【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

目次

主として管理事務を行う本社等のM&A

主として管理事務を行う本社等の市場環境

近年、企業の本社はますます重要な役割を果たしています。本社は、企業の経営戦略を策定し、全社的な統括を行う場所です。そのため、本社の市場環境は、企業の成長にとって極めて重要な要素となっています。

本社は、一般的に都市部に位置しています。都市部は、多くの人々が集まる場所であり、ビジネスチャンスが多く存在するため、企業の本社にとっては非常に魅力的な場所となっています。また、都市部には多くの企業が集まっており、競合他社との情報交換やビジネスネットワークの構築が容易になるという利点もあります。

本社の周辺環境には、様々なビジネスサービスが存在しています。例えば、法律事務所や会計事務所、広告代理店などのビジネスサービス業者が多く存在しており、企業がビジネスを展開する上で必要なサポートを提供しています。また、本社周辺には多くのホテルやレストランがあり、出張や商談などに利用することができます。

一方で、本社がある都市部には、交通渋滞や高額な不動産価格などの課題も存在しています。交通渋滞は、従業員の通勤時間を増やし、生産性の低下を招く可能性があります。また、高額な不動産価格は、企業の経費を増やすことになり、利益率の低下につながる可能性があります。

以上のように、本社の市場環境は、企業の成長にとって重要な要素であると同時に、課題も存在しています。企業は、これらの課題を克服するために、様々な施策を実施する必要があります。

主として管理事務を行う本社等のM&Aの背景と動向

近年、企業の本社はますます重要な役割を果たしています。本社は、企業の経営戦略を策定し、全社的な統括を行う場所です。そのため、本社の市場環境は、企業の成長にとって極めて重要な要素となっています。

本社は、一般的に都市部に位置しています。都市部は、多くの人々が集まる場所であり、ビジネスチャンスが多く存在するため、企業の本社にとっては非常に魅力的な場所となっています。また、都市部には多くの企業が集まっており、競合他社との情報交換やビジネスネットワークの構築が容易になるという利点もあります。

本社の周辺環境には、様々なビジネスサービスが存在しています。例えば、法律事務所や会計事務所、広告代理店などのビジネスサービス業者が多く存在しており、企業がビジネスを展開する上で必要なサポートを提供しています。また、本社周辺には多くのホテルやレストランがあり、出張や商談などに利用することができます。

一方で、本社がある都市部には、交通渋滞や高額な不動産価格などの課題も存在しています。交通渋滞は、従業員の通勤時間を増やし、生産性の低下を招く可能性があります。また、高額な不動産価格は、企業の経費を増やすことになり、利益率の低下につながる可能性があります。

以上のように、本社の市場環境は、企業の成長にとって重要な要素であると同時に、課題も存在しています。企業は、これらの課題を克服するために、様々な施策を実施する必要があります。

主として管理事務を行う本社等のM&Aの成功事例5選

1. IT企業のM&A
本社のIT企業が、同業他社をM&Aすることで業界トップシェアを獲得しました。M&A後は、統合によるシナジー効果を最大限に活かし、新製品の開発や海外進出を積極的に行い、業績を拡大しています。

2. 化学メーカーのM&A
本社の化学メーカーが、海外の同業他社をM&Aすることで、グローバルな事業展開を実現しました。M&A後は、現地の製造拠点を活用し、コスト削減や新規市場の開拓を進め、売上高を大幅に増加させています。

3. 不動産会社のM&A
本社の不動産会社が、地方の同業他社をM&Aすることで、地域密着型のビジネスを展開しました。M&A後は、地域のニーズに合わせた物件の開発やリノベーションを進め、地域の発展に貢献しています。

4. 金融機関のM&A
本社の金融機関が、同業他社をM&Aすることで、顧客層の拡大やサービスの充実を実現しました。M&A後は、顧客ニーズに合わせた商品の開発やデジタル化を進め、顧客満足度の向上につながっています。

5. 医療機器メーカーのM&A
本社の医療機器メーカーが、同業他社をM&Aすることで、製品ラインナップの充実やグローバルな事業展開を実現しました。M&A後は、新製品の開発や販売網の拡大を進め、業績を拡大しています。

主として管理事務を行う本社等のM&Aの失敗事例5選

M&Aには多くのリスクが伴います。ここでは、主に管理事務を行う本社等が関与したM&Aの失敗事例を5つ紹介します。

1つ目は、M&A後の統合がうまくいかず、経営陣の対立が生じたケースです。本社が買収した会社の経営陣との意見の相違が解消できず、経営が混乱しました。結果的に、買収した会社は解体され、多額の損失が発生しました。

2つ目は、買収前に不十分なデューデリジェンスが行われたケースです。買収した会社の実態が把握できず、買収価格が高すぎたため、買収後に多額の損失が発生しました。

3つ目は、買収した会社の経営陣が退社し、人材流出が起きたケースです。買収前に経営陣の留任を確認しなかったため、経営陣が退社してしまい、買収した会社の価値が下がりました。

4つ目は、買収した会社の事業が本社の事業と競合してしまったケースです。買収前に事業の相性を考慮せず、買収した会社の事業が本社の事業と競合してしまい、両社の業績が悪化しました。

5つ目は、買収後に本社の経営陣が買収した会社に過剰な介入をしたケースです。買収前に事業計画を共有しなかったため、本社の経営陣が買収した会社に過剰な介入をし、買収した会社の経営が崩壊しました。

以上が、管理事務を行う本社等が関与したM&Aの失敗事例です。M&Aを行う際には、事前に十分なデューデリジェンスを行い、事業計画や経営陣の留任などをしっかりと確認することが重要です。

主として管理事務を行う本社等の企業が会社を譲渡するメリット3選

企業が会社を譲渡する際には、様々なメリットがあります。ここでは、主に管理事務を行う本社等の企業が会社を譲渡するメリットについて、3つ挙げてみます。

1. 事業の特化化が可能になる

企業が事業を譲渡することで、自社の事業に特化することができます。譲渡先の企業が持つ事業に関するリソースやノウハウを活用することで、自社の事業をより効率的に運営することができます。また、譲渡先の企業が持つ事業に関するリスクを回避することもできます。

2. 資金調達が容易になる

企業が事業を譲渡することで、資金調達が容易になります。譲渡先の企業が持つ資産やノウハウを活用することで、新たな事業を展開することができます。また、譲渡に伴って得られる資金を、自社の事業に投資することもできます。

3. 人材の活用が可能になる

企業が事業を譲渡することで、譲渡先の企業が持つ人材を活用することができます。譲渡先の企業が持つ人材のスキルやノウハウを活用することで、自社の事業をより効率的に運営することができます。また、譲渡先の企業が持つ人材を自社の事業に転用することもできます。

以上、主に管理事務を行う本社等の企業が会社を譲渡するメリットとして、事業の特化化、資金調達、人材の活用が挙げられます。企業が譲渡を検討する際には、これらのメリットを踏まえて判断することが重要です。

主として管理事務を行う本社等の資本提携を考えるべき理由

1. 領域の拡大 – 資本提携を通じて、新たな事業領域に参入できる可能性があります。これにより、既存の事業に加えて、新たな市場や顧客層を開拓することができます。

2. 資源の共有 – 資本提携により、技術や人材などのさまざまなリソースを共有することができます。これは、新たなビジネスチャンスを生み出すのに役立ち、効率の高いビジネス運営にもつながります。

3. 経済的なメリット – 資本提携は、投資や資本調達に関する費用を共有することができるため、経済的なメリットがあります。また、グローバル市場で競争力を高めることができるため、収益性の向上も期待できます。

4. リスク分散 – 資本提携によって、リスクを分散することができます。例えば、複数企業が合弁事業を行う場合、それぞれの企業がリスクを引き受けることで、全体的なリスクを削減できます。

5. 事業の強化 – 資本提携は、事業を強化するための一つの手段としても役立ちます。例えば、多角化戦略を推進する企業は、資本提携によって新たな事業領域に進出し、既存の事業を補完することができます。

主として管理事務を行う本社等の事業を成長させるために必要な要素

以下は、主に管理事務を行う本社などの事業を成長させるために必要な要素です。

1.戦略的ビジョンと計画の策定
成長を実現するためには、明確なビジョンと計画が不可欠です。本社は、長期的なビジョンを策定し、それに基づいた具体的な戦略を立てる必要があります。また、戦略実行に必要な様々なリソースを適切に配分することも重要です。

2.人材の確保と育成
本社にとって、優秀な人材の確保と育成は重要な課題です。適格な人材を採用し、適切な研修やキャリアアップ支援を行うことが必要です。また、人材の多様性を重視し、グローバル人材の育成も推進する必要があります。

3.プロセスの最適化と改善
事業成長には、効率的なプロセスの確立が欠かせません。本社は、組織やプロセスの最適化、改善を推進することが必要です。特に、情報システムやデジタルテクノロジーを活用した業務改善も重要です。

4.コアビジネスの拡大と新規事業の創出
本社は、コアビジネスの拡大と新規事業の創出を目指す必要があります。既存の事業を効率的に運営するとともに、新しいビジネスモデルの構築や、市場のニーズに応えた新規事業の創出を目指すことが必要です。

5.ブランド価値の強化
ビジネス成長には、ブランド価値の強化が不可欠です。本社は、ブランド戦略の策定と実行に力を入れ、ブランドイメージの向上や顧客満足度の向上を目指すことが必要です。特に、社会的責任を果たすなど、社会から期待される役割を果たすことが求められます。

主として管理事務を行う本社等の事業と相性がよい事業

例えば、ITソリューションを提供する企業との業務提携が相性が良い場合があります。また、広告代理店やマーケティング関連の企業とも業務提携ができるかもしれません。更に、人材サービスや法律事務所なども相性が良いとされる事業の一つです。ただし、業務提携先は本社の事業内容や方針に合致するものを選定し、信頼できる企業であるかを評価する必要があります。

主として管理事務を行う本社等の第三者割当増資による資本提携の事例

ある大手メーカー企業が、経営再建に向けた資金調達のために、管理事務に特化した会社に対して第三者割当増資を行った事例がある。

この会社は、複数の企業や投資ファンドから投資を受け、経営陣や役員が運営するもので、企業の改革や業績アップ支援などを専門としている。

大手メーカー企業は、この会社に対して一定額の増資を行い、経営の改善・効率化やコスト削減、新たな事業開発などを支援してもらうことで、再生への道筋を打ち出した。

この事例では、管理事務を専門とする会社と資本提携を行うことで、経営陣が経験不足や適切な人材不足に悩まされることなく、スピード感を持って経営改革を進めることができたというメリットがある。

主として管理事務を行う本社等の株式交換による資本提携の事例

株式交換による資本提携は、多くの企業にとって戦略的な重要性があるため、実際に多くの事例が存在します。ただし、企業の秘密保持の関係から、詳細については公表されないケースがほとんどです。

一例として、A社とB社があるとします。A社は、経営課題の解決や新たなビジネス開拓などを目的に、B社に対して株式交換による資本提携を打診しました。B社は、A社の提案に対し、自社が持つ技術力やノウハウを生かした新規事業の立ち上げや海外進出などを目指して、交渉を進めることになりました。

最終的に、A社はB社への株式交換によって出資し、B社はA社の運営ノウハウを活かして事業拡大を目指すこととなりました。このような資本提携は、両社の相乗効果を生み出すことができ、経営戦略の成功に繋がることが期待されます。

主として管理事務を行う本社等の赤字事業者のM&A

主として管理事務を行う本社等の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 技術力の高さ:多くの企業は、優れた技術力を持つことが重要です。技術力が高い企業は、優れた製品やサービスを提供し、競合他社よりも優位に立つことができます。

2. ブランド価値のある企業:ブランド価値が高い企業は、消費者にとって信頼性があり、良質な商品やサービスを提供していると認知されています。このような企業は、商品やサービスの品質に関して圧倒的な信頼を獲得することで、市場において優位に立つことができます。

3. グローバルな展開を行っている企業:グローバルな展開を行っている企業は、多様な市場に商品やサービスを提供することができます。これにより、企業は市場の拡大や多角化を実現し、赤字経営から脱却することができます。

主として管理事務を行う本社等の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の低下:市場変化や競合他社の台頭など、会社の競争力が低下している場合は、将来的に赤字が続く可能性があります。このような状況では、他社に買収されることで、資源や技術などを共有することで競争力を取り戻すことができる可能性があります。

2. 投資家からの支援が取りづらくなる:赤字が続く企業は、投資家にとっては魅力的なターゲットではありません。このため、今後の運営資金調達が難しくなる可能性があります。他社に売却することで、投資家からの支援が得られる可能性が高まることがあります。

3. 長期的な事業計画の再評価が必要になる:赤字が続く場合、長期的な事業計画の再評価が必要になる場合があります。再評価には時間と資源が必要であり、それが実現される前に企業が破綻する可能性があります。他社に売却することで、再評価を他社に任せることができる可能性があります。

主として管理事務を行う本社等の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 技術力やブランド力が高く、将来的な成長性が見込まれる場合
2. 事業内容や事業構造の見直しにより、収益性を改善できる見込みがある場合
3. 資本政策の改善やM&Aなどの投資戦略により、収益性や企業価値が向上できる場合

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

M&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは、買収対象企業の経営状況や財務状況、法律的問題、人事制度などを詳細に調査することです。主として管理事務を行う本社は、買収にあたりこのDDを行い、買収対象企業の評価やリスク管理に役立てます。DDには、企業財務や経営計画の評価、社員の人事・労務状況のチェック、知的財産権の調査、法的な問題の確認などが含まれます。DDの結果は、買収価格の決定や契約書の条件の設定、買収後の統合計画の策定などに役立てられます。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. ビジネス戦略の確認: M&Aによって統合される企業と自社とのビジネス戦略の整合性を確認することが重要です。企業文化やビジョン、目的などが一致しているかどうかの確認が必要です。

2. 財務情報の評価: 買収対象企業の経営状況や財務状況、財務リスクの評価が重要です。財務面での問題やリスクを事前に特定し、買収に伴うリスクを最小限に抑えることが求められます。

3. 法的問題のチェック: 買収対象企業の法的問題をチェックすることも必要です。特に知的財産権や契約関係、不動産取引などに関する情報のチェックが必要です。関連法令の遵守や法的リスクを事前に把握することが必要です。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 事業の統合計画の確認
M&Aにおいては、統合計画が重要なポイントとなります。事前に相手企業との連携を取り、統合計画が適切に策定されているか、また、実行可能性があるかを確認することが重要です。

2. 資産・負債のチェック
相手企業の財務状況について詳しく調査することが必要です。資産・負債の明細を確認し、過去の業績や財務状況に関する情報を収集することで、相手企業の実態を把握することができます。

3. 法務チェック
M&Aにおいては、法的問題の発生がリスクとなります。相手企業の法的リスクを調査し、契約書や法的文書のチェックを行うことが必要です。

4. 顧客や取引先などのチェック
相手企業の顧客や取引先に関する情報も、M&Aにおいては重要です。業界動向や相手企業の競合環境などについて詳しく調べ、統合後のビジネスモデルについて考えることが必要です。

5. 社員や組織のチェック
M&Aで重要なポイントとなるのは、人材の確保と組織の統合です。相手企業の社員や組織についても調査することで、統合後の人事・組織戦略を検討することができます。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

M&AにおけるDDは、通常、買収する企業の財務状況、法的問題、ビジネスプロセスなどを調査することで、事前に情報収集を行うことが目的です。M&AにおけるDDには、以下のような種類があります。

1.財務DD

財務DDは、買収企業の財務状況、財務報告書、税務問題などの財務関連情報を取り扱います。買収価格の決定や統合の計画にとって、非常に重要な情報源となります。

2.法務DD

法務DDは、買収対象企業の契約、特許、知的財産、裁判所手続きなどの法的文書を分析します。買収に伴って発生する法的問題を事前に洗い出すことによって、リスクを回避することができます。

3.ビジネスDD

ビジネスDDは、買収企業の製品、サービス、顧客、市場などを分析し、競合他社との違い分析を行います。買収企業と買収する企業の製品・サービス、顧客層、営業ネットワークを比較し、統合後のビジネス戦略を構築します。

4.技術DD

技術DDは、買収企業の技術力、研究開発、特許情報などを調査することで、買収対象企業の技術力を評価します。買収が統合後、業務効率や製品の開発能力を向上するための情報として利用されます。

これらのDDは、M&Aの種類や規模や目的に応じて、組み合わせて実施します。それぞれのDDは、統合後の稼働性や管理上の課題を把握することによって、M&Aの成功に大きく貢献することができます。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

M&AにおけるDD業者の選び方について、具体的な社名を出さずに説明します。

まず、DD業者の選定にあたっては、以下のようなポイントに注意することが重要です。

・専門性と経験:M&Aに関する専門的な知識や豊富な経験を持っていることが必要です。また、業界の知識や国際的な事情にも精通していることが望ましいです。

・サービスの内容:DD業務には、財務DDや法務DDなどがあります。どのようなサービスを提供しているか、必要な業務に対応できるかどうか確認する必要があります。

・コミュニケーション能力:適切な情報収集や調査を行うためには、関係者とのコミュニケーション能力が必要です。口頭や文書において明確かつ迅速に情報のやり取りができるかどうかも確認しておくべきでしょう。

・コストやスケジュール:DD業務のコストやスケジュールも重要なポイントです。業務の範囲や期間、料金、支払いの方式などを明確にした上で比較検討することが大切です。

以上のようなポイントを踏まえた上で、信頼できるDD業者を選定することが重要です。また、選定後にも業務の進捗状況や報告の形式などを確認し、適切にプロジェクトを進めていくことが必要です。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMI

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMIとは

M&AにおけるPMIとは、買収後の運営統合に関するプロジェクトマネジメントのことです。買収後には、人員配置の見直しや業務プロセスの統合、ITシステムや組織文化の調整などが必要となります。PMIは、これらの作業を計画的に遂行し、買収価値を最大限に活かすための手続きです。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. システムの整合性の確保: PMIは、異なる会社や部門などを統合する際に、それぞれのシステムやプロセスを確認し、整合性を確保することが重要です。例えば、ERPシステムや人事給与システムなど、各部門で使われているシステムを統合し、重複や不備がないようにすることが必要です。

2. 組織文化の調和: M&Aによって組合わされる企業や部門は、それぞれ独自の組織文化を持っています。PMIでは、文化の違いを認識し、双方の文化を調和させることが必要です。例えば、統合後に共通のビジョン・ミッションを定め、社員の価値観の共有やコミュニケーションの改善などを行うことが重要です。

3. リスクマネジメント: M&Aは、企業経営において大きなリスクを伴います。PMIでは、リスクを事前に洗い出し、適切な対策を講じることが重要です。例えば、合併・買収に伴い、ビジネスプロセスの中断や顧客・従業員の離反など、さまざまなリスクがあります。これらのリスクを予測し、事前に対策を講じることが必要です。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 統合計画を策定する前に、双方の企業文化や経営哲学の違いを理解することが重要である。

2. 統合後の組織構造や人員配置を慎重に検討し、スムーズな業務継続ができるようにする。

3. ITシステムの統合に関しては、双方のシステムの相性や運用方法を考慮し、専門家のアドバイスを仰ぐことが望ましい。

4. M&Aの成果に応じた報酬制度を策定し、統合後のモチベーションの低下を防ぐ。

5. 統合後の顧客や取引先に対しては、適切な説明やフォローアップを行い、信頼関係を維持することが重要である。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMIの種類と特徴

M&AにおけるPMI(Post-Merger Integration)の種類と特徴は以下の通りです。

1. 購入企業による直接統合

この種類のPMIは、購入企業が買収対象企業を自社の一部として完全に統合することを意味します。この場合、買収後、買収対象企業は購入企業のブランド、業務、文化に従属することになります。このPMIの最大の利点は、買収対象企業の知識・経験・資源にアクセスしながら、ビジネスの改善、シナジーの発見、費用削減を実現できることです。

2. 持株会社化

持株会社化とは、購入企業が買収対象企業を完全に支配するために持株会社を設立することです。持株会社は、各企業を親会社として保有し、管理します。このPMIの利点は、買収対象企業の継続性が保証されることであり、独立性やブランドを維持することができます。ただし、管理費や経費の割増などが必要となる場合があります。

3. 経営管理子会社の設立

このPMIは、多くの場合、買収対象企業と購入企業間で業務連携を促進するために使用されます。買収対象企業は、購入企業の管理下に置かれ、経営面での支援を受け、ビジネスの改善を進めます。このPMIの利点は、買収対象企業が自立性を失うことなく、迅速な業務連携と費用対効果が大きいことが挙げられます。

これらのPMIの種類は、M&Aの目的や環境、買収対象企業の業界や地域に応じて選択することが重要です。また、適切なPMI戦略を選択するためには、専門家やコンサルタントのサポートが必要になります。

主として管理事務を行う本社等のM&AにおけるPMI業者の選び方

M&AにおけるPMI業者選びにあたっては、以下のような点に注意することが重要です。

1. 経験と実績:M&Aの経験が豊富で、成功した実績がある業者が望ましいです。また、業績改善やシナジー効果の創出など、具体的な戦略や手法を持っているかどうかも確認しましょう。

2. チームの構成:業者が保有するチームの構成や専門性を確認し、M&Aに必要な知識や経験を持った専門家がチームに含まれているかどうかを確認しましょう。

3. プロジェクトマネジメント能力:PMI業務を適切に遂行するためには、プロジェクトマネジメント能力が必要です。業者のPMI専門家の能力や手法を確認し、M&Aプロジェクトを成功に導くためのプロセスの構築能力などを評価しましょう。

4. コミュニケーション能力:M&Aプロジェクトにおいては、関係者との円滑なコミュニケーションが不可欠です。業者がコミュニケーション能力に優れた専門家を含むチームを編成しているかどうかを確認しましょう。

5. カスタマーサービス:PMI業務は長期にわたるものであり、信頼関係を築いていくことが重要です。業者が適切なカスタマーサービスを提供することができるかどうかも重要なポイントです。

以上の点を踏まえ、M&AにおけるPMI業者を選定することが求められます。

主として管理事務を行う本社等の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門的なアドバイスとサポートが得られる:M&A Do はM&A市場で豊富な経験を持ち、プロフェッショナルチームが携わるため、会社の売却プロセス全体をサポートしてくれる。

2. 長年にわたる豊富なネットワークにより、効果的に市場を開拓できる:M&A Do は長年にわたって幅広い業界との関係性を構築しており、有力な買い手や投資家にアクセスすることができるため、会社を最高の条件で売却することができる。

3. スピーディかつ効率的にサービスを提供できる:M&A Do はプロジェクトのデューデリジェンスや評定、交渉、契約などの手続きをスムーズに進め、一定の期間内に売却を完了させることができる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2024年最新版】湖沼水運業のM&A・事業承継におけ…
  2. 業種別M&A 【2024年最新版】ぶどう糖・水あめ・異性化糖製造業のM…
  3. 業種別M&A 【2024年最新版】内航船舶貸渡業のM&A・事業承継に…
  4. 業種別M&A 【2024年最新版】有線放送電話業のM&A・事業承継に…
  5. 業種別M&A 【2024年最新版】河川水運業のM&A・事業承継におけ…
  6. 業種別M&A 【2024年最新版】各種食料品小売業のM&A・事業承継…
  7. 業種別M&A 【2024年最新版】港湾旅客海運業のM&A・事業承継に…
  8. 業種別M&A 【2024年最新版】生鮮魚介卸売業のM&A・事業承継に…
PAGE TOP