【2022年5月21日現在】まだ間に合うM&A補助金!!M&A仲介会社の手数料、最大600万円補助!!(2022年5月31日締め切り)

【M&A補助金のご案内:現状買収予定がなくとも2023年1月31日までの成約案件に適応できます。】

当社では、事業承継・引継ぎ補助金の代行申請業務を行っております。
貴社HPや広報資料を拝見し、これまで多くのM&A・資本提携を実施されている
なかで現状実施されている案件・今後実施される案件がございましたら、最大600万円の補助金がおりる可能性がございます。

以下今回の事業承継・引継ぎ補助金の概要でございます。
———————————
【経営革新事業】
補助率:2/3 補助上限:600万円以内

事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等(事業再構築、設備投資、販路開拓、経営統合作業(PMI)等)への挑戦に要する費用を補助します。
(補助対象経費:設備投資費用、人件費、店舗・事務所の改築工事費用 等)

【専門家活用事業】
補助率:2/3 補助上限:600万円

M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。
(補助対象経費:M&A支援業者に支払う手数料※、デューデリジェンスにかかる専門家費用、セカンドオピニオン 等)
———————————

もし、現状進まれているM&A案件がございましたら秘密保持契約締結を前提にお打ち合わせさせていただけますと幸いです。
現状進まれている案件がなくとも2023年1月31日までの成約案件が対象となりますのでとりあえずでの申請も可能です。
上記補助金の申請締め切りは2022年5月31日となっております。

▮2022年5月31日までに必要となる書類等
・gBizID
・法人の印鑑証明書(3か月以内の取得)
・法人の登記簿謄本(3か月以内の取得)
・決算書3期分
・代表個人の住民票(3か月以内の取得)

当社では上記補助金申請を
着手金10万円、成功報酬15%で代行させていただいております。

当補助金に関するお問い合わせにつきましては以下よりお願いいたします。
お問い合わせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP