【2023年最新版】タオル製造業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

目次

タオル製造業のM&A

タオル製造業の市場環境

タオル製造業は、世界中で広く行われており、多くの企業が参入している競争激しい市場環境にあります。タオルは、日常生活に欠かせない必需品であり、ホテル、レストラン、スパ、ジムなどの業界においても重要な役割を果たしています。

市場規模は、年々拡大しており、世界中でタオルの需要が高まっています。特に、アジアや中東諸国での需要が増加しており、これらの地域においては、低価格帯のタオルが求められています。一方で、高品質なタオルに対する需要も依然として高く、高級ホテルや高級レストランなどの需要に応えるため、高品質なタオルを提供する企業も存在しています。

また、環境問題に対する関心が高まる中、エコロジカルなタオルの需要も増加しています。再生繊維を使用したタオルや、繊維の生産過程で排出される二酸化炭素を削減したタオルなど、環境に配慮した製品が注目されています。

一方で、タオル製造業においては、原材料価格の上昇や、労働力不足などの課題も存在しています。また、競合他社との価格競争が激化しており、利益率の低下が懸念されています。

以上のように、タオル製造業は、多様な需要に対応するために、高品質な製品の提供や環境に配慮した製品の開発など、様々な課題に直面しています。しかし、需要の拡大が見込まれる中、市場に参入する企業は、独自の戦略を立てて、市場シェアを拡大していくことが求められています。

タオル製造業のM&Aの背景と動向

タオル製造業におけるM&Aの背景と動向

タオル製造業におけるM&A(合併・買収)は、近年急速に増加しています。その背景には、以下のような要因が挙げられます。

1. 国内市場の縮小
近年、国内市場においては、タオルの需要が減少傾向にあります。これにより、競争が激化し、価格競争が激しくなっています。そのため、企業は、生産コストの削減や需要の多様化などを図る必要があります。M&Aは、競合他社との競争力を高める手段として、有効な手段となっています。

2. 海外市場の開拓
一方、海外市場においては、タオルの需要が拡大しています。これにより、企業は、海外市場への進出を図る必要があります。M&Aは、海外市場での販売網の拡大やブランド力の向上などを図る手段として、有効な手段となっています。

3. 事業の多角化
タオル製造業は、一次産業である綿花の生産や、二次産業である繊維製造など、多くの分野にわたっています。そのため、企業は、事業の多角化を図る必要があります。M&Aは、他の産業との統合や、新規事業の開発などを図る手段として、有効な手段となっています。

以上のような背景から、タオル製造業におけるM&Aは、今後も増加することが予想されます。しかし、M&Aには、企業統合に伴うリスクや、競争法などの法的な問題もあるため、十分な検討が必要となります。

タオル製造業のM&Aの成功事例5選

1. タオルメーカーA社が、織物メーカーB社を買収
A社はタオルの製造に特化した企業でしたが、B社は織物全般を手掛けるメーカーでした。A社はB社の技術力を取り入れ、タオルの品質向上に成功しました。

2. タオルメーカーC社が、海外メーカーD社を買収
C社は国内でも有名なタオルメーカーでしたが、海外進出を目指してD社を買収しました。D社の販売網を利用することで、C社は海外市場でのシェアを拡大しました。

3. タオルメーカーE社が、糸メーカーF社を買収
E社はタオルの製造に必要な糸を自社で生産していましたが、F社の技術力を取り入れることで、より高品質な糸の生産が可能になりました。これにより、E社はタオルの品質向上と生産効率の向上を実現しました。

4. タオルメーカーG社が、洗剤メーカーH社を買収
G社はタオルの製造において、洗剤の使用量や種類によって品質が大きく変わることに着目し、H社を買収しました。H社の洗剤技術を取り入れることで、G社はより高品質なタオルの製造を実現しました。

5. タオルメーカーI社が、オンラインショップJ社を買収
I社は従来からの卸売りや小売りに加え、オンラインショップの展開を目指してJ社を買収しました。これにより、I社はより多くの消費者にアクセスすることができ、売上の拡大に成功しました。

タオル製造業のM&Aの失敗事例5選

1. 製造工場の統合に失敗したケース
ある企業が、タオル製造工場を買収した際に、製造工場の統合に失敗しました。買収した工場と既存の工場の生産ラインを統合することができず、製品の品質や納期に影響を与え、結果的に顧客からの信頼を失ってしまいました。

2. 買収先の財務状況の見落としによる失敗
ある企業が、財務状況が悪化していたタオルメーカーを買収した際に、買収先の財務状況を見落としていました。買収後、買収先の負債や不良在庫などが発覚し、企業は多額の損失を被りました。

3. 経営陣の意見の相違による失敗
ある企業が、タオルメーカーを買収した際に、経営陣の意見の相違により失敗しました。買収後、企業の経営陣と買収先の経営陣が意見を合わせることができず、統合が進まず、結果的に買収価値を回収することができないまま、買収先を手放すことになりました。

4. 人材の流出による失敗
ある企業が、タオルメーカーを買収した際に、買収先の優秀な人材が流出したことにより失敗しました。買収後、買収先の人材が企業に不満を持ち、次々と退職してしまい、生産ラインが止まってしまいました。

5. ブランド価値の低下による失敗
ある企業が、有名なタオルメーカーを買収した際に、買収先のブランド価値が低下したことにより失敗しました。買収後、企業が買収先のブランド価値を低下させてしまい、買収前のような高い評価を得ることができなくなりました。

タオル製造業の企業が会社を譲渡するメリット3選

1. 資金の確保:タオル製造業は、原料費や機械設備の更新など、多額の資金が必要となる産業です。会社を譲渡することで、新しいオーナーが資金を投入することができるため、企業の成長や発展につながります。

2. 経営の効率化:会社を譲渡することで、新しいオーナーが経営の方針を変更することができます。これにより、生産ラインの改善や業務の効率化など、経営の効率化が図られます。また、新しいオーナーが導入する技術やノウハウによって、生産性が向上することも期待できます。

3. 事業の拡大:会社を譲渡することで、新しいオーナーが持つネットワークやリソースを活用することができます。これにより、新たな市場への進出や事業の拡大が可能となります。また、新しいオーナーが持つブランド力やマーケティング戦略によって、企業のブランド価値が向上することも期待できます。

タオル製造業の資本提携を考えるべき理由

1.需要の増加:タオルの需要は、日常生活およびホテル、スパ、ジム、プールなどの施設で利用されるため、需要が高まっている。資本提携によって、顧客の需要に対応するための適切な資源や技術を共有することが可能になる。

2.生産効率の向上:タオル製造に必要な設備や原材料、技術を共有することで、生産効率を向上させることができる。共同資本提携での生産効率向上によって、よりコスト効率的なタオル製造が可能となり、商品の品質向上に貢献することができる。

3.新しい市場の開拓:資本提携によって、新しい市場を開拓することができる。製造業者同士の製品や技術の融合によって、新しい用途や市場を獲得することができる。そのため、競争力を保ったまま成長することができる。

4.リスク分散:製品や市場についてのリスクを分散させることができる。一方が製品や市場で問題を抱えていた場合でも、もう一方の製造業者が収益を得られ、損失を回避することができる。

5.優位な折衷策の提供:資本提携により、優位な折衷策を提供することができる。例えば、一方が基本的な製造プロセスや技術を持ち、もう一方が製品開発やマーケティングのスキルを持つ場合、それぞれの優位な点を活かした共同事業を展開できる。

タオル製造業の事業を成長させるために必要な要素

タオル製造業を成長させるためには、以下のような要素が必要と考えられます。

1. 品質管理の徹底:製品の品質を維持することが不可欠です。顧客からの信頼を得るために、品質管理を徹底することが必要です。品質管理には、原材料のチェックや生産ラインの管理、検査などが含まれます。

2. 生産効率の向上:生産ラインの効率を高めることで、コスト削減や迅速な対応ができるようになります。そのために、生産ラインの改善や自動化、生産工程の見直しなどが必要です。

3. 製品のバリエーション:顧客ニーズに対応できる製品を提供することが重要です。製品のバリエーションを広げることで、顧客の要望に応えることができます。例えば、素材やサイズの違うタオルなど。

4. マーケティング戦略:競合が激しい業界であるため、効果的なマーケティング戦略が必要です。顧客のニーズを知り、適切なプロモーション活動を行うことが必要です。また、オンラインショップの開設やSNSなども活用して、顧客層を拡大することもできます。

5. 社員教育の充実:製品の品質を保つためには、熟練したスキルを持った社員が必要です。社員教育の充実や技術研修の実施など、社員の能力向上に取り組むことが重要です。

タオル製造業の事業と相性がよい事業

タオル製造業と相性の良い事業として、ホテル用品・家庭用品の製造販売業が挙げられます。タオルは主にホテルや家庭で使用されるため、タオル製造業とのシナジー効果があります。また、高品質で美しいデザインのタオルを提供することで、顧客ニーズを満たし、競争力を強化することができます。そのため、ホテル用品・家庭用品の製造販売業は、タオル製造業との協業を通じて、より強固なビジネスチャンスを生み出すことができます。

タオル製造業の第三者割当増資による資本提携の事例

あるタオル製造業者が、事業拡大のために資本提携を模索していました。そこで、同業種の大手企業が、第三者割当増資を行って当該タオル製造業に出資することで、資本提携を実現することとなりました。

この資本提携により、タオル製造業は、大手企業の技術やノウハウ、販売網などを活かすことができ、業績の向上が見込まれます。また、大手企業も、事業全体のスケールメリットやシナジー効果を高めることができるため、双方にメリットがあることとなりました。

しかし、このような資本提携には、出資比率や経営権の移転など、様々な課題が存在します。そのため、事前に契約書の作成や法的なアドバイスを受けることが欠かせません。

タオル製造業の株式交換による資本提携の事例

あるタオル製造業の企業が、同業他社との資本提携による業務提携を行った事例がある。

この企業は、製品の品質と技術力を競争力としており、国内外での需要が高く、業界トップクラスのシェアを持っていた。しかし、新しい製品や技術開発に必要な研究開発費が大幅に増加しており、歳出の増加に対応するためには新たな資金調達が必要であった。

そこで、同業他社との資本提携を模索し、株式交換により出資比率を調整する形で提携を決定した。両社の業務提携により、製品の品質向上と技術開発の促進を図るとともに、生産効率の向上やコスト削減、販路の拡大なども目指すこととなった。

この資本提携により、資金調達の必要性が解消され、技術開発に積極的に取り組むことができるようになった。また、製品の品質向上や生産効率の向上を実現することで、市場競争力が更に強化され、双方の業績向上につながった。

タオル製造業の赤字事業者のM&A

タオル製造業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 品質にこだわった製品が評価される:赤字企業でも、製品の品質にこだわっている企業は評価されやすい傾向があります。顧客満足度が高く口コミで広がり、売り上げにつながるケースもあります。

2. 新しい技術・素材の導入が可能:赤字企業だからこそ、新しい技術や素材の導入に積極的な企業もあります。それによって、より高品質で魅力的な製品を作り出せるようになり、市場で競争力を維持できる可能性があります。

3. 海外市場での販売拡大が期待できる:国内での売り上げが伸び悩んでいる場合でも、海外市場で需要が高まっている製品であれば、販売拡大が期待できます。特に品質やデザインにこだわった製品は、海外市場でも評価が高く、大きな成長ポテンシャルがあります。

タオル製造業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 譲渡価値が高い時期である可能性がある:タオル製造業は競争が激しく、製造コストが上昇する傾向があります。赤字になる前に会社を売却することで、譲渡価値が高い時期である可能性があり、会社の価値を最大化できます。

2. 経営者の責任を果たす:経営者は、会社の利益を最大化するために最善を尽くす責任を負っています。赤字になる前に会社を売却することで、将来の損失を最小限に抑え、株主や従業員に対する責任を果たせます。

3. 新たなチャンスに両立する:売却によって資金調達ができるため、新しいビジネスチャンスを追求することができます。タオル製造業が苦しんでいるときに、他の企業への投資や新しいビジネスプロジェクトに参加することで、会社の将来を拡大することができます。

タオル製造業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 強固なブランド価値のある企業である可能性がある。
2. 将来的な成長ポテンシャルを見出す投資家がいる可能性がある。
3. 優れた技術力や製造工程による競争力があり、将来的な収益増加見込みがある可能性がある。

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは、買収する企業の財務状況、経営状況、法的な問題、市場状況など様々な観点から徹底的な調査を行い、リスクや機会を洗い出し、買収の可否を決定するための作業のことです。また、買収後の統合計画の策定にも重要な役割を果たします。

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 製造プロセスの確認:タオル製造には、糸の紡績から織り上げる工程、染色、仕上げなど様々な工程があります。DDによって、これらのプロセスが適切に実施されているかどうかを確認する必要があります。例えば、一部の企業では、染色過程で危険な化学物質を使用している場合があります。

2. クレーム処理の分析:タオルは消耗品であるため、クレーム処理は業界でよくある問題です。DDにおいては、過去のクレームの傾向や処理方法を分析し、今後の損害予測を行うことが重要です。また、クレーム処理に関する法的な問題がある場合もありますので、法的なアドバイスが必要になる場合があります。

3. 関連企業との契約の確認:タオル製造業界は、糸の供給業者や染色工場、裁断工場など多くの関連企業と密接に関わっています。DDにおいては、これらの企業との契約内容を確認し、契約内容が適切に守られているかどうかを調査する必要があります。また、これらの企業が持つ知的財産権の問題にも注意を払う必要があります。

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 製造工場の技術力と生産設備のチェック

製造工場は、商標やブランドが作れるほどの高品質なタオルを作るためには欠かせない存在です。DDの過程で、製造工場の技術力や生産設備の設備状況を確認することが重要です。

2. 原材料の確認

タオル製造に欠かせない原材料は、綿などの天然繊維や化学繊維です。DDの過程で、原材料の入荷状況や流通ルートなどを確認することが重要です。

3. 販売ルートの確認

タオル製造業者がタオルを販売する際のルートは多種多様で、卸売業者や小売業者を通じて消費者に販売することが一般的です。DDの過程で、販売ルートについて確認し、そのルートが安定的であることを確認することが重要です。

4. ブランド価値の確認

タオル製造業者が持つブランド価値は、企業価値を大きく左右する要因の一つです。DDの過程で、ブランドの戦略的位置づけを確認することが重要です。

5. 法的問題の確認

タオル製造業者には、著作権、特許権、商標権といった知的財産権や、労働法、環境法、健康安全法など、多くの法的な問題があります。DDの過程で、このような法的な問題を確認することが重要です。

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

タオル製造業のM&AでのDDには、以下のような種類と特徴があります。

1. 法務DD
– 買収される企業の法的な問題の有無、リスクについて調査する。
– 特許権や商標権の問題、契約上の問題などに注目する。

2. 財務DD
– 買収される企業の財務状況や経営状況を評価する。
– 企業価値や負債、資産、利益などの詳細な数字を調査する。

3. 市場DD
– 買収される企業が存在する市場や業界について調査する。
– 市場の規模や動向、競合他社の分析などを行い、買収後の事業戦略を策定する。

4. 組織DD
– 買収される企業の人事や組織について調査する。
– 従業員の資質や文化的な適合性、組織の構造などに注目する。

以上のように、M&AにおけるDDにはさまざまな種類があり、それぞれが重要な意味を持ちます。

タオル製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

タオル製造業のM&Aにおいて、以下のポイントに注意してDD業者を選ぶことが重要です。

1.専門性の高さ
タオル製造業に特化したDD業者を選ぶことで、業界のトレンドや問題点に精通しているため、より適切なアドバイスを受けることができます。

2.実績・信頼性
過去に実施したM&Aにおける実績や、DD業務に対する認識や評判があるか、調査することで信頼性の高いDD業者を選ぶことができます。

3.チーム構成の適正性
DD業務を担当するチームのメンバーが、タオル製造業に必要な知識やスキルを持っているか、選ぶ際に確認することが重要です。

4.情報管理のセキュリティ
DD業務に必要な機密情報の扱いについて、DD業者が適切なセキュリティ対策を講じているかを確認することが必要です。

5.費用とサービスのバランス
DD業者の提供するサービス内容と費用のバランスを比較し、自社にとって最適な選択肢を選ぶことが求められます。

タオル製造業のM&AにおけるPMI

タオル製造業のM&AにおけるPMIとは

タオル製造業のM&AにおけるPMIとは、「Post Merger Integration」の略称であり、企業買収後の統合作業のことを指します。具体的には、人員配置、経営方針の統一、業務プロセスの統合、ブランド統合などを含みます。

タオル製造業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 生産工場の整合性を確保すること:M&A後には、2つ以上の企業が統合し、新しい製造プロセスを確立する必要があります。このために、生産工場の整合性を確保し、製品や部品の品質を一貫して維持することが重要です。そうでないと、製品や生産プロセスに瑕疵が生じ、顧客やステークホルダーの信頼を失う可能性があります。

2. スタッフの統合をスムーズに進めること:自己主張の強い部署や個人が合併に強く反発する場合があります。このため、統合計画を策定し、スタッフのコミュニケーション、トレーニング、文化統合をリードする職員を指名することが重要です。スムーズなスタッフの統合は、生産効率の向上、顧客満足度の確保など、企業価値を高めるために必要なことです。

3. 新しいマーケット拡大の可能性を発揮すること:M&Aにより、新しい市場や顧客層にアクセスすることができます。そのため、新しいマーケットのポテンシャルを最大限に引き出すことが、企業価値を高めるために不可欠です。これには、新たに獲得した市場に合わせて製品やサービスをカスタマイズしたり、新しい営業活動を展開したりすることなどが含まれます。しかし、このプロセスでも、既存の顧客層に失望や混乱を引き起こさないようにすることが大切です。

タオル製造業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 製品ラインの違いに対する適切な対応策の検討
2. 組織文化の違いによるコミュニケーション課題の解決
3. 人材配置の最適化と離職者の低減
4. システム統合に伴う情報漏えいやセキュリティリスクの最小化
5. 顧客との関係性の維持と強化、ブランド価値の向上

タオル製造業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

タオル製造業でのM&AにおけるPMIの主な種類には以下のようなものがあります。

1. インテグレーション型PMI
このタイプのPMIは、企業を回復させるために、M&Aを行った2つの企業を一体化することを重視しています。両方の企業のプロセス、システム、人材、製品ラインなどを統合することで、効率的な事業運営を実現することを目指しています。

2. ポートフォリオ管理型PMI
このタイプのPMIでは、企業は自分たちの事業ポートフォリオを分析し、最適な組み合わせを構築することに焦点を置いています。M&Aを通じて、企業は自己組織化や成長の方向性を確認することができます。さらに、自社の事業と合ったサイトを選ぶことで、地理的なビジネスまたは製品の拡張性を高めることができます。

3. ダイバーシフィケーション型PMI
このタイプのPMIでは、企業はM&Aを通じて自社のポートフォリオを多様化することを目的としています。製品ラインや地理的拡大性に重点を置きます。タオル製造業においても、異なる素材や質感のタオルを製造することで、製品の幅を広げることができます。

以上のようなタイプのPMIがあり、具体的にどのタイプを採用するかは、企業の目的や方向性によって異なります。

タオル製造業のM&AにおけるPMI業者の選び方

タオル製造業のM&AにおいてPMI業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意する必要があります。

1. 実績が豊富であること:統合プロセスに関する豊富な知識や経験があることが重要です。これは、企業文化の調整や組織再編成に対する適切な対応が可能となるためです。

2. 専門性が高いこと:統合プロセスに関する専門的な知識を持っていることが重要です。PMI業者は、経営戦略、財務、法務、人事などの分野で専門的な支援を提供できることが求められます。

3. リスクマネジメント能力が高いこと:PMI業者は、潜在的なリスクを事前に予測し、適切な対策を講じることが求められます。また、リスクマネジメント能力が高いことにより、M&A後の企業価値の最大化につながるという効果も期待できます。

4. コミュニケーション力が高いこと:M&Aは多岐にわたるプロセスで構成されており、多数のステークホルダーの存在があります。PMI業者は、ステークホルダーとの折衝能力やコミュニケーション力が高いことが必要です。

以上のポイントを考慮することで、タオル製造業のM&AにおいてPMI業者を選択する際には、適切な業者を選ぶことができます。

タオル製造業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. M&A Doは豊富なM&A経験を有しており、赤字企業の売却に関する知識とネットワークを持っています。

2. M&A Doは丁寧なコンサルティングサービスを提供し、お客様のニーズに合った最適な売却オプションを提供します。

3. M&A Doは機密性を重視し、お客様の情報を厳密に管理しながら、円滑な売却プロセスを実現します。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2023年最新版】石灰石鉱業のM&A・事業承継におけ…
  2. 業種別M&A 【2023年最新版】林業のM&A・事業承継における背景…
  3. 業種別M&A 【2023年最新版】一般土木建築工事業のM&A・事業承…
  4. 業種別M&A 【2023年最新版】光電変換素子製造業のM&A・事業承…
  5. 業種別M&A 【2023年最新版】自動販売機製造業のM&A・事業承継…
  6. 業種別M&A 【2023年最新版】鉱業のM&A・事業承継における背景…
  7. 業種別M&A 【2023年最新版】電子回路基板製造業のM&A・事業承…
  8. 業種別M&A 【2023年最新版】計量器・理化学機械器具・光学機械器具等卸売業…
PAGE TOP