【2023年最新版】金融商品取引所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

金融商品取引所の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、金融商品取引所を運営する企業の中には倒産や廃業する事例が相次いでいます。その一方で、業績が堅調な企業もありますが、ここでは主に倒産や廃業した企業についてまとめてみました。

まず、金融商品取引所を運営する大手企業のうち、倒産してしまったのはVirtu Financial Japan株式会社です。2019年10月に和證券グループ株式会社に買収され、同年11月に法人格消滅しました。

また、廃業した企業には、東京商品取引所株式会社の親会社である東京グレイン取引所株式会社があります。同社は、かつて東京堂グループの一員として穀物や食料品の販売事業を手掛けていましたが、2018年に事業を終了し、同年12月に解散しました。

さらに、倒産したり、「一時休止」状態になったりした企業もあります。例えば、株式会社ジャパンエクスチェンジグループは、2019年に金融商品取引業登録が周り、2020年には倒産しました。また、「一時休止」状態にある企業には、株式会社COMSがあります。同社は2016年に設立され、当初は仮想通貨交換業務を行っていましたが、2017年からは金融商品取引業へ転換しました。しかし、2021年9月現在、同社のサイトには「現在、取引業務を一時休止しております」と表示されています。

以上のように、金融商品取引所を運営する企業でも、業績の不振や法的な問題によって倒産や廃業するケースがあります。しかし、市場においては、業績の堅調な企業も多数存在しており、投資家にとって魅力的な投資先となっています。

金融商品取引所の企業が清算する際の注意点 3選

1. 清算方法の確認:金融商品取引所の企業は、清算するための方法や手順を必ず確認する必要があります。どのような手続きや条件が必要かを調べ、きちんとチェックしておくことが重要です。

2. 取引の監視:取引が行われる際には、業界団体などの監視機関が存在する場合があります。取引の監視や規制をきちんと行い、違法な行為や悪質な取引を排除することが必要です。

3. リスク管理の徹底:金融商品取引所の企業は、取引に伴うリスク管理を徹底することが必要です。すべての取引を適切に監視し、リスクが生じた場合にはすばやく対応できる体制を整えることが大切です。

金融商品取引所の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 財産管理の適切性に注意

企業が廃業する際には、財産管理が極めて重要なポイントとなります。金融商品取引所の企業が廃業する場合には、取り扱い商品の各種権利や売買契約、保有金等が残存することがあります。このため、企業は廃業する前に財産管理を十分に行い、取引商品の権利や契約がどのように処理されるかをきちんと決定しておくことが大切です。

2. 顧客とのコミュニケーション

金融商品取引所の企業が廃業する際には、顧客との正しいコミュニケーションを行うことが欠かせません。顧客に対する返済などの処理方法を明確にすることで、信頼関係を保ち、トラブルや訴訟を未然に防止することができます。したがって、企業は廃業する前に積極的に顧客とのコミュニケーションに取り組むことが必要です。

3. 法律的な手続きの遵守

金融商品取引所の企業が廃業する場合には、法律や規制に従って、適切な手続きを行う必要があります。例えば、金融庁への届出や、顧客への通知、債権者への連絡、資産の引き継ぎ手続きなどが含まれます。これらの手続きをスムーズに進めるためには、企業は廃業前に専門的なアドバイザーや弁護士などに相談し、適切な対応を取ることが必要です。

金融商品取引所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法律に基づく手続きの確認

金融商品取引所の企業は、会社を畳む前に法律に基づく手続きを確認する必要があります。これは、国や地方自治体の役所で行われる手続きだけでなく、金融商品取引所に対しても必要な手続きがあります。企業は、この手続きを怠ると、法律的な問題に直面することになります。

2. 社員の情報共有

会社を畳む際には、社員に対しても十分な情報共有が必要です。これは、畳む理由や手続き、退職や再就職の案内など、詳細な情報を含めたものです。社員に対して不十分な情報共有を行うと、散在する情報や誤解が生じる可能性があり、その後のトラブルにつながることがあります。

3. 借入金の清算

金融商品取引所の企業が畳む際、もう一つの注意点は、借入金の清算です。企業は、借金を肩代わりすることができずに畳んでしまうと、債権者からの請求や法的な問題に直面することになります。したがって、借入金は畳む前に清算される必要があります。

金融商品取引所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争力向上:M&Aにより、業界内での競争力を高め、市場シェアを拡大することができます。

2. 財務的な利益:M&Aは財務的な利益をもたらすことができるため、企業価値を高めることができます。また、経営資源や技術的な面での補完を得ることができるため、業績の向上が期待できます。

3. リスク管理:市場環境の変化や不確定要因に対するリスクマネジメントとして、M&Aは有効な手段となります。例えば、競合他社が市場を変えていく中で、自社も相応の戦略変更が必要になる場合がありますが、M&Aにより競合に対して優位な立場を獲得することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】認知症老人グループホームの企業が清算・廃業・…
  2. 【2023年最新版】家具修理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2023年最新版】京都府宇治田原町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2023年最新版】群馬県甘楽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】生活雑貨製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  6. 【2023年最新版】長野県飯綱町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】板ガラス製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】北海道遠別町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP