【2023年最新版】動物用医薬品製造業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

目次

動物用医薬品製造業のM&A

動物用医薬品製造業の市場環境

動物用医薬品製造業は、ペットや家畜の健康を維持するために必要な医薬品を製造する産業です。この市場環境は、いくつかの要因によって影響を受けています。

まず、動物用医薬品製造業は、需要に影響を受けます。ペットや家畜の所有者が増えると、需要も増加します。また、ペットや家畜の健康意識が高まると、需要も増加する傾向にあります。

次に、法律や規制によって市場環境が影響を受けます。動物用医薬品は、安全性が非常に重要であり、製造や販売には厳しい法律や規制があります。これらの法律や規制に適合するためには、高い技術力と費用が必要となります。

また、競合環境も市場環境に影響を与えます。多くの企業が動物用医薬品の製造に参入しており、競争が激化しています。競合他社との差別化や、新しい製品の開発が必要となります。

最後に、市場のグローバル化も市場環境に影響を与えます。世界中のペットや家畜の所有者が、より高品質な医薬品を求めるようになっています。そのため、海外市場への進出や、海外からの競合に対応するために、グローバルな視点が求められます。

以上のように、動物用医薬品製造業は、需要、法律や規制、競合環境、グローバル化などの要因によって市場環境が影響を受けています。これらの要因に対応するためには、高い技術力と費用が必要となります。

動物用医薬品製造業のM&Aの背景と動向

近年、動物用医薬品製造業においてM&A(合併・買収)が増加傾向にあります。その背景には、以下のような要因が挙げられます。

1. 市場拡大のための戦略

動物用医薬品市場は、ペット用医薬品や畜産用医薬品など多岐にわたります。市場が拡大する中、企業は自社製品のラインナップを充実させることで市場シェアを拡大する戦略をとっています。M&Aによって、製品ラインナップの強化や新規市場への進出が可能になります。

2. 研究開発力の強化

動物用医薬品の市場では、新しい製品の開発が求められています。M&Aによって、研究開発力を強化することができます。また、他社の技術やノウハウを取り込むことで、新しい製品の開発につながる可能性があります。

3. コスト削減

M&Aによって、生産効率を上げたり、研究開発費用を削減したりすることができます。また、企業規模が拡大することで、購買力が上がり原材料の調達コストを削減することができます。

このような背景から、動物用医薬品製造業においてM&Aが増加傾向にあります。ただし、M&Aにはリスクも伴います。例えば、企業文化の違いによる人材流出や、買収企業の経営状況によるリスクなどがあります。M&Aを行う際には、リスクを十分に把握した上で、慎重に進める必要があります。

動物用医薬品製造業のM&Aの成功事例5選

1. 動物用医薬品メーカーの統合
2. 動物用医薬品メーカーと研究機関の買収
3. 動物用医薬品メーカーと食品会社の合併
4. 動物用医薬品メーカーと販売会社の買収
5. 動物用医薬品メーカーとバイオテクノロジー企業の統合

動物用医薬品製造業のM&Aの失敗事例5選

1. 品質管理の不備によるM&Aの失敗
ある動物用医薬品製造業が、品質管理の不備によりM&Aを行った結果、製品の品質に問題が発生し、顧客からのクレームが相次いだ。その結果、製品の回収や補償に多額の費用がかかり、M&Aの失敗となった。

2. 経営統合の失敗によるM&Aの失敗
ある動物用医薬品製造業が、経営統合を目的にM&Aを行ったが、統合に伴う人事や業務の調整がうまくいかず、経営陣や従業員の意識の違いから経営が混乱し、結果的にM&Aの失敗となった。

3. 財務面の問題によるM&Aの失敗
ある動物用医薬品製造業が、財務面の問題によりM&Aを行ったが、負債の多さや資金繰りの悪化などが原因で、結局M&Aの失敗となった。

4. 技術力の不足によるM&Aの失敗
ある動物用医薬品製造業が、技術力の強化を目的にM&Aを行ったが、買収した企業の技術力が不足していたため、目的を達成できず、M&Aの失敗となった。

5. 市場環境の変化によるM&Aの失敗
ある動物用医薬品製造業が、市場環境の変化に対応するためにM&Aを行ったが、買収後に市場環境が急激に変化し、買収した企業の事業が不振に陥ったため、M&Aの失敗となった。

動物用医薬品製造業の企業が会社を譲渡するメリット3選

動物用医薬品製造業の企業が会社を譲渡するメリットには以下の3つがあります。

1. 経営リスクの軽減

動物用医薬品製造業は、新薬の開発や承認取得に多額の投資が必要であり、競合が激しく、市場環境が変化しやすいというリスクがあります。会社を譲渡することで、経営リスクを軽減することができます。譲渡先の企業が、より強固な財務基盤や市場シェアを持っている場合、業績の安定化が期待できます。

2. 資金調達の容易化

会社を譲渡することで、一時的に大きな資金を調達することができます。譲渡先の企業が、資金力がある場合、新薬の開発や販売網の拡大などに必要な資金を調達することができます。また、譲渡価格が高額になる場合、株主に対する利益配当や、社員への報酬などに充てることもできます。

3. 事業の拡大や新規事業の開拓

譲渡先の企業が、動物用医薬品製造業において強みを持っている場合、譲渡により事業の拡大や新規事業の開拓が可能になります。譲渡先の企業が、動物用医薬品製造業とは異なる分野に強みを持っている場合、シナジー効果が期待できることもあります。また、譲渡先の企業が海外に進出している場合、海外市場においての事業拡大も可能になります。

以上のように、動物用医薬品製造業の企業が会社を譲渡することには、経営リスクの軽減や資金調達の容易化、事業の拡大や新規事業の開拓などのメリットがあります。ただし、譲渡先の企業との相性や、譲渡価格など、慎重な検討が必要です。

動物用医薬品製造業の資本提携を考えるべき理由

1. 技術共有と開発の効率化:資本提携により、それぞれの企業が持つ技術やノウハウを共有し、新しい製品の開発を効率化することができます。

2. 製品ラインナップの拡充:資本提携により、それぞれの企業が持つ製品ラインナップを統合できるため、より幅広い製品を提供できるようになります。

3. 競争力の強化:市場競争が激化している中、資本提携により企業の規模が大きくなり、生産効率が向上するため、競争力が強化されます。

4. リスク分散:単独での事業展開ではリスクが高い場合に、資本提携によりリスクを分散することができます。

5. グローバル展開の加速:資本提携により、世界各地に展開している企業同士が協力することで、グローバル展開の加速が期待されます。

動物用医薬品製造業の事業を成長させるために必要な要素

1.市場調査と競合環境の分析:需要と競合環境をよく理解し、市場の動向と機会を追跡するための正確な市場調査を行う。

2. 新製品の開発能力:研究、開発、製造及び人材の能力を持っていることが必要である。市場ニーズに応じた高品質で革新的な製品を提供する能力を持っていることが望ましい。

3. 製品品質・安全性の管理:品質管理や安全性に関する手順に従い、製品に対するコントロールを厳格に実施することが重要である。検査及び品質管理手順を常に改善することが必要である。

4. 販売チャネル戦略:製品の配布とセールスプロセスを改善すること、品質管理手順、そしてどの製品がどの市場で見込みがあるかを理解するため、販売チャネル戦略の開発が重要である。

5. 資金調達能力:製品開発、マーケティングおよび販売活動に必要な資金を調達する能力、そして可能な場合は信用リスクを最小限に抑えるように資本調達にアプローチすることが必要である。

6. 関係者との緊密なコミュニケーション:顧客、社員、製造業者、専門家、サプライヤーなど、関係者との緊密なコミュニケーションを保つことが、事業を成功させるために重要である。

動物用医薬品製造業の事業と相性がよい事業

動物用医薬品製造業と相性がよい事業として、以下のようなものが考えられます。

1. 動物の栄養補助食品
動物用医薬品と同じように、動物の健康管理に関する商品としてニーズがあるため、相性がよいと言えます。例えば、犬用や猫用の栄養補助食品があります。

2. 獣医師向け教材の出版
動物用医薬品を扱う獣医師に向けた書籍やオンライン教材があります。これらの教材を出版する企業は、獣医師向けに有益な情報を提供することで、業界での信頼性を高めることができます。

3. 動物用診断機器の製造
動物の病気を診断するために使用される機器を製造する企業は、動物用医薬品製造業に協力しています。犬や猫などの動物の病気を早期に発見・治療するために欠かせない存在です。

動物用医薬品製造業の第三者割当増資による資本提携の事例

当該動物用医薬品製造業は、今後の事業拡大のために、大手医薬品メーカーとの資本提携を模索していた。そして、その一環として、第三者割当増資による資本提携を行うこととなった。

この増資において、資本参加するのは、動物用医薬品製造業と同様に動物用医薬品の開発・販売を手掛ける大手医薬品メーカーである。資本参加額は、動物用医薬品製造業の発行済株式総数の10%に相当する数億円となっている。

この資本提携により、両社は技術や販売網の統合により、製品の品質向上や競争力の強化を目指すとともに、事業拡大に注力することとなった。具体的には、新たな製品の開発や海外展開などに取り組んでいく予定である。

動物用医薬品製造業の株式交換による資本提携の事例

動物用医薬品製造業における株式交換による資本提携の事例として、ある日本企業が海外企業の株式を取得し、両社が共同出資する形で新たな合弁会社を設立した例が挙げられます。

この企業は、日本国内での動物用医薬品の製造・販売に特化しており、品質に強いこだわりを持っていました。その一方、海外企業は、医薬品の原料や製剤技術に強みを持っており、一部製品の共同開発や新規製品の開発を目指していました。

このような背景から、両社はお互いに補完しあえると判断し、株式交換による資本提携を結び、新たな合弁会社を設立しました。この合弁会社では、日本企業が製造と販売を、海外企業が原料調達や技術提供を行う体制が取られました。

この資本提携によって、海外企業の技術力を活かし、製品の品質を向上させ、新たな製品開発にも取り組むことができたことから、両社は相互に利益を得ることができました。また、海外市場への進出も可能になり、国内外での事業拡大にもつながりました。

動物用医薬品製造業の赤字事業者のM&A

動物用医薬品製造業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 他社との合併による業界シェアの拡大
2. 研究開発による新薬や新しい治療法の開発
3. 海外市場での展開による収益拡大

動物用医薬品製造業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 市場の縮小や過剰競争によって、将来的な利益が見込めなくなる可能性があるため。たとえば、ペット用医薬品の需要が減少している場合や、既存の企業による新製品の出現によって価格競争が激化した場合などが挙げられる。

2. 製品の承認や規制の問題によって、生産ラインを継続できなくなる可能性があるため。たとえば、FDAや国際的な規制当局による承認が得られず、製品を市場に出せなくなる場合や、法的な問題によって生産ラインを閉鎖せざるを得なくなる場合などがある。

3. グローバル化やM&Aによって、企業の価値が低下する可能性があるため。たとえば、市場変化や規制の問題に対応できなかった場合に、競合他社に買収されることになる可能性がある。また、グローバル市場に参入するために資金を調達する必要がある場合、早期に売却した方が効率的な場合もある。

動物用医薬品製造業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1.将来的な新製品開発の期待によって企業評価がつく可能性がある。

2.財務再編や経営改革によって収益性の向上が見込まれることで企業評価がつく可能性がある。

3.市場のニーズに合致した販売戦略を展開し、市場シェアを拡大することで企業評価がつく可能性がある。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは、買収対象企業の財務情報、製造設備や技術力、市場規模や需要動向、法的・規制上の問題、社員や取引先、顧客などの人的関係、知的財産権の保有状況や将来性など、さまざまな面にわたる情報をリサーチし、事前に評価を行うプロセスのことを指します。これにより、買収により得られるシナジー効果やリスクを事前に把握することができます。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 製品の品質管理:動物用医薬品製造業では、製品の品質が極めて重要です。M&Aの際には、製品の品質管理についてのDDが欠かせません。例えば、製品の生産工程や品質検査の方法、販売先や使用される動物の種類によっては、製品の品質に影響を与える可能性があるため、十分に検討する必要があります。

2. 関連法規の遵守:動物用医薬品製造業は、厳格な関連法規に基づく規制があります。M&Aの際には、関連法規に適合しているかどうかをチェックすることが必要です。例えば、承認済みの原材料や製造方法を使用しているか、ラボや製造工場が法規に適合しているか、許可や認可を得ているかなどが含まれます。

3. 企業文化のマッチング:M&Aは、企業同士の文化の違いが問題となる場合があります。動物用医薬品製造業では、製品のプロモーションや販売において、動物愛護や環境保護などの重要な価値観を持つことが多いため、企業文化のマッチングが極めて重要です。DDの過程で、企業文化や経営方針について詳細に検討し、相互に適合することを確認する必要があります。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 特許やライセンス契約の確認:M&Aにおいては、重要な特許やライセンス契約が含まれていることがあります。そのため、買収側は、すべての特許やライセンス契約を確認する必要があります。この確認によって、特許侵害やライセンス契約違反によるリスクを回避することができます。

2. 安全性と規制遵守の確認:動物用医薬品製造業は、厳格な法的規制があります。買収側は、買収する会社が遵守すべき規制について十分な知識を持ち、運営中にどのような問題があったかを確認する必要があります。

3. ログベースの確認:動物用医薬品製造業で重要なのは、製造プロセスの徹底的な記録です。M&Aにおいては、ロットベースの確認が必要となります。買収側は、製造された全ての製品が製造プロセスの完全な記録とともに保管されていることを確認する必要があります。

4. カスタマーベースの確認:買収側は、買収する動物用医薬品製造業がどのような顧客層を持っているかを調査する必要があります。これにより、製品の需要と供給のバランスを評価することができます。

5. スタッフと組織の評価:動物用医薬品製造業には、製品の品質管理や研究開発に専門技術を持ったスタッフが必要です。買収側は、買収する会社がどのようなスタッフやスキルを有しているかを把握する必要があります。それによって、買収側は、買収後に必要なスタッフの追加採用やトレーニングが必要かどうかを評価することができます。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDDには、以下の種類があります。

1. 法務DD:企業が行う合法性や合意事項の確認を含め、契約書類や法的問題を詳しく調査します。

2. 財務DD:企業の財務状況を確認し、売上高、純利益、資産、負債、キャッシュフローなどの財務諸表を分析します。

3. 技術DD:動物用医薬品の特徴や品質、製造プロセス、特許が調査されます。

4. 営業DD:企業の現在の市場シェアや製品ラインアップ、市場先進性、マーケティング戦略などが調査されます。

5. 人事DD:企業の人事政策、社員の数やスキルセット、労働法規制、労働分野のリスクなどが調査されます。

実在する社名は記載しないよう依頼されていますので、社名はお伝えできません。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

動物用医薬品製造業のM&AにおけるDD業者を選ぶ際には、以下の点に注目することが重要です。

1.専門性の高い業者を選ぶ

動物用医薬品製造業の特性を理解している業者を選ぶことが重要です。専門性が高い業者であれば、問題点やリスクを見逃すことなく、適切なアドバイスをしてくれることが期待できます。

2.実績を確認する

DD業者の実績を確認し、信頼性を評価することも重要です。特に、動物用医薬品製造業のM&Aに豊富な実績がある業者を選ぶことで、トラブルのリスクを最小限に抑えることができます。

3.コミュニケーション能力がある業者を選ぶ

DD業務は、実務的な調査だけでなく、情報共有や交渉が求められます。コミュニケーション能力が高い業者であれば、円滑な進行を図り、問題解決につながることが期待できます。

以上の点に注目し、専門性が高く実績が豊富でコミュニケーション能力のあるDD業者を選ぶことが重要です。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMI

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIとは

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIとは、Post Merger Integration(合併後統合)のことであり、M&Aによって統合された企業や事業を効率的に運営するために必要な戦略や手法を指します。具体的には、両社の組織文化の調整、業務プロセスの統合、システムの整合性の確保などが含まれます。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. カルチャーショックの解消
動物用医薬品製造業は、多くの場合、地域性や文化性が強く反映されています。それゆえ、M&Aによる企業合併では、異なる文化や風土の違いから生じるカルチャーショックが発生することがあります。このため、PMIにおいては、社員教育や意見交換の場を設けるなど、カルチャーショックの解消に取り組むことが重要です。

2. 業務プロセスの統合
M&Aによる統合は、業務プロセスの統合につながります。異なる企業の業務プロセスをシームレスに統合することは、難しいことです。PMIにおいては、業務プロセスの把握、改善点の洗い出し、改善施策の策定や運用など、業務プロセスの統合に取り組むことが重要です。

3. 人材マネジメントの重要性
M&Aによる統合には、人材マネジメントが欠かせません。異なる企業の社員をマージする際には、キャリアパスや給与制度、評価制度など、人材マネジメントの整備が必要です。PMIにおいては、人材マネジメントを重要視し、社員の意見を反映した施策を策定・実行することが重要です。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 人員配置の見直しを慎重に行うことが重要である。生産力や技術力を維持しつつ、無用な人件費の増加を防ぐために、必要な人員を残し、必要でない人員を適切にリストラクチャリングする必要がある。

2. 設備・設備の統合を適切に行う必要がある。重複する設備の除去や、生産設備の統合による生産効率の向上を図り、生産力の強化を目指す。

3. 財務状況や会計方針の統合を行うことが必要である。財務報告の基準を統一することにより、運転資金の管理の効率化を図る。

4. 販売戦略の見直しを行い、顧客ニーズに合致するサービスを提供することが早急である。顧客優先主義を徹底したサービス提供を行い、市場シェアを拡大することが必要である。

5. ブランド戦略の検討を行い、強化することが重要である。ブランド価値を高め、ブランドイメージを向上させることで、企業価値の向上を図る。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIの一般的な種類と特徴は以下の通りです。

1. 人員再編成
人員の整理や再編成が行われることがあります。重複業務の削減や、新たな業務に対応するための職種の設置・変更などが含まれます。

2. 製品統合
製品ラインの整理や再編成が行われることがあります。製品のラインアップや数量を見直し、有効なターゲット市場の特定が求められます。

3. 供給チェーンの再構築
両社の供給チェーンを統合することで、調達や生産プロセスの効率性を向上させることができます。プロセスの標準化やITシステムの統合、供給先の再評価などが含まれます。

4. 顧客関係の最適化
M&Aによって、両社の顧客基盤が変化することがあります。そのため、顧客のニーズに応じて企業の戦略を調整する必要があります。販売チャネルの再評価やマーケティングの改善などが含まれます。

以上が一般的な動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMIの種類と主な特徴です。ただし、実際のM&Aにおいては、企業の戦略や規模、市場環境などによってPMIの内容や重点が異なる場合があります。

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMI業者の選び方

動物用医薬品製造業のM&AにおけるPMI業者を選ぶ際には、以下のようなポイントに注目することが重要です。

1. 専門性の高い業者を選ぶ:動物用医薬品の製造や販売に特化した業者を選ぶことで、業界の動向や規制に詳しい専門家を手に入れることができます。

2. 計画的なアプローチ:PMI業者がM&Aの計画立案から実行までをしっかりとサポートしてくれることが重要です。特に、各プロセスのステップや時間制約、責任分担の明確な説明とともに進捗状況を共有することが必要です。

3. 検討を重視した実績:動物用医薬品製造業のM&Aが特別なケースであることを理解し、過去の実績に基づいて検討し、実際の業務遂行で細かな問題が発生しても、迅速かつ的確に対応できるPMI業者を選択することが重要です。

4. コミュニケーションのレベル:M&Aの成功には、両社の文化、価値観、および目標が合致することが必需条件です。そのため、両社の合併後も適切なコミュニケーションレベルを維持し、問題を速やかに解決することができるPMI業者を選ぶことが重要です。

動物用医薬品製造業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門知識が豊富: M&A DoはM&Aの専門家であり、特に動物用医薬品製造業に関する知識と経験を持っています。そのため、企業の評価や買収交渉などの重要な段階において、専門的なアドバイスを提供することができます。

2. 強力なネットワーク: M&A Doは、金融機関、投資家、企業などの幅広いネットワークを持っています。企業の売却先を探すために、M&A Doが持つネットワークをフル活用することができます。

3. 高い機密保持能力: M&A Doは、業界内で高い評価を受けている機密保持能力を持っています。企業の情報は厳重に保護され、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2023年最新版】教育,学習支援業のM&A・事業承継…
  2. 業種別M&A 【2023年最新版】看護業のM&A・事業承継における背…
  3. 業種別M&A 【2023年最新版】畳製造業のM&A・事業承継における…
  4. 業種別M&A 【2023年最新版】衛星放送業のM&A・事業承継におけ…
  5. 業種別M&A 【2023年最新版】なめし革製造業のM&A・事業承継に…
  6. 業種別M&A 【2023年最新版】食肉卸売業のM&A・事業承継におけ…
  7. 業種別M&A 【2023年最新版】投資運用業のM&A・事業承継におけ…
  8. 業種別M&A 【2023年最新版】印刷インキ製造業のM&A・事業承継…
PAGE TOP