技術力が必要であり、それを持つ企業は生産効率の向上や製品品質の高品質化に繋がります。これによって、競合他社との差別化が生まれ、市場での競争力を強化することができます。

2. 新しい市場の開拓
繊維粗製品は、様々な産業に使用されることがあります。例えば、自動車、航空機、医療分野、繊維製品などです。企業がこうした新しい市場の開拓に取り組むことで、今までとは別の需要を開拓することができます。

3. 事業の多角化
繊維粗製品の製造だけでなく、別の産業に進出することで、事業の多角化を図ることができます。その結果、リスクヘッジが可能になります。また、新しいビジネスに取り組むことで、事業の拡大につなげることもできます。

繊維粗製品製造業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1.需要が低下している- 繊維産業は需要の波が大きいため、需要が低下した場合、多くの企業が苦境に立たされます。これは、適切な対策を講じない場合、赤字に転落する可能性があります。

2.設備の老朽化- 繊維製品製造に使用される設備は非常に高価で、それらを更新するための十分な資金がない場合、企業の生産力に悪影響を与える可能性があります。

3.海外競合力の強化- 繊維製品製造業は、低賃金国での労働者の使用を含む海外競争に直面しています。このような競争は、品質と効率に影響を与える可能性があります。このような状況では、企業は会社を売却することで責任を回避することもできます。

繊維粗製品製造業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 業界トップシェアを誇り、将来性が期待される企業であること。
2. 独自の技術や特許を持ち、競合他社に比べて優位性があること。
3. 将来的に黒字に転換が見込まれる投資案件であること。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

繊維粗製品製造業におけるM&Aにおいて、DD(デューデリジェンス)とは、買収対象企業の経営、財務、顧客、競合他社などの事情を徹底的に調査し、リスクや機会を正確に把握するための手続きのことです。これにより、買収価値の妥当性や買収後の戦略立案に必要な情報を得ることができます。ただし、DDは専門的な知識や経験が必要な作業であり、実施には専門家のアドバイスや支援が必要です。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 生産設備や工程の詳細な確認

M&Aにおいては、対象企業の生産設備や工程が重要な要素となります。繊維粗製品製造業では、製品の品質や生産性に直結するため、これらの詳細な確認は必須です。具体的には、稼働率やメンテナンスの実態、更新履歴や適合性の確認などが挙げられます。

2. 人員・組織の評価

企業の人員や組織についての評価も、M&Aにおいては大切な要素の1つです。特に、繊維粗製品製造業では、技術・知識・経験が重要な要素となります。そのため、対象企業の人員の実態や能力、組織の適正性などを事前に確認することが重要です。

3. 法律・税務関連の確認

M&Aにおいては、法律・税務関連の確認も不可欠です。特に、繊維粗製品製造業では、競合関係や知的財産権の問題、環境基準や安全衛生に関する法令遵守などが重要なポイントとなります。そのため、法務デューデリジェンスや税務デューデリジェンスを行い、リスクを事前に評価することが必要です。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 製品の品質管理に関する情報を詳細に調査することが重要です。素材の品質、製造プロセスの品質管理、品質検査の仕組みなど、すべての品質管理に関する情報を集める必要があります。

2. 製品の生産量や販売量、過去の経営成績を把握することが重要です。過去の実績や将来の見通しを評価するためには、正確な生産量や販売量、売上高、利益率などを収集して分析する必要があります。

3. 経営陣の人材や経験を評価することが重要です。経験豊富な経営陣が、将来の成長戦略の策定や企業価値の向上に向けて取り組むことができるため、その能力やスキルを事前に確認する必要があります。

4. 環境・安全面に関する情報を収集することが重要です。法的な要件に適合しておらず、製品やプロセスに問題がある場合、それが経営に悪影響を与える恐れがあるため、しっかりと情報を収集して調査する必要があります。

5. ライセンスや特許などの知的財産権について、完全性を確認することが重要です。ライセンスや特許が不正確であった場合、M&Aが失敗する可能性があるため、慎重に調査する必要があります。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

繊維粗製品製造業のM&Aにおいて、DD(デューデリジェンス)には以下のような種類があります。

1.財務DD:財務面に関する情報を調査し、売上高、利益、資産、負債などの財務データを評価します。これにより、買収先企業の健全性、資本需要、現金の流れなどを評価することができます。

2.法務DD:規制に関する情報を調査し、企業が法律に従って運営されているかどうかを確認します。契約、権利侵害、訴訟、訴訟のリスクなどが含まれます。

3.人的資源DD:人的資源や労働条件、福利厚生、組織構造、人材選考プロセス、雇用契約などを評価します。これにより、企業の組織文化、人材の強みや弱み、労働力の適性を評価することができます。

4.営業DD:売上高、市場シェア、顧客、競合他社、将来のビジネス成長性などの情報を調査し、市場のトレンドや将来的な可能性を評価します。これにより、企業の競争力や市場での地位などを評価することができます。

以上のように、DDにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴と目的があります。ただし、実在する企業名については記載を避けます。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

M&Aにおいて適切なDD業者を選択することは、ビジネス成功の鍵となります。以下は、繊維粗製品製造業のM&Aにおいて、選択すべきDD業者のポイントです。

1. 専門知識と経験のあるDD業者を選ぶ – 繊維粗製品製造業は複雑な業界であるため、業界に精通したDD業者を選びましょう。

2. 適切な人員を、デューデリジェンスに参加させるべき – 適切な人員を選択しなければ、評価の偏りが起きてしまいます。また、M&A評価に参加するコンサルタントの責任感も非常に重要です。

3. 適切な時間スケジュールを確保すること – DD業務は非常に時間がかかります。適切な時間スケジュールを用意しましょう。期限が短い場合、DD業者は必要な情報を収集することが困難になります。

4. 信頼できるDD業者を探すためのの参考情報を探す – 過去に業績の改善や再生経験のあるDD業者を探すと、信頼性のある評価を受けることができます。

5. 提供される情報を理解して評価することが重要 – 提供される情報を理解し、評価することが大切です。質問をすることが必要です。

以上が、繊維粗製品製造業のM&Aにおいて選ぶべきDD業者のポイントです。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMI

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMIとは

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMIとは、買収後の統合計画実行段階であるPost Merger Integrationの略称です。この段階では、両社の組織や文化、システム、生産工程などを調整し、効率的な経営構造を確立することが重要となります。具体的には、組織再編、人員削減、生産の最適化などが行われます。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 組織文化の統合

M&Aにより異なる企業文化を持つ2つの企業が結合する場合、適切な文化統合が欠かせません。繊維粗製品製造業においても、多様な素材を扱うことから、従業員は高い技術力を持ち、職人気質の傾向が強い場合があります。このような文化を維持しつつ、M&A後の新組織の目的やビジョンを共有することが重要です。

2. 顧客基盤の統合

繊維製品はさまざまなユーザーに提供されるため、M&A後には顧客基盤の統合が欠かせません。これには、顧客ニーズの分析や顧客管理システムの整備、販売システムの統合が含まれます。これにより、M&Aによって得られたシナジーを最大化し、新しいビジネスチャンスを生み出すことができます。

3. 生産合理化の実施

M&A後の新会社においては、より合理的な製造プロセスを構築することでコスト削減を実現する必要があります。これには、各工程のプロセス改善や設備投資、生産ラインの統合などが含まれます。M&A後の新しい価値を追求するためには、こうした生産合理化の取り組みが必要不可欠となります。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 組織・文化の融合:異なる企業文化の融合により、組織や社員の意識や価値観の違いが生じることがあるため、円滑なPMIを図るためには、双方の企業文化を理解し、その融合を計画的に進める必要がある。

2. 人材の再配置・適性評価:従業員の再配置や適性評価については、IT技術を活用し、効率的かつ公平な方法で実施する必要がある。また、異なる企業の人事制度の差異についても、事前に調査し、適切な調整を行う必要がある。

3. 生産ラインの統合:生産ラインを統合する場合には、生産能力や製品品質、納期などを考慮して、計画的かつ迅速に実施する必要がある。また、従業員の再配置や教育などの面でも、迅速かつ適切な対応が求められる。

4. 財務・会計面の整合性:PMIにおいては、財務・会計面の整合性の確保も重要な課題となる。異なる企業の会計基準や税制などについて、事前に十分な調査を行い、計画的かつ適切な対応策を立てることが必要である。

