【2023年最新版】靴小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

靴小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、靴小売業界では競合の激化やオンライン販売の拡大、消費者のライフスタイルの変化などによる業況の悪化が続いており、多くの企業が倒産・廃業している。

主要な靴小売業界であるスポーツブランドからカジュアルブランドまで、多数の企業が業況の悪化により経営危機に陥っている。そのため、店舗数の縮小や新規出店の中止、社員の減員・賃金カットなどの厳しい経営改革を余儀なくされている。

この中で、特に厳しい状況にある企業としては、業界トップクラスのスポーツブランドが挙げられる。競合他社の売り上げ拡大やオンライン市場の侵食、人件費や家賃などの費用が高騰していることもあり、収益力の低下が続いている。

また、カジュアルブランドでは、若年層の消費意欲が低下したことや、割高感があると感じられることから、価格帯の低い商品への需要が拡大している。それに対して価格帯の高い商品を取り扱う企業は、需要の減少により倒産・廃業の危機に立たされている。

また、国内外で展開するブランドでは、海外市場の深刻な不振が影響しており、多数の店舗の閉鎖や売上減少が報告されている。

このような厳しい競争環境においては、迅速な市場対応や消費者のニーズの把握が不可欠である。加えて、企業自身のブランドイメージの再構築や、オムニチャネル化やECサイトの充実などの新しいビジネスモデルの採用が求められる。

靴小売業の企業が清算する際の注意点 3選

靴小売業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 借入金の返済

清算手続きにおいて、まず重要なのは借入金の返済です。企業が清算する際には、取引先からの未収金も含めた全ての債務を清算しなければなりません。特に、借入金が多額になっている場合は、返済プランを綿密に立て、迅速に対応する必要があります。また、借入金の返済には、金融機関との交渉や債権者との調整なども必要になるため、専門家の支援が必要です。

2. 従業員・社会保険

清算手続きにおいては、従業員や社会保険の問題も起こります。従業員への適切な解雇手続きや、社会保険の加入期間や残業代などの支払いも、適切に行わなければなりません。また、従業員に対しては、解雇予告通知を出す必要があり、期間等については法律に基づいて定められています。従業員や社会保険問題は、しっかりと解決しなければならない問題の一つです。

3. 据え置き方針の見直し

靴小売業の企業が清算する際には、会社法で定められた「損失繰越の限度額」を超え、赤字決算となった場合があります。この際、税務当局は、企業が「潜在的な利益がある」と認める場合は、損失を繰り越すことができます。しかし、通常、将来的に高い利益を見込むほどの潜在的な利益がある場合には、損失を繰り越さなければならない場合があります。この場合、企業は、潜在的な利益についての具体的な評価を行い、据え置き方針を見直す必要があります。

以上の3点は、靴小売業に限らず、一般的に企業が清算する際に重要な要素です。企業は、これらの問題を適切に解決し、責任を果たすことが求められています。

靴小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 突然に廃業することを避ける
靴小売業の企業が廃業する場合、突然廃業することは避けるべきです。顧客やスタッフに事前に知らせることが、問題を最小限に抑えるうえで非常に重要です。

2. 廃業の理由を説明すること
廃業の理由を説明することが、社会的責任を果たすために必要です。廃業理由は多種多様であるため、具体的な理由をスタッフや顧客に正直に伝えることが重要です。

3. 取引先への対応に注意すること
廃業する企業には、多数の取引先が存在します。事実上の終了後に、取引先はその財産を不正に取得しようとするかもしれません。このため、事前に取引先全員に通告することが重要です。

靴小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 社員に十分な情報提供を行うことが重要です。会社が畳まれることにより、社員たちは失業することになります。そのため、畳む企業側は社員に事前に告知をし、退職予定日や、退職金、ボーナスの有無、引越し費用の補償など、詳細に説明する必要があります。

2. 顧客への対応も慎重に行う必要があります。畳む前の販売活動が行われている場合、既に注文を受けている商品がある可能性があります。そのため、畳む企業は、入金の確認や商品の発送作業を適切に行い、できるだけ早く顧客への対応を完了するように心がける必要があります。

3. 負債の処理も重要なポイントです。畳む企業は、借入金や未払いの請求書など、未処理の負債がある場合があります。そのため、畳む前に債務整理や法定清算など、負債の解決策を見つける必要があります。これにより、畳む企業自身の信用も守り、関係する人たちへの返済も行うことができます。

靴小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による業績悪化
靴小売業界は競争が激しく、オンラインショッピングサイトの登場や大手量販店の参入などにより、市場規模が縮小しています。これにより、企業の業績が低迷するケースが増えており、売却を検討する企業も出てきています。

2. 新しいビジネスモデルの採用に対する資金不足
靴小売業界においても、新しいビジネスモデルやテクノロジーの導入が求められています。しかし、これには多額の資金が必要となるため、自社での資金調達が難しい場合もあり、M&Aによる売却が選択されることがあります。

3. 継承問題の解決
家族経営の靴小売業では、継承問題が発生することがあります。そのため、M&Aによる売却を検討することがあります。また、経営者自身が引退を考える場合にも、M&Aが選択肢の一つとなることがあります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】果実小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2023年最新版】飲料卸売業(別掲を除く)の企業が清算・廃業・…
  3. 【2023年最新版】マットレス・組スプリング製造業の企業が清算・…
  4. 【2023年最新版】茨城県結城市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】一般計量証明業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】兵庫県市川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】コークス製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】ねん糸製造業(かさ高加工糸を除く)の企業が清…
PAGE TOP