【2024年最新版】産業用設備洗浄業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

目次

産業用設備洗浄業のM&A

産業用設備洗浄業の市場環境

産業用設備洗浄業は、産業界で必要不可欠なサービスであり、市場環境は安定しています。この業界は、機械や設備の清掃、メンテナンス、修理などを提供することで、産業界に貢献しています。

市場環境は、需要が安定しているため、競合も多くあります。しかし、技術力やサービスの質で差別化を図ることで、顧客からの信頼を得ている企業も多くあります。

また、環境に配慮したサービスを提供する企業も増えています。例えば、環境に優しい洗剤を使用したり、再利用可能な水を使用したりすることで、環境保護に貢献しています。

一方で、新型コロナウイルスの影響により、一部の産業分野で需要が減少していることもあります。しかし、需要が減少している分野以外では、需要が安定しているため、今後も安定した市場環境が続くと予想されます。

このような市場環境の中で、産業用設備洗浄業は、技術力やサービスの質を高め、環境に配慮したサービスを提供することで、顧客からの信頼を得て、競争力を維持していくことが求められます。

産業用設備洗浄業のM&Aの背景と動向

産業用設備洗浄業は、産業界で必要不可欠なサービスであり、市場環境は安定しています。この業界は、機械や設備の清掃、メンテナンス、修理などを提供することで、産業界に貢献しています。

市場環境は、需要が安定しているため、競合も多くあります。しかし、技術力やサービスの質で差別化を図ることで、顧客からの信頼を得ている企業も多くあります。

また、環境に配慮したサービスを提供する企業も増えています。例えば、環境に優しい洗剤を使用したり、再利用可能な水を使用したりすることで、環境保護に貢献しています。

一方で、新型コロナウイルスの影響により、一部の産業分野で需要が減少していることもあります。しかし、需要が減少している分野以外では、需要が安定しているため、今後も安定した市場環境が続くと予想されます。

このような市場環境の中で、産業用設備洗浄業は、技術力やサービスの質を高め、環境に配慮したサービスを提供することで、顧客からの信頼を得て、競争力を維持していくことが求められます。

産業用設備洗浄業のM&Aの成功事例5選

1. 電子部品洗浄業者の買収
ある産業用設備洗浄業者が、電子部品洗浄の専門業者を買収しました。これにより、同社は電子部品洗浄の市場に参入し、新たな収益源を確保することができました。

2. オンサイト洗浄サービスの買収
ある産業用設備洗浄業者が、オンサイト洗浄サービスを提供する企業を買収しました。これにより、同社は顧客のニーズに合わせたカスタマイズされたサービスを提供することができ、市場での競争力を高めることができました。

3. 環境に優しい洗浄技術の買収
ある産業用設備洗浄業者が、環境に優しい洗浄技術を持つ企業を買収しました。これにより、同社は環境に配慮したサービスを提供し、顧客からの信頼を得ることができました。

4. 洗浄機器メーカーの買収
ある産業用設備洗浄業者が、洗浄機器メーカーを買収しました。これにより、同社は自社製品の開発により一層力を入れることができ、市場での競争力を高めることができました。

5. 海外進出のための買収
ある産業用設備洗浄業者が、海外進出を目的として、海外の洗浄業者を買収しました。これにより、同社は海外市場での事業展開を開始し、グローバルな視野を持つことができました。

産業用設備洗浄業のM&Aの失敗事例5選

1. サービス提供地域の違いによる失敗
ある産業用設備洗浄業者が、地方都市で成功していた別の洗浄業者を買収しました。しかし、買収後に両社のサービス提供地域が重複していることが判明し、経営効率が悪化してしまいました。

2. 経営方針の違いによる失敗
ある産業用設備洗浄業者が、同業他社を買収しましたが、経営方針が異なることが判明し、統合がうまくいかず、買収した会社が倒産してしまいました。

3. 人材の流出による失敗
ある産業用設備洗浄業者が、他社を買収しましたが、買収した会社の優秀なスタッフが次々と退職してしまい、業務の継続が難しくなってしまいました。

4. 資金調達の失敗による失敗
ある産業用設備洗浄業者が、大型の買収案件を進めていたが、資金調達がうまくいかず、買収を断念することになりました。

5. 統合による失敗
ある産業用設備洗浄業者が、同業他社を買収し、統合を進めましたが、両社の文化や業務プロセスが異なることが原因で、統合がうまくいかず、経営効率が悪化してしまいました。

産業用設備洗浄業の企業が会社を譲渡するメリット3選

産業用設備洗浄業の企業が会社を譲渡することには、以下のようなメリットがあります。

1. 資金調達が容易になる
会社を譲渡することで、企業は一定の資金を手に入れることができます。この資金は、新たな事業展開や設備の更新、人材採用などに活用することができます。また、譲渡によって得た資金を元に、新たな事業を立ち上げることも可能です。

2. 事業の効率化が図れる
会社を譲渡することで、事業の効率化が図れる場合があります。譲渡先の企業が、自社で持っているノウハウや技術を活用することで、生産性や品質が向上することが期待できます。また、譲渡先が持つネットワークを活用することで、新たなビジネスチャンスを獲得することもできます。

3. 事業の継続が確保される
会社を譲渡することで、事業の継続が確保されます。譲渡先の企業が、自社で持っているリソースを活用することで、事業を維持・発展させることができます。また、譲渡先が持つ経営ノウハウを取り入れることで、事業の安定性が向上することが期待できます。

以上のように、産業用設備洗浄業の企業が会社を譲渡することには、資金調達や事業の効率化、事業の継続確保などのメリットがあります。ただし、譲渡先の企業選びや契約内容の検討など、慎重な準備が必要です。

産業用設備洗浄業の資本提携を考えるべき理由

1. 技術・設備の更新に伴う費用負担の軽減
産業用設備洗浄業は、高度な技術や設備が必要であり、これらを更新するための費用は莫大なものとなる。資本提携により、費用の負担を減らすことができるため、長期的なビジネス戦略の安定化に繋がる。

2. 業務範囲の拡大
資本提携により、相手企業の技術やノウハウを取り入れることができ、自社の業務範囲を拡大することができる。これにより、新たな市場や顧客層を開拓することができるため、事業の拡大・成長が期待できる。

3. 人材交流の促進
資本提携により、相手企業との人材交流が促進される。技術やノウハウの共有、新たなアイデアの共同開発、問題解決のための協力など、多岐にわたる形での人材交流が可能になるため、業務効率の向上に繋がる。

4. 経営効率の向上
資本提携により、相手企業の経営ノウハウを取り入れることができ、効率的な経営や事業戦略の策定が可能になる。また、業務範囲の拡大により、業務の分業化や効率化が進むため、コスト削減に繋がる。

5. リスク分散化
資本提携により、リスクの分散化が可能になる。相手企業との協業により、自社の事業リスクを分散し、事業の安定化・強化に繋がる。また、異業種との提携を行うことで、業態の多様化が促進され、リスク分散がより効果的になる。

産業用設備洗浄業の事業を成長させるために必要な要素

1. 優れた洗浄技術:産業用設備は大型で複雑なため、専門的な知識を持った技術者がいることが必須です。また、最新の洗浄技術を取り入れ、より効率的かつ環境にも優しい方法を提供することが重要です。

2. 高品質な設備:洗浄業務には適切な設備が必要です。強力な水圧を生み出す高圧洗浄機、環境に配慮した洗剤、汚染物質を適切に処理できる施設など、高品質で充実した設備を揃えることが大切です。

3. 安全対策:産業用設備洗浄は危険な業種の一つです。安全機器の整備や従業員の教育訓練、作業場所の適切な管理など、安全対策を徹底することが必要です。

4. 顧客のニーズに合わせたサービス:顧客からのニーズに応えることができる柔軟なサービスを提供することで、信頼関係を築くことができます。また、洗浄後の品質検査や保証など、アフターサービスにも力を入れることが重要です。

5. マーケティング戦略:市場競争が激化しているため、適切なマーケティング戦略を確立することが必須です。顧客を増やすための広告や宣伝、既存顧客のリピート率を高める施策など、戦略的なアプローチが求められます。

産業用設備洗浄業の事業と相性がよい事業

産業用設備洗浄業と相性がよい事業としては、以下のようなものが考えられます。

1. 空調設備メンテナンス業
産業用の空調設備は定期的なメンテナンスが必要であり、その中でもフィルターや冷却器などの部品を洗浄する作業が必要になります。そのため、産業用設備洗浄業とは相性がよく、提携している企業も多いです。

2. 工場内清掃業
産業用の設備だけでなく、工場内の清掃も必要となります。アルミ製品や機械部品など、油脂汚れが多いため専門の産業用洗浄業者に依頼する企業もあります。

3. 自動車整備業
自動車整備業では、エンジンや各部の清掃が欠かせません。自動車とは異なる設備ですが、同様に部品を洗浄することが必要なため、産業用設備洗浄業とも相性がよく、提携している企業も多いです。

4. 医療機器メンテナンス業
医療機器は衛生面に関わるため、定期的な洗浄が必要です。産業用設備洗浄業は衛生管理にも詳しいため、医療機器メンテナンス業との提携もあります。

5. 食品製造業
食品製造業では、設備に残留物が残っていると品質に影響がでるため、定期的な洗浄が必要となります。特に加熱式の設備は、油汚れが取りにくく、専門の産業用洗浄業者に依頼する企業もあります。

産業用設備洗浄業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある産業用設備洗浄業者が、設備の老朽化と技術のアップグレードを目的として、第三者割当増資による資本提携を計画しました。この資本提携には、自社の技術力とノウハウを持つ別の産業用設備洗浄業者が参加し、両者は共同で業務を行い合意した利益を分配することになりました。この資本提携により、洗浄技術の向上や設備投資による業務効率の改善が見込まれ、両社の業績拡大に貢献することが期待されています。

産業用設備洗浄業の株式交換による資本提携の事例

ある産業用設備洗浄業者が、同業他社との資本提携のために株式交換を実施しました。これにより、両社は互いの技術やノウハウを共有し、事業拡大を目指すこととなりました。また、この資本提携により、製品コスト削減や生産効率の向上など、様々なメリットが生まれました。

産業用設備洗浄業の赤字事業者のM&A

産業用設備洗浄業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 技術力と専門性が高い

産業用設備洗浄業の企業は、専門的な知識や技術が必要です。赤字企業でも、特殊な洗浄設備のメンテナンスやトラブルシューティングに特化したサービス提供などの高度な専門性を持っている場合、買収や事業譲渡などの条件が整えば、他の企業からの買い手が現れる可能性があります。

2. 顧客基盤が安定している

産業用設備洗浄業は、大手メーカーやプラントオペレーターなど、安定的な顧客基盤があります。赤字企業でも、長年の信頼を築いた先行きの安定した顧客基盤を持っている場合、買い手からの需要が生まれることがあります。

3. 地理的な立地条件が魅力的

産業用設備洗浄業は、特定の地域に集中している場合があります。地理的な立地条件が良く、周辺のプラントや工場などから需要が集まっている場合、企業の売却先として現れる可能性があります。また、企業が特定の地域に強みを持つ場合、買い手からの需要が出ることがあります。

産業用設備洗浄業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争が激化している場合
産業用設備洗浄業は競争が激化する市場の一つです。競合他社の台頭や新規参入企業の出現によって、市場が飽和状態に陥ることがあります。このような状況では、赤字が続くことが予想されるため直ちに売却することが賢明です。

2. 経営者の能力不足が原因の場合
産業用設備洗浄業は技術や知識、設備の保有が不可欠な分野です。経営者の能力不足によって事業が失敗することがあります。この場合、赤字を回避するには、売却することが最良の選択肢です。

3. 市場の需要が低迷している場合
産業用設備洗浄業の需要は、工場の稼働状況や景気動向に左右されます。需要が低迷している場合、業績が悪化し、赤字が続くことがあります。このような場合は、市場回復まで待つよりも、売却することで少なくとも一定の利益を確保することができます。

産業用設備洗浄業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 技術力や特許などの高い資産価値がある場合。
2. マーケットシェアが高く、将来的な収益性が期待される場合。
3. 成長産業への進出が見込まれ、将来的な収益性が期待できる場合。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDDとは、買い手が売り手の企業情報を詳細に調査し、リスクを最小限に抑えることを目的としたデューデリジェンスのことです。具体的には、財務、法務、人事、環境、技術、市場などの面で詳細な調査が行われ、不良債権や法的リスク、不正行為、環境汚染などの問題がないか確認されます。また、将来的な業績や成長性、市場のトレンドや競合環境なども調査され、買い手が持つリスクを最小限にし、投資の判断材料となる情報を得ることが目的とされています。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 財務面の確認: 産業用設備洗浄業のM&Aにおいては、財務面の確認が重要です。財務レポートや会計情報を確認することで、売り手の収益性、財務健全性、キャッシュフロー、資産価値などが詳細に分析できます。

2. 技術面の評価: 産業用設備洗浄業のM&Aにおいては、技術面の評価も重要です。洗浄技術や洗浄装置の性能、特許申請状況、投資や開発計画などを評価することで、将来的な成長性や市場競争力が判断できます。

3. リスク評価: 産業用設備洗浄業のM&Aにおいては、リスク評価も重要です。具体的なリスクとしては、環境規制や安全性の問題、従業員の労働条件や人権問題、顧客からのクレームなどが挙げられます。リスク評価を行うことで、M&Aによるリスクを最小限に抑えることができます。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1.設備の保守状況の確認: 買収対象企業が所有する設備の管理及び保守状況を詳細に確認することが重要です。定期的に行われていないメンテナンスにより、設備の性能低下が発生し、設備の寿命が短くなるため注意が必要です。

2.技術力の確認:買収対象企業の技術力は、その業務の拡大や新しい市場への進出をする上で重要なポイントです。運営している技術者や管理者が、業務の実務経験や最新の技術について十分に研鑽を積んでいるか確認することが大切です。

3.法的観点:買収対象企業の法的な問題やリスクを総合的に確認することが必要です。会社法に基づいて運営していない場合や、特許や商標を違法に使用している場合、将来的に買収企業に損失を与える可能性があります。

4.利益・赤字の確認:買収対象企業が赤字経営である場合、買収後に費用削減などの施策を行い、業績アップに取り組む必要があります。買収前に細かく検証し、業績改善可能性を総合的に判断することが必要です。

5.従業員の情報収集:買収対象企業に所属する従業員や管理職の人数、人事異動の履歴、待遇や昇給の制度、社風など、従業員に関する情報を収集することが重要です。買収後の人事異動や組織改編などが必要になる場合、従業員の状況を理解することが重要です。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴は以下の通りです。

1. 経営DD:経営層の能力やビジネスモデル、財務状況について、買収企業の評価に重要な要素となります。

2. 法務DD:法的なリスクや問題点の発見が目的です。例えば、契約内容や企業のコンプライアンス体制などが評価されます。

3. 技術DD:買収企業の技術力や特許ポートフォリオなどが評価されます。このDDにより、買収企業の技術力について評価がされます。

4. 市場DD:買収企業の市場前提条件も評価がされます。例えば、市場規模、競合環境、国内外の規制や税制度などが評価されます。

5. 環境DD:産業用設備洗浄業は、環境関連法規制が大きな課題であります。そのため、買収企業の社会的責任や環境リスクについても評価がされます。

以上のように、DDの種類はさまざまであるが、買収企業の評価に重要な要素となります。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

産業用設備洗浄業のM&AにおいてDD業者を選ぶ際には、以下の点に注目することが重要です。

1. 専門性と実績:DD業務における専門性と実績は、その業務の成功に不可欠な要素です。過去の実績や専門的なスキルを持っているかどうかを確認し、選択しましょう。

2. 経験と知識:特定の業種に精通しているDD業者を選ぶことで、ビジネスリスクや産業の仕組みに関する理解を深めることができます。業界の専門家が企業の背景や課題点をより精密に把握でき、問題解決のための最適なアドバイスを提供することができます。

3. ネットワーク:DD業務には、弁護士、会計士、税務士、評価会社、保険会社などの専門家の知識が必要です。DD業者が拠点としている地域に適切な専門家のネットワークを持っていることを確認する必要があります。

4. コミュニケーション能力:DD業務は非常に緻密であり、あらゆる角度から企業を分析する必要があります。このような状況下では、適切なコミュニケーション能力を持たないDD業者は、タスクの正確性に欠ける可能性があります。

5. 価格:DD業務の費用は、企業規模や支払いの性質など、多くの要素があります。業務値段を比較し、費用が妥当なレベルかどうかを評価することが必要です。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMI

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMIとは

産業用設備洗浄業界におけるM&A実行後、企業統合のプロセスであるポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)を実施します。これは、両社の業務プロセス、財務、人材管理、顧客サービス、マーケティング戦略などを調整し、両社が統一したビジネス戦略と目標を達成するための努力です。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 文化の統合とコミュニケーションの最適化:異なる文化やビジネス習慣を持つ複数の企業が統合される場合、PMIは統合された新しいチームが非常に重要なフェーズに達する前に行う必要があります。プロジェクトチームは、文化の違いの把握に加えて、関係者がチームワークを重視しており、効果的なコミュニケーションを確立することが重要です。これにより、重要な決定が迅速に行われ、不必要な誤解が防止されます。

2. ビジネスプロセスの改善:企業の統合の一部として、PMIはプロセスの標準化と改善を実現するのに役立ちます。これには、各企業が使用しているビジネスプロセスの調査と分析が含まれ、最良のプラクティスの同定と新しいプロセスの実装が行われます。プロセスの改善により、企業はよりスムーズかつ効率的に運営され、生産性が向上し、成長が促進されます。

3. リソースの効果的な配分:企業のM&Aにおいては、人材や財務リソースを最大限に効果的に配分することが重要です。これには、企業文化と戦略の違いを考慮したリソースの再配置が含まれます。PMIは、製品やサービスの提供に不可欠なリソースが効果的かつ効率的に配分されるようにするために、リソースの割り当てについて透明性を確保し、重要なプロジェクトやビジネスイニシアチブの優先順位を設定することができます。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 統合プロセスの計画化 – M&A後のプロセスを詳細に計画し、予定通り進むように管理することが重要です。

2. 人材マネジメント – 両社の従業員を統合するために、スムーズなコミュニケーションや文化の違いを理解することが必要です。

3. システムや技術の整合性 – M&Aによるシステムや技術の変更がある場合、問題を回避するために、詳細な計画を立て、従業員にトレーニングを行い、問題解決に専念することが必要です。

4. 顧客管理 – M&A後に顧客に不安を与えないように、顧客データの整合性や顧客とのコミュニケーションプロセスを管理することが必要です。

5. リスク管理 – M&Aによるリスクを管理するために、予想されるリスクを詳細に分析し、リスク軽減のプランを立てることが必要です。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMI(Post Merger Integration:合併後統合)の種類と特徴として、以下のようなものがあげられます。

1. 社員・組織の統合
各社の社員や組織を一つにまとめることで、業務の効率化やコスト削減につなげることができます。ただし、異なる企業文化や風土が混じり合うことから、コミュニケーションや調整をしっかりと行う必要があります。

2. 生産・運営の統合
製造ラインや生産工程などを最適化し、生産性向上とコスト削減を目指します。ただし、M&A前の稼働状況や生産ノウハウの違いなどから、課題が生じることがあります。

3. 営業チャネルの統合
ある一定の顧客層を持つ企業同士がM&Aを行った場合、各々の顧客アプローチや販売チャネルを統合することで、顧客の増進や業界地位の向上を狙います。

4. 情報システムの統合
各社の情報システムを一元管理することで、業務の効率化や管理負荷の削減を図ります。ただし、情報システムの機能や稼働状況の違いから、大規模なシステム移行が必要になることがあります。

以上のように、M&Aによる統合にはさまざまな種類がありますが、その目的は業績の向上やシナジー効果の追求にあります。M&AによるPMIは、業界ごとに異なる課題があるため、しっかりと計画を立て、それを基にプロジェクトマネジメントを行うことが重要です。

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMI業者の選び方

産業用設備洗浄業のM&AにおけるPMI業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 技術力

PMI業者には、産業用設備洗浄に必要な技術力が求められます。特に、洗浄対象となる設備の種類や規模に応じて、適切な洗浄方法を提案できるかどうかが重要なポイントです。

2. 経験豊富なスタッフ

洗浄作業には多くのスタッフが必要です。そして、それぞれの作業について専門知識を持ち、高い技術力を持つことが望ましいです。PMI業者を選ぶ際には、経験豊富なスタッフを抱えているかどうかを確認することが重要です。

3. 安全管理

産業用設備洗浄は危険が伴います。PMI業者を選ぶ際には、適切な安全管理を行っているかどうかが重要です。有効な安全システムを採用しているかどうかを確認することが望ましいです。

4. 経験

PMI業者が過去にどのような業務に携わってきたかも重要なポイントです。特定の業界に精通しているか、どのような変更や課題があったかなどの経験を持つ業者を選ぶことが望ましいです。

5. 価格設定

PMI業者の価格設定も重要なポイントです。正確な見積もりを出し、予定と実績が合致したときには割引を適用するなどの柔軟な価格設定を行う業者が望ましいです。

適切なPMI業者を選ぶことは、M&A成功の要因の一つです。以上のポイントを踏まえ、適切なPMI業者を見つけることをお勧めします。

産業用設備洗浄業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. M&A Doは豊富な知識と経験を持つ専門家チームを抱えており、産業用設備洗浄業に精通したアドバイザーが適切な買い手候補を見つけ出し、スムーズかつ迅速な売却を行うことができます。

2. M&A Doは柔軟な費用体系を採用しており、費用の内訳や支払い方法についてもカスタマイズできます。さらに、最初に無料で相談を受け付けているため、事前に検討する余裕があります。

3. M&A Doは個別のニーズに合わせたサービスを提供することができます。売却に伴う法的手続きや契約書の作成、買い手との交渉など、さまざまなサービスを一括で提供することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2024年最新版】卓上用・ちゅう房用ガラス器具製造業のM�…
  2. 業種別M&A 【2024年最新版】液晶パネル・フラットパネル製造業のM…
  3. 業種別M&A 【2024年最新版】下着類小売業のM&A・事業承継にお…
  4. 業種別M&A 【2024年最新版】ちゅう房機器製造業のM&A・事業承…
  5. 業種別M&A 【2024年最新版】ニット・レース染色整理業のM&A・…
  6. 業種別M&A 【2024年最新版】縫製機械製造業のM&A・事業承継に…
  7. 業種別M&A 【2024年最新版】花こう岩・同類似岩石採石業のM&A…
  8. 業種別M&A 【2024年最新版】映画・演劇用品賃貸業のM&A・事業…
PAGE TOP