5. 顧客・サプライヤー関係の維持・強化:M&Aにより、顧客やサプライヤーとの関係にも変化が生じることがある。顧客やサプライヤーとの関係を維持・強化するためには、透明性の確保やコミュニケーションの強化など、積極的なアプローチが必要である。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

繊維粗製品製造業におけるM&Aにおいて、以下のようなPMI(合併・買収後の統合)の種類がある。

1. 生産合理化に関するPMI:製造ラインや工場の統合による効率化を目的とする。事業規模の拡大による省力化が見込め、コスト削減や生産効率の向上が期待される。例えば、ある中堅企業が国内の製糸業者を買収し、製造拠点を一本化することで、製造工程の簡素化やラインの統一、原材料の共同調達を行うことができ、販売価格の引き下げに成功した。

2. 営業ネットワークの向上に関するPMI:統合後に得られる営業ネットワークや流通ルートの拡大を狙うもの。事業拡大や製品ラインアップの強化に必要な顧客基盤の拡大が期待できる。例えば、あるファッションブランド企業が他企業を買収し、新たな販売網の確立やブランド力の向上を目指した。

3. 技術導入・生産技術の向上に関するPMI:事業統合による新しい技術や生産技術の取り込みを目指すもの。製品の品質の向上や多様化につながる可能性がある。例えば、ある化学繊維メーカーが他企業を買収し、特許を持つ高機能素材の技術を取得し、ブランド価値向上につながった。

以上のようなPMIの種類があり、統合後には各プロセスに対して改善を行うために、効率的な改善計画と時間管理が重要となる。また、人材マネジメントなどもふくめ、多方面からの課題が発生することがあるため、スムーズなマネジメントが求められる。

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMI業者の選び方

繊維粗製品製造業のM&AにおけるPMI業者を選ぶ際に、以下のようなポイントに注目することが重要となります。

1. 経験と専門性
PMI業者は、M&Aに関わる作業や戦略に精通している必要があります。繊維粗製品製造業に特化したPMI業者を選ぶことで、業界におけるトレンドや問題に詳しい専門家として、M&Aの成功につなげることが可能となります。

2. サービスの幅広さ
PMI業者が提供するサービスの種類が多ければ、M&Aにおいて効率的に協力できる可能性が高くなります。例えば、財務調査や人事評価、法的事項のアドバイス等、幅広いサービスを提供しているPMI業者を選択することが大切です。

3. 競合他社との関係
PMI業者は、M&A後の企業の競合他社との関係を理解し、競争力を高めるための支援を提供することが必要です。そのため、業界に精通しているPMI業者を選ぶことが、その後の事業展開において非常に重要です。

4. 実績と成功事例
PMI業者がM&Aの成功に導いた実績や成功事例があるかどうかもポイントです。過去に多くのM&A案件に参加している業者は、その分野においてのノウハウや経験が豊富であり、期待に沿うことができる場合が高いです。

以上のような要素を重視して、適切なPMI業者を選択することが、M&Aの成功につながります。

繊維粗製品製造業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門知識とネットワークを有している:M&A Doは、繊維粗製品製造業に関する専門知識と豊富なネットワークを持っています。そのため、売却される企業の価値を最大限に引き出すことができます。

2. 経験豊富なアドバイザーが揃っている:M&A Doには、繊維粗製品製造業のM&Aに豊富な経験を持つアドバイザーが揃っています。これにより、売却に関するあらゆる問題に迅速かつ効果的に対応できます。

3. 市場動向に精通している:M&A Doは、繊維粗製品製造業の市場動向に精通しています。これにより、最適な買い手を見つけ、売却価格を最大限に引き出すことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2023年最新版】林業のM&A・事業承継における背景…
  2. 業種別M&A 【2023年最新版】建築材料卸売業のM&A・事業承継に…
  3. 業種別M&A 【2023年最新版】自転車小売業のM&A・事業承継にお…
  4. 業種別M&A 【2023年最新版】雑穀・豆類卸売業のM&A・事業承継…
  5. 業種別M&A 【2023年最新版】固定電気通信業のM&A・事業承継に…
  6. 業種別M&A 【2023年最新版】公認会計士事務所のM&A・事業承継…
  7. 業種別M&A 【2023年最新版】スポーツ・健康教授業のM&A・事業…
  8. 業種別M&A 【2023年最新版】広告業のM&A・事業承継における背…
PAGE TOP