【2024年最新版】水産練製品製造業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

目次

水産練製品製造業のM&A

水産練製品製造業の市場環境

水産練製品製造業は、さまざまな種類の加工食品を製造しています。この業界は、世界中で急速に成長しており、需要は高まっています。しかし、市場環境は常に変化しており、業界にはいくつかの課題があります。

まず、原材料の価格が急激に変化することがあります。魚介類や海産物の価格は、季節や天候条件によって大きく変動するため、製造業者は常に原材料価格の変動に敏感でなければなりません。また、漁獲量の減少や海洋汚染などの問題があるため、原材料の安定的な供給を確保することが難しいこともあります。

次に、競合が激化していることが挙げられます。水産練製品製造業は、大手食品メーカーや外国企業など、多くの競合企業が存在しています。これらの企業は、製品の品質や価格、ブランド力などで競い合っています。そのため、製造業者は常に自社の製品を改良し、差別化することが求められます。

また、消費者の嗜好や健康意識の変化も業界に影響を与えています。近年は、低カロリー・低塩分・低脂肪などの健康志向の製品が人気を集めています。また、素材や製法にこだわった高級品も需要があります。そのため、製造業者は、消費者の嗜好に合った製品を提供することが求められます。

以上のように、水産練製品製造業は、原材料価格の変動、競合の激化、消費者の嗜好の変化など、さまざまな課題に直面しています。しかし、需要の高まりや健康志向の製品の需要増など、成長の機会も多くあります。業界にとっては、これらの課題に対処しながら、より高品質で差別化された製品を提供することが求められています。

水産練製品製造業のM&Aの背景と動向

近年、水産練製品製造業界においては、M&A(合併・買収)が活発化しています。その背景には、以下のような要因が挙げられます。

1. 業界の成長性

世界的にも需要が高まっている海産物に対して、加工品の需要も高まっています。特に、高齢化が進む日本においては、健康志向の高まりに伴い、栄養価の高い水産練製品への需要が増加しています。このため、業界全体として成長が見込まれており、M&Aによる業界再編が進んでいます。

2. コスト削減

水産練製品製造業界は、原料の仕入れや加工工程において多額のコストがかかるため、競争力を維持するためには、コスト削減が必要です。M&Aによって、生産ラインの統合や人件費の削減など、コスト削減が可能となります。

3. 技術力の強化

水産練製品製造業界は、製品の品質や味わいに関する技術力が重要な要素となっています。M&Aによって、技術力の強化や研究開発力の向上が可能となります。

以上のような背景のもと、水産練製品製造業界においては、M&Aが増加しています。また、大手企業による中小企業の買収など、業界再編が進んでいます。今後も、業界の成長に伴い、M&Aが続くことが予想されます。

水産練製品製造業のM&Aの成功事例5選

1. 海産物加工会社の買収
ある水産練製品メーカーは、海産物加工会社を買収することで、自社の製品ラインナップを拡大し、市場シェアを拡大しました。この買収により、新たな製品ラインナップを提供することができ、顧客基盤を拡大することに成功しました。

2. 業界トップ企業との合併
ある水産練製品メーカーは、業界トップ企業との合併により、市場シェアを拡大しました。この合併により、生産効率の向上や製品品質の向上を実現し、業界内での競争力を高めることができました。

3. 海外企業の買収
ある水産練製品メーカーは、海外企業を買収することで、海外市場に進出しました。この買収により、海外市場における販売網を確立し、新たなビジネスチャンスを生み出すことに成功しました。

4. 技術力の強化
ある水産練製品メーカーは、技術力の強化を目的として、技術力が高い企業を買収しました。この買収により、製品の品質向上や新製品の開発に取り組むことができ、競争力を高めることに成功しました。

5. 新規事業の立ち上げ
ある水産練製品メーカーは、新規事業として水産加工品の製造・販売を開始するために、水産加工会社を買収しました。この買収により、新たな事業を立ち上げることができ、事業拡大に成功しました。

水産練製品製造業のM&Aの失敗事例5選

1. 業界未経験の企業とのM&A

ある水産練製品製造会社が、業界未経験の企業とM&Aを行いました。しかし、業界知識が不足していたため、製品の特性や市場動向について理解が不十分でした。その結果、製品の品質や販売戦略に問題が生じ、M&A後の業績が低迷する結果となりました。

2. 財務面の問題

ある水産練製品製造会社が、財務面の問題を抱えた企業とM&Aを行いました。しかし、M&A後に問題が表面化し、負債が膨らんだため、経営が悪化してしまいました。また、M&Aによって得られたシナジー効果も十分に発揮できず、結局はM&Aを撤回することになりました。

3. 経営陣の不和

ある水産練製品製造会社が、経営陣の不和があった企業とM&Aを行いました。しかし、M&A後に経営陣の意見が対立し、方針がまとまらなくなりました。その結果、業績が低迷し、経営の安定性が損なわれることになりました。

4. 買収対象の評価不足

ある水産練製品製造会社が、買収対象の評価が不十分だった企業とM&Aを行いました。しかし、M&A後に買収対象の業績が低迷し、買収価格が高すぎたことが明らかになりました。その結果、M&Aによるシナジー効果は得られず、経営が悪化することになりました。

5. 文化の違い

ある水産練製品製造会社が、文化の違いがあった企業とM&Aを行いました。しかし、M&A後に文化の違いが問題となり、組織の統合がうまくいかなかったため、業績が低迷することになりました。また、M&Aによって得られたシナジー効果も十分に発揮できず、結局はM&Aを撤回することになりました。

水産練製品製造業の企業が会社を譲渡するメリット3選

1. 資金調達の容易化
水産練製品製造業は、原料費や設備投資などの資金が必要な産業です。会社を譲渡することで、新しい経営陣や投資家からの資金調達が可能になります。これにより、事業の拡大や新しい製品の開発などに必要な資金を調達することができます。

2. 経営リスクの分散化
水産練製品製造業は、季節や天候に左右されることが多く、経営リスクが高い産業です。会社を譲渡することで、経営リスクを新しい経営陣や投資家と共有することができます。これにより、事業の持続性を確保し、経営リスクを軽減することができます。

3. 事業の効率化
会社を譲渡することで、新しい経営陣や投資家からのアイデアや経験を取り入れることができます。これにより、事業の効率化や生産性の向上を図ることができます。また、新しい経営陣や投資家が持つネットワークや資源を活用することで、新しい市場への進出や新しい顧客層の開拓などが可能になります。

水産練製品製造業の資本提携を考えるべき理由

1. 外部からの競合が激化している

水産練製品製造業は、近年、国内外からの競合が激化しています。製品品質や価格など、多岐にわたる競争要因に対応するため、他社との資本提携が有効な手段となることがあります。

2. 技術やノウハウの共有が必要な場合がある

水産練製品製造業では、製造プロセスや製品の開発において高度な技術やノウハウが必要な場合があります。このような場合、他社との資本提携により、技術・ノウハウの共有を促進し、競争力を高めることができます。

3. 資金調達のニーズがある

水産練製品製造業では、新製品の開発や設備投資など、資金調達のニーズがあることがあります。他社との資本提携により、資金調達の負担を軽減することができます。

4. 市場拡大のための戦略的な提携が求められる

水産練製品製造業では、国内外の市場での拡大が求められることがあります。他社との戦略的な提携により、海外市場でのビジネス展開や、新規事業の開発など、市場拡大を図ることができます。

水産練製品製造業の事業を成長させるために必要な要素

1. 品質管理の徹底:製品の品質を管理し続けるために、生産ライン全体の品質管理を徹底する必要があります。品質検査を実施し、不良品を早期に発見し、生産プロセスを改善することで、顧客からの信頼を得ることができます。

2. 技術開発の推進:常に新しい技術を取り入れ、製品の改良や新製品の開発に努めることが重要です。競合他社と差別化するために、独自の技術を持つことが必要です。

3. 海外展開の促進:海外市場に進出し、多様な顧客ニーズに応えることで、事業の成長が期待できます。海外市場に進出するためには、現地の法規制や文化に関する知識が必要なため、海外進出のノウハウを身につけることが必要です。

4. マーケティングの強化:自社製品の魅力を訴求するために、マーケティングの力を強化することが必要です。ユーザーのニーズや嗜好を熟知し、効能や特徴を強調したプロモーション活動を展開することで、競合他社と差別化することができます。

5. 従業員の育成と福利厚生の充実:企業が成長するためには、従業員の力が欠かせません。高い技術力と生産力を持ち、創造性と柔軟性に富んだ従業員を確保するために、教育・研修プログラムの充実や福利厚生の充実が必要です。

水産練製品製造業の事業と相性がよい事業

水産練製品製造業と相性がよい事業としては、海産物の加工・加工品販売や水産資源の生産、水産養殖・漁業関連事業などが挙げられます。また、水産練製品の原料である魚介類や貝類などの仕入れ業や流通業も相性が良いと言えます。これらの事業は、水産練製品製造業とのシナジー効果が高く、お互いにお互いのビジネスをサポートし、成長することが期待できます。

水産練製品製造業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある水産練製品製造企業は、自社の生産拡大と業務改善のため、第三者割当増資による資本提携を進めた。増資先は、関連性の高い業界の企業であり、技術やノウハウの共有や製品開発を目的としている。増資額は約5億円で、割当先は2社である。提携により、生産効率の向上や販売力の強化が見込まれている。また、増資による資金調達により、新たな商品開発や施設の更新が可能となり、双方にとってプラスとなる提携となった。

水産練製品製造業の株式交換による資本提携の事例

A社は、水産練製品の製造に特化した企業である。一方、B社は、同様に水産練製品の製造に注力しているが、その製品ラインナップや顧客層が異なる。

両社は、相互に補完しあえる点を認め、株式交換による資本提携を行うことを決定した。具体的には、A社がB社の株式を取得し、B社がA社の株式を取得することで、相互に出資比率を持つこととなった。

この提携により、両社は生産工程や販売網の合理化を促進し、コスト競争力を強化することが期待されている。また、それぞれの製品開発や技術力の強化にもつながると見られている。

水産練製品製造業の赤字事業者のM&A

水産練製品製造業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 他社との技術競争に勝てずに苦戦していたが、強力な販売網を持つ大手企業に買収され、その後は業績が回復した。
2. 製品の品質にこだわり、一部の顧客には高い評価を得ていた。そのため、同業他社に比べてブランドイメージが良かったため、買収に興味を持つ企業が現れて会社が売れた。
3. 経営者が新たなマーケティング戦略を発案し、買収に興味を持つ企業にその戦略が高く評価され、買収を受けた。その後、新しい経営陣のもとで業績が向上した。

水産練製品製造業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争力の低下:業界の競争が激しくなり、他社の製品が価格や品質面で優位に立つ場合、自社製品の販売が落ち込み、赤字に陥る可能性が高くなります。このような状況が予測される場合、早めに企業売却を検討することが重要です。

2. 新技術・新製品の不足:製品の開発において、新しい技術やアイデアが必要となる場合があります。しかし、これらの開発には莫大なコストがかかり、失敗するリスクも高いです。売却によって、新たな所有者が事業を引き継ぎ、それまでの状況とは違う視点からビジネスを展開することができます。

3. 界隈の環境の悪化:地域によっては水産業界に関連する問題が起こることがあります。たとえば、海の汚染や自然災害などです。このような状況が起こった場合、製造業の企業は直面する危険性があり、必要な対策を講じることができなかった場合も赤字に陥ります。そうなった場合は、会社を売却することで、損失を減らすことができます。

水産練製品製造業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 市場ニーズの変化に適応し、新しい商品やサービスを開発する能力が高い。
2. 製品品質や生産効率などの改善を進めているため、将来的に利益が上昇する可能性がある。
3. 業界全体が苦境にある中で、業績が悪くても業界平均に比べて優位性があると評価されている。

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは、買い手企業が売り手企業の財務状況や法的な問題、その他のリスク要因などを詳細に調査することです。具体的には、会計師や弁護士などの専門家を交えて、売り手企業の財務諸表や資産・負債の状況、契約書や許認可関係などの文書を入念にチェックし、問題がないかどうかを確認します。また、実際に売り手企業の生産設備や工場などを現地で見て、物理的な状態や生産能力なども評価します。これらの調査結果をもとに、買い手企業はM&Aの条件や価格を検討し、取引を進めていきます。

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 生産設備の評価:水産練製品製造業において、生産設備は非常に重要な資産です。DDによって、買収先企業の生産設備の現状やメンテナンス履歴、予算、生産能力などを評価することが必要です。

2. 製品品質のチェック:水産練製品製造業の製品は、新鮮さや味などの品質が重要です。DDによって、買収先企業の製品品質について調査し、製品の安全性や規制順守などをチェックすることが必要です。

3. 顧客・販売チャネルの確認:水産練製品製造業において、顧客基盤や販売チャネルは重要な要素となります。DDによって、買収先企業の顧客層や販売ネットワーク、取引条件などを調査し、市場の規模やニーズを分析することが必要です。

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 生産設備やプロセスの確認:製造工程や設備の老朽化や性能の問題を把握し、近い将来の生産性向上や製品品質の改善に必要な投資額を評価する。

2. 原料調達の確認:原料の安定供給や品質管理について、現在の調達ルートとリスクを考える。また、競合他社と区別化するための独自の原料調達ルート、技術開発については詳しく調べる。

3. 製品ラインアップの評価:販売実績や市場ニーズに合わせた製品ラインアップや商品構成を評価し、今後の市場動向とのマッチングを検証する。また、現在発売中の製品の顧客満足度やブランドイメージなども評価する。

4. R&Dと特許の確認:製品開発の実績、技術力、特許ポートフォリオを評価し、将来的な製品開発の可能性を検討する。また、現在開発中の製品については、開発状況や市場需要の評価が必要。

5. 法務デューデリジェンス:法的義務の遵守や契約書の内容、訴訟リスク、知的財産権などの法務面を評価する。また、現在進行中の重要な法的問題や実務上発生可能なリスク、問題点についても確認する。

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

水産練製品製造業における M&A において、以下のような DD の種類があると考えられます。

1. 財務 DD
財務 DD は、買収対象企業の財務状況を詳細に調査することで、買い手企業が正確な評価を行うことを可能にします。主に、財務諸表や財務指標、税務申告書などを分析し、企業の収益性やキャッシュフロー、負債の状況などを評価します。

2. 商業 DD
商業 DD は、買収対象企業の商品やサービス、市場環境などを評価することで、買い手企業が事業上のリスクや機会を把握することを可能にします。主に、製品やサービスの特性、販売チャネル、顧客層、競合分析などを行います。

3. 法務 DD
法務 DD は、買収対象企業が法的に問題なく、適法であるかどうかを確認することで、リスクを軽減することを目的とします。主に、契約書や法務関連文書、会社法や労働法などの法令遵守状況などを調査します。

4. 技術 DD
技術 DD は、買収対象企業が持つ技術力や特許、知的財産権について評価することで、買い手企業が企業価値を確保することを目的とします。主に、特許登録状況や特許出願予定、技術関連書類、開発の進捗状況などを評価します。

以上、水産練製品製造業における M&A において考えられる DD の種類と特徴です。ただし、実在する社名は出さず一般的な例として記載しました。

水産練製品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

水産練製品製造業のM&Aにおいて、DD(デューデリジェンス)業者を選ぶ際には、以下のようなポイントに注目することが重要です。

1.経験と実績のある業者を選ぶ
水産練製品製造業は、原材料の調達や製造工程が複雑であり、高度な技術と知識が求められます。そのため、業界に詳しいDD業者を選ぶことが重要です。

2.信頼できる業者を選ぶ
M&Aは、企業の生命線であり、大きなリスクを伴う取引です。企業の情報を含め、機密情報を扱うことが多く、信頼できる業者を選ぶことが必須です。

3.費用面で合理的な業者を選ぶ
DD業務は、精密な取り組みが要求されるため、多額の費用がかかることがあります。しかし、費用面で合理的な価格設定をしている業者を選ぶことも大切です。

4.地方創生に貢献できる業者を選ぶ
水産練製品製造業は、地方に根付いた中小企業が多く、地方創生の観点からも重要な産業です。そのため、地方に貢献できるDD業者を選ぶことも一つの視点として考慮することができます。

水産練製品製造業のM&AにおけるPMI

水産練製品製造業のM&AにおけるPMIとは

水産練製品製造業のM&AにおけるPMIとは、買収した企業との統合プロセスを円滑に進めるための計画や管理のことである。具体的には、組織の合理化、生産性の向上、市場シェアの拡大、資金の効率的な運用などを実施することが求められる。

水産練製品製造業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 人材統合の適切な管理
水産練製品製造業のM&Aにおいて、人材統合は重要な課題の一つです。異なる企業文化や業務システムを持つ人材を統合する場合、適切な管理が必要です。組織文化を統一し、従業員の意見を尊重し、必要な教育やトレーニングを提供して、新しい体制に順応するようにサポートすることが必要です。

2. 生産プロセスの改善
M&A後の生産プロセスの改善は、コスト削減や生産性向上につながります。双方の企業が採用している生産プロセスを比較し、最適な手法を導入し、効率的な生産ラインを構築することが必要です。また、従業員の熟練度向上や新技術の導入など、長期的な視野に基づく改善策も必要です。

3. 経営戦略の統合
M&A後は、経営戦略の統合も重要な課題です。両社のビジョンや目標を共有し、経営方針を一元化することが必要です。市場調査や顧客ニーズ分析などに基づき、新たな事業展開の方向性を検討し、競争力を高めるための施策を立案することが求められます。

水産練製品製造業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. チームの統合:M&Aにより合併したチーム同士が異なる文化を持っている場合、統合が必要となる。しかし、急いで統合を進めたり、一方的な方法で行うとチームの士気が低下する場合がある。したがって、適切な段階を踏んで、コミュニケーションを十分に行う必要がある。

2. 組織の再編:M&Aにより企業の規模が拡大する場合、組織も変更する必要がある。しかし、適切なポジションに人員を配置することができなかったり、役割が重複してしまったりする可能性もある。したがって、再編を行う前に、どのような目的で行うのかを明確にする必要がある。

3. プロセスの統合:M&Aにより、製造プロセスが異なる場合、統合が必要となる。しかし、慣れ親しんだプロセスから急に変わることは生産効率を低下させる可能性がある。したがって、段階を踏んで、適切な手順を踏む必要がある。

4. 技術の整合性:M&Aによって、新たな技術が導入される場合がある。新しい技術を導入する際には、既存の技術との整合性を図る必要がある。また、技術にも人員が必要なため、導入前に十分な教育を施すことが大切である。

5. 顧客・市場の共有:M&Aにより合併した企業同士が、異なる顧客層を持つ場合、市場占有率を拡大するために、共有が求められる。しかし、共有に失敗すると、既存の顧客に新たな企業が不評を買い、不信感を抱くことがある。したがって、適切なコミュニケーションと戦略を持って、顧客・市場の共有を行う必要がある。

水産練製品製造業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

水産練製品製造業におけるM&Aには、以下のようなPMIの種類が存在します。

1. 購入した企業の統合
– 特徴:経営統合を行い、業務を合理化することでシナジー効果を狙う。

2. 購入した企業の独立経営維持
– 特徴:購入した企業の継続的な成長や新たなビジネスモデルの開発など、独立した経営体として存続することを目的とする。

3. 資本提携
– 特徴:資本関係を構築し、お互いの強みを生かした戦略的な連携を行い、市場ニーズに応えるためのアウトプットを目指す。

具体的な企業名については、記載できません。

水産練製品製造業のM&AにおけるPMI業者の選び方

水産練製品製造業のM&AにおけるPMI業者を選ぶ際は、以下のポイントに注意することが大切です。

1. 専門性の高さ
水産練製品製造業は独自のプロセスや技術が必要とされるため、専門性の高いPMI業者を選ぶことが重要です。

2. 経験の豊富さ
M&Aに関する経験が豊富なPMI業者を選ぶことで、スムーズなPMIプロセスが期待できます。

3. 企業文化の合致
相手企業や自社との企業文化の合致が重要です。PMI業者との相性によってはPMIプロセスが著しく遅延する場合があります。

4. コミュニケーション能力
M&Aは企業が様々な変化を経験するため、コミュニケーション能力が高いPMI業者を選ぶことで、スムーズなプロセスが期待できます。

以上のポイントを踏まえて、自社に最適なPMI業者を選ぶことが重要です。

水産練製品製造業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門知識の豊富さ:M&A Doは、水産練製品製造業におけるM&Aに特化した専門家が在籍しています。そのため、業界トレンドや詳細な市場分析など、専門知識を元に的確なアドバイスを提供できます。

2. 経験と実績の豊富さ:M&A Doは、水産練製品製造業のM&Aにおいて、多数の成功事例を残しています。経験と実績のあるM&Aアドバイザーが関与することで、スムーズかつ効率的なM&Aプロセスを実現できます。

3. カスタマイズされたサービスの提供:M&A Doは、企業のニーズに合わせてカスタマイズされたサービスを提供します。水産練製品製造業の赤字会社の売却に必要なM&Aプロセスの検討や実行、デューデリジェンスや交渉支援など、必要な業務をフルサポートします。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2024年最新版】ばれいしょ・かんしょ作農業のM&A…
  2. 業種別M&A 【2024年最新版】普通れんが製造業のM&A・事業承継…
  3. 業種別M&A 【2024年最新版】損害査定業のM&A・事業承継におけ…
  4. 業種別M&A 【2024年最新版】生活雑貨製品製造業のM&A・事業承…
  5. 業種別M&A 【2024年最新版】鉄鋼シャースリット業のM&A・事業…
  6. 業種別M&A 【2024年最新版】訪問介護事業のM&A・事業承継にお…
  7. 業種別M&A 【2024年最新版】管理,補助的経済活動を行う事業所のM…
  8. 業種別M&A 【2024年最新版】砂糖精製業のM&A・事業承継におけ…
PAGE TOP