【2024年最新版】園芸サービス業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

目次

園芸サービス業のM&A

園芸サービス業の市場環境

近年、園芸サービス業界は拡大傾向にあります。この業界は、個人や法人の庭や公園、商業施設などの緑化やメンテナンスを行う業種です。

市場環境としては、都市化が進む中で緑化が求められる傾向があり、需要が拡大しています。また、高齢化社会により、自分で庭の手入れができない人が増えることも需要の拡大につながっています。

一方で、園芸サービス業界は競合が激しく、価格競争が起こりやすい業界でもあります。また、季節性が強く、需要が大きく変動することも課題の一つです。

そのため、園芸サービス業界では、技術力やサービスの質の向上、顧客満足度の向上などを目指した差別化が求められています。また、環境に配慮したサービスや、省エネルギーなどの取り組みも重要なポイントとなっています。

さらに、最近では、デジタル技術の導入によって、見積もりや契約、支払いなどのプロセスがスムーズになることで、顧客満足度を向上させる企業も増えています。

総じて、園芸サービス業界は需要が拡大している一方で、競合が激しく、価格競争が起こりやすい業界でもあります。差別化や環境に配慮したサービス、デジタル技術の導入などが求められ、これらに対応する企業が今後も成長していくことが期待されます。

園芸サービス業のM&Aの背景と動向

近年、園芸サービス業界においてM&A(合併・買収)が盛んに行われています。その背景には、以下のような要因が考えられます。

1.市場の拡大

近年、都市部における屋内園芸やベランダ園芸の需要が増加しており、園芸サービス業界全体の市場が拡大しています。このため、競合他社を買収することで市場シェアを拡大する戦略が取られています。

2.技術力の向上

園芸サービス業界では、植物の育成や病気の予防など、専門知識が必要な技術が求められます。買収することで、技術力の向上や人材の獲得が可能となり、サービスの質の向上が期待できます。

3.事業の多角化

園芸サービス業界は、造園や庭園設計など、関連する事業が多岐にわたります。買収することで、事業の多角化を図り、顧客ニーズに応えることができます。

これらの要因から、園芸サービス業界においては、M&Aが積極的に行われています。また、海外企業との提携や、新規事業の立ち上げなど、さまざまな戦略が模索されています。今後も、園芸サービス業界においては、さらなる動きが期待されます。

園芸サービス業のM&Aの成功事例5選

1. 園芸サービス業として知られる2社の合併により、業界トップクラスの企業が誕生しました。この合併により、両社の強みを組み合わせることで、サービスの幅を拡大し、新しい市場に進出することが可能となりました。

2. 園芸サービス業の大手企業が、小規模な競合企業を買収しました。この買収により、大手企業は新しい技術やサービスを取り入れることができ、競合企業は安定した経営基盤を得ることができました。

3. 園芸サービス業の企業が、関連業界の企業を買収しました。この買収により、企業は新しい市場に進出することができ、サービスの幅を拡大することができました。

4. 園芸サービス業の企業が、海外の企業を買収しました。この買収により、企業は新しい市場に進出することができ、グローバルな展開が可能となりました。

5. 園芸サービス業の企業が、関連業界の企業と提携しました。この提携により、企業は新しい技術やサービスを取り入れることができ、相互に協力し合うことで、市場の拡大が可能となりました。

園芸サービス業のM&Aの失敗事例5選

1. 事業の相性の不一致
ある園芸サービス業者が、ある地域で事業を展開していた他社を買収しました。しかし、両社の事業の相性が悪く、買収後に問題が発生しました。買収した会社の従業員も、新しい経営陣との相性が悪く、多くの人が退職しました。

2. 財務面の問題
ある園芸サービス業者が、ある地域で事業を展開していた他社を買収しました。しかし、買収した会社の財務状況が悪く、買収後に多額の債務が発生しました。買収した会社の従業員も、新しい経営陣との相性が悪く、多くの人が退職しました。

3. 人材の流出
ある園芸サービス業者が、ある地域で事業を展開していた他社を買収しました。しかし、買収した会社の従業員が、新しい経営陣との相性が悪く、多くの人が退職しました。その結果、買収後に人材の流出が発生し、事業の継続が困難になりました。

4. 経営陣の意見の不一致
ある園芸サービス業者が、ある地域で事業を展開していた他社を買収しました。しかし、買収後に経営陣の意見が一致せず、事業の運営が困難になりました。その結果、買収した会社の従業員も、新しい経営陣との相性が悪く、多くの人が退職しました。

5. 買収価格の過大評価
ある園芸サービス業者が、ある地域で事業を展開していた他社を買収しました。しかし、買収価格が過大評価されており、買収後に多額の債務が発生しました。その結果、買収した会社の従業員も、新しい経営陣との相性が悪く、多くの人が退職しました。

園芸サービス業の企業が会社を譲渡するメリット3選

園芸サービス業の企業が会社を譲渡するメリットは以下の3つです。

1. 資金調達が容易になる
園芸サービス業は、植物や花の育成や管理に専門知識が必要であり、それに必要な設備や器具、人材などの投資が必要です。会社を譲渡することで、譲渡価格によって大きな資金調達が可能になります。また、譲渡先の企業がより大きな資本力を持っている場合は、より大きな投資が可能になり、より多くの事業を展開することができます。

2. 事業の拡大が可能になる
会社を譲渡することで、譲渡先の企業が持つネットワークやリソースを活用することができます。これにより、新たな市場や顧客層にアプローチすることができ、事業の拡大が可能になります。また、譲渡先の企業が持つ技術やノウハウを取り入れることで、より高度なサービスを提供することができます。

3. 経営リスクの軽減ができる
園芸サービス業は、季節や気象条件によって需要が変動することがあります。また、植物や花の育成には専門的な技術や知識が必要であり、人材確保が難しいという課題もあります。会社を譲渡することで、譲渡先の企業が持つ経営リソースを活用することで、これらの課題を軽減することができます。また、譲渡先の企業が持つ経営ノウハウを取り入れることで、より効率的な経営が可能になります。

以上のように、園芸サービス業の企業が会社を譲渡することで、資金調達や事業拡大、経営リスクの軽減などのメリットがあります。ただし、譲渡先の企業の選定や譲渡価格の決定など、慎重な検討が必要です。

園芸サービス業の資本提携を考えるべき理由

1. 拡大する需要に対応する必要性
現在、都市の高密度化や老化社会の進展に伴い、屋内での植物環境を活用する需要が着実に拡大しています。一方で、人手不足や技術力の確保が困難な現状に直面しています。これらに対して、資本提携による経営資源の共有や技術力の融合は、需要に迅速かつ効率的に対応することが期待されます。

2. 新規事業の創出に向けたビジネスモデルの探究
園芸サービス業界には、今後ますます多様化する顧客ニーズに対応するニューサービスの創出が求められます。関連企業が相互にビジネスモデルを探究しながら、協同で新しいサービスを提供することで、市場のニーズに即したアイデアを創出することが可能です。

3. 経営の効率化・競争力強化
園芸サービス業は、競争が激化しており、経営効率化やコスト削減が求められます。相互の資本提携によって、資金や人材の共有・活用、生産設備や物流ネットワークの統合・最適化、マーケティング力の強化など、経営効率化・競争力強化につながる共同プロジェクトが推進できます。

4. 技術力の向上・革新
園芸サービス業は、常に新たな技術を取り入れることで、サービスの向上と競争優位性の獲得が求められます。相互の技術力をシェアすることで、品質の高い製品やサービスの開発・提供が可能になり、市場での競争力の強化につながります。

園芸サービス業の事業を成長させるために必要な要素

1. 質の高いサービスを提供すること
顧客満足度を高めるために、プロの園芸家を雇用し、適切な教育やトレーニングを行うことが重要です。また、定期的な品質管理の実施や、顧客からのフィードバックを受け取り、改善し続けることも必要です。

2. 技術や装備の最新化
競争力を維持するために、最新の技術や設備を投資し、常に業界のトレンドに沿っていくことが必要です。また、効率的な作業を行うことで、生産性を向上させることも重要です。

3. 業界内でのネットワークの構築
業界内でのつながりを構築することで、新しいビジネスチャンスや共同プロジェクトの機会を得ることができます。業界協会への参加や、展示会やフェアへの出展などが有効な方法です。

4. マーケティングの戦略の策定
競合他社との差別化を図るために、独自のマーケティング戦略を策定することが必要です。例えば、オンラインマーケティングやSNSを活用したプロモーションなどが有効です。

5. 顧客とのコミュニケーションの充実
顧客との良好な関係を築くために、コミュニケーションを重視することが必要です。顧客との対話を促すために、定期的なニュースレターやメールマガジンなどを活用し、顧客からのフィードバックを積極的に取り入れていくことが必要です。

園芸サービス業の事業と相性がよい事業

1. 花材卸売業:園芸サービス業で花の育成やデザインに携わる際に必要となる花材を卸売りする事業は相性が良いと言えます。また、花屋やフラワーショップなどの顧客にも需要があるため、販路も広がります。

2. 土壌改良剤販売業:園芸サービス業では土壌の改良や肥料の使用が欠かせません。そのため、このような土壌改良剤を販売する事業は非常に相性が良いと言えます。また、環境に優しい商品であることから、市場拡大が見込まれます。

3. 草刈機販売業:草刈りや剪定などの作業に欠かせない草刈機を販売する事業も、園芸サービス業と相性が良いと言えます。特に、大規模な公園や庭園などを担当する業者にとっては、草刈り機は必需品となります。

4. 鉢花販売業:鉢花はインテリアとしても人気があり、園芸サービス業では鉢花を使ったデザインに利用されます。そのため、鉢花販売事業は相性が良いと言えます。また、ネット販売や定期購入制度などを導入することで、販路を拡大することも可能です。

5. ガーデニング教室開催事業:園芸サービス業は、自然環境に触れることが多く、ガーデニングに興味がある人も多いです。このような人たちに向けて、ガーデニング教室を開催する事業も相性が良いと言えます。特に、初心者向けの教室や、季節に応じたテーマの教室など、多様なプログラムを用意することで、需要の拡大が期待できます。

園芸サービス業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある園芸サービス企業が、資本提携により業務拡大を目指している事例がある。この企業は、園芸や造園、庭園管理などのサービスを提供しており、既に多くの顧客から支持を受けているが、さらなる成長を目指すためには資金調達が必要だった。

そのため、同社は第三者割当増資を行い、他社からの出資を受け入れることになった。増資額は数千万円規模であり、出資企業は園芸サービス業に携わる企業である。これにより、両社は資本提携を結び、業務拡大に向けて協力することになった。

具体的には、出資企業が持つ技術やノウハウを活用して、サービス品質の向上や新商品の開発を進めることが計画されている。また、両社の顧客ネットワークを活用して、相乗効果を生むことも目指している。

このように、第三者割当増資を通じて資本提携を結ぶことで、相互の強みを生かして業務拡大を進める企業が増えている。園芸サービス業に限らず、さまざまな業界でこのような事例が見られる。

園芸サービス業の株式交換による資本提携の事例

ある園芸サービス業者は、事業の拡大を目指して、同業他社との資本提携を模索していました。

その中で、ある大手園芸サービス業者との株式交換による資本提携が実現しました。

具体的には、当該企業が発行する新株を取得することで、株主となりました。

その一方で、同業他社が当該企業から発行される新株を取得して同様の株主となることで、お互いに規模拡大やノウハウ共有などが期待できると判断し、交換に応じました。

この資本提携により、両社は平等に意見や意思を共有できる良好なパートナーシップが築かれ、業務の拡大や品質向上などに取り組むことができるようになりました。

園芸サービス業の赤字事業者のM&A

園芸サービス業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 長年にわたるノウハウや技術力の蓄積が商品価値になる:園芸サービス業は、品質や効率性の高い方法や技術を習得することが重要です。赤字であっても、長期的な観点から見れば、企業が蓄積したノウハウや技術力は、将来的に高い商品価値や事業拡大につながる可能性があります。

2. 地域社会への貢献がブランド価値につながる: 園芸サービス業に従事する企業は、地域社会に密接に関わっています。地域社会に貢献する取り組みや、自治体との協業など、社会的な意義がある事業は、企業のブランド価値を高め、新規顧客獲得やリピート率向上につながるでしょう。

3. 法人顧客に対する優良なカスタマーサービスが重視される:園芸サービス業に従事する企業は、法人顧客の場合には、長期間信頼を築くことが求められます。企業は、優れたカスタマーサービスを提供し、高品質な製品やサービスを提供することで、顧客満足度を高め、長期的なビジネスチャンスを獲得することができるでしょう。

園芸サービス業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 同業他社との競争が激化している場合、市場シェアを維持するためには大量の投資が必要になることがあります。しかし、その投資を行っても利益が上がらない場合、企業の経営状態は悪化する一方です。このような状況では、競合他社に企業を売却することで、資産価値を最大限に引き出し、経営的なリスクを軽減できることがあります。

2. 園芸サービス業の市場が縮小している場合、収益性に影響を与える可能性があります。このような状況で企業を売却することで、経営的なリスクを回避できることがあります。また、売却先の企業が新たなビジネスモデルを持っている場合、これまでのビジネスモデルに縛られずに新たな事業を展開することができる可能性があります。

3. 園芸サービス業は季節性があり、季節によっては需要が急激に増減する場合があります。需要の急増に対応するためには、人件費や機材の投資が必要になりますが、需要が減少すれば余剰能力が発生してしまいます。このようなリスクに対処するために、企業を売却することで、リスク軽減策を講じることができます。

園芸サービス業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 企業の技術力や知名度が高く、将来的な成長が期待できる場合。
2. 園芸業界全体が成長傾向にある場合。
3. 企業の経営陣が問題を改善する取り組みをしている場合。

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは、企業買収の際に行われる相手企業の全面的な調査作業のことです。具体的には、財務、税務、法務、人事などの分野において、会社の経営状況やリスク、潜在的な問題点を明らかにし、買収におけるリスクを最小限に抑えるための情報収集を行います。また、社内組織や業務プロセスの詳細なキャッチアップや、業界動向なども把握し、買収価値の判断を支援します。

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 会社の財務状況の評価:M&Aにおいて、被買収企業の財務状況を評価することは非常に重要です。特に、園芸サービス業では、大量の植物やコンポスト、園芸資材などの在庫を抱えたり、季節性のある需要に応じた生産計画が必要となることがあるため、正確な財務状況の把握が求められます。

2. 顧客基盤の確認:M&Aにおける顧客基盤の確認は、事業の持続的な成長にとって重要です。園芸サービス業においては、個人宅や公共施設、商業施設など、幅広い顧客層を抱えることが多く、顧客による収益構成比率が高い場合があります。そのため、複数の顧客から収益を得られるかどうかを確認することが必要です。

3. 労働環境の評価:M&Aにおいては、労働環境の評価も重要なポイントとなります。園芸サービス業では、季節労働や作業中の怪我など、労働に特有のリスクが存在します。また、従業員の技能レベルや人件費の水準など、労働力の評価も必要です。M&Aによって労働者に不利益がある場合には、事業の継続に影響が及ぶ可能性があるため、事前に評価することが大切です。

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 資産の正確な評価:園芸サービス業のM&Aにおいては、土地、施設、植物、設備などの資産を正確に評価することが重要です。特に、植物に関しては、品種、生育状態、管理状況などを十分に把握する必要があります。

2. 経営状況の把握:M&Aを検討する企業の経営状況を十分に把握することが必要です。業績や利益、財務状況などを分析し、将来的なリスクや課題を洗い出すことが肝要です。

3. 法律上の課題の洗い出し:園芸サービス業には、土地利用や植物の保護などに関する法律や条例が多数存在します。M&Aにおいては、これらの法律上の課題を十分に洗い出し、問題点を解決するための具体策を打つことが重要です。

4. スタッフの人員構成の確認:園芸サービス業には、園芸技術者や外国人労働者など、特定の人員構成がある場合があります。M&Aにおいては、従業員の背景やスキルなどを正確に評価することが必要であると言えます。

5. 顧客層の深堀:M&Aにおいては、園芸サービス業の顧客層を深堀し、評価することが必要です。例えば、大手企業や個人顧客など、さまざまな顧客層が存在する場合があります。これらの顧客層を正確に分析し、将来的なビジネスチャンスを拡大するための戦略を立てることが重要です。

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

園芸サービス業におけるM&Aにおいては、以下のようなDDが行われることが一般的です。

1.財務DD
財務DDでは、企業の財務状況や経営効率、経営戦略などが分析されます。主に、売上高、利益、現金流、資産、負債、繰延税金資産などが詳しく調査されます。

2.法務DD
法務DDでは、企業の契約書や法的リスク、知的財産権、場合によっては詐欺や犯罪などが調査されます。特に、会社の知的財産権の評価が必要です。

3.商業DD
商業DDでは、競合環境、市場動向、商品戦略、販売網の有効性、販売能力などが分析されます。主に、市場シェア、販売戦略、販売網、営業戦略などが詳しく調査されます。

4.技術DD
技術DDでは、企業が保有する技術や特許、開発能力、人材などが分析されます。主に、特許数、開発費用、開発能力、人材力などが詳しく調査されます。

5.人的資源DD
人的資源DDでは、企業の人事制度や組織、従業員の意識や能力などが分析されます。主に、従業員数、教育制度、経験年数、労働環境などが詳しく調査されます。

それぞれのDDには、企業の特徴に応じた詳細な調査が必要です。マーケットリサーチ会社やアドバイザーなどの専門家の力を借りることが一般的です。

園芸サービス業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

園芸サービス業のM&AにおいてDD業者を選ぶ際には、以下の点に注目することが重要です。

1. 専門性と経験の有無

DD業者は、園芸サービス業界に精通していることが望ましいです。また、M&Aに関する経験も豊富であることが重要です。

2. リサーチ能力

園芸サービス業界の市場動向や競合情報などを迅速かつ正確に把握できるリサーチ能力が求められます。

3. 成果報酬制度の有無

成果報酬制度を導入しているDD業者であれば、力を入れて取り組んでくれる可能性が高くなります。

4. 信頼性

DD業者は、機密情報を扱うため、信頼性が高いことが求められます。業界での評判や実績などを調べ、信頼性を確認することが大切です。

以上のポイントを踏まえ、園芸サービス業のM&Aにおいては、園芸サービス業界に精通していて、リサーチ能力に優れ、成果報酬制度を導入しており、信頼性が高いDD業者を選ぶことが重要です。

園芸サービス業のM&AにおけるPMI

園芸サービス業のM&AにおけるPMIとは

園芸サービス業のM&AにおけるPMIとは、統合後の経営や業務をスムーズに運営するための取り組みであり、人事・給与制度の整合性、顧客管理システムの統一、業務プロセスの最適化などが含まれる。これにより、統合後のシナジー効果の最大化や業務効率の向上、従業員のモチベーション維持などが目指される。

園芸サービス業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 従業員の合理的な配置・再配置
M&Aによって業務が統合された際、重複する職務や不足する職務が発生することがあります。PMIでは、従業員のスキルやキャリアプランを考慮し、適正な配置・再配置を行うことで、業務の効率化や生産性の向上を図ります。

2. 顧客・取引先関係の管理
M&Aによって顧客や取引先が重複する場合、重要な取引先が喪失するリスクがあります。PMIでは、顧客や取引先との関係性を再評価し、管理することで、リスクを最小限に抑えた上で、双方にとってメリットのある関係を構築します。

3. システム・プロセスの統合
M&Aによって、それぞれ異なるシステムやプロセスを統合する必要があります。PMIでは、基幹システムや業務プロセスを見直し、統合することで、効率的な業務運営を実現します。また、技術革新やデジタルトランスフォーメーションに取り組むことで、より高度なサービスを提供することができます。

園芸サービス業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 顧客や取引先とのコミュニケーションを最優先に考えること
2. 社員のモチベーションを維持することが重要であること
3. 業務フローの再設計が必要になることがあること
4. ITシステムの統合には時間と費用がかかること
5. 規制や法的な問題が発生する可能性があること

園芸サービス業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

園芸サービス業のM&AにおけるPMIの種類として、以下の3つが挙げられます。

1. 統合型PMI
統合型PMIは、2社が合併した場合に行われるPMIです。統合型PMIでは、両社の組織・業務・文化などを統合するための戦略や計画を策定し、順次実行していくことが重要な特徴となります。

2. 買収型PMI
買収型PMIは、1社が他社を買収した場合に行われるPMIです。買収型PMIでは、買収先の文化、組織、業務、製品やサービスなどを買収した企業自身が担当し、効率的な統合を図ることが重要な特徴となります。

3. 部門統合型PMI
部門統合型PMIは、同じ業界で事業展開をしている企業同士が、ある特定の部門や事業を統合する場合に行われるPMIです。この場合、統合対象の部門や事業に関する情報やデータを集約し、効率的な統合を実現することが重要な特徴となります。

園芸サービス業のM&AにおけるPMI業者の選び方

園芸サービス業のM&AにおけるPMI業者選びの際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

1.業界専門知識の有無:園芸サービス業特有の課題や業界のトレンドに精通しているPMI業者を選ぶことが重要です。

2.実績や経験の豊富さ:過去に同様の案件を成功に導いた実績や、園芸サービス業に特化した経験を持つ業者を選ぶことが望ましいでしょう。

3.提供するサービスの幅広さ:PMI業務には、経営戦略の立案から実施まで幅広く対応することが求められます。つまり、事業統合やシステム統合、オペレーション改革などの領域に精通している業者を選ぶことが大切です。

4.コミュニケーション能力:PMI業務には、売り手と買い手、両社の社員など、多様なステークホルダーが関与します。そのため、円滑なコミュニケーション能力を持った業者を選ぶことが重要です。

5.価格:最後に、PMI業務の価格も重要なポイントです。提供されるサービス内容や品質に見合った適正価格を提示している業者を選びましょう。

園芸サービス業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門知識を持ったM&Aコンサルタントがサポート
M&A Doは、園芸サービス業の企業売却に特化しており、豊富な知識と経験を持ったコンサルタントが、セキュリティに配慮しながら最適な買い手を見つけるサポートをします。

2. 非公開情報を守るM&Aプラットフォームを採用
企業売却には、非公開情報が多数存在するため、情報漏えいのリスクがあります。M&A Doでは、非公開情報が厳重に保護されたM&Aプラットフォームを採用しており、情報漏えいの心配をすることなく、スムーズかつ効率的な売却を行うことができます。

3. 買い手候補の幅広い選択肢を提供
M&A Doは、豊富なネットワークと幅広い買い手候補を持っており、最適な買い手を見つけることができます。また、M&A Doが保有するシステムを利用することで、買い手とのマッチングを自動的に行うことができ、より迅速な売却手続きが可能になります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2024年最新版】アルミニウム・同合金プレス製品製造業のM&#…
  2. 業種別M&A 【2024年最新版】小売業のM&A・事業承継における背…
  3. 業種別M&A 【2024年最新版】造園工事業のM&A・事業承継におけ…
  4. 業種別M&A 【2024年最新版】母子健康相談施設のM&A・事業承継…
  5. 業種別M&A 【2024年最新版】石灰製造業のM&A・事業承継におけ…
  6. 業種別M&A 【2024年最新版】交通信号保安装置製造業のM&A・事…
  7. 業種別M&A 【2024年最新版】障害者福祉事業のM&A・事業承継に…
  8. 業種別M&A 【2024年最新版】ドラッグストアのM&A・事業承継に…
PAGE TOP