【2023年最新版】酒類卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

酒類卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年、新型コロナウイルスの影響により、酒類卸売業の企業にも倒産・廃業が相次いでいる。その中でも、全国に展開する大手企業も例外ではなく、売上減少により経営が悪化している。

東京都に本社を置く酒類卸売業の企業は、全国展開をしているが、2020年3月期の決算では、売上高が前年同期比で減少し、経常利益も赤字となった。同社は、店舗の縮小、商品ラインナップの見直し、人員削減を行っているが、業績改善には至っていない。

また、地方の酒類卸売業の企業でも、廃業や事業譲渡の動きがある。北海道に本社を置く酒類卸売業の企業は、2020年7月に事業譲渡を行った。同社は、売上減少により赤字が続いており、新型コロナウイルスの影響もあり、事業譲渡を選択した。

一方で、新型コロナウイルスの影響によって急増したオンライン酒販売に着目し、酒類卸売業の企業もオンライン販売に力を入れる動きがある。しかし、オンライン販売に参入するにあたり、物流の問題や営業ノウハウの不足など、様々な課題があるとされている。

総じて、酒類卸売業の企業は、新型コロナウイルスの影響により、不安定な経営状況が続いている。今後も、市場の変化や競合環境の激化に対応しながら、経営改善を図る必要がある。

酒類卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の整理と評価:清算前に、会社の持つ全ての資産や債務を整理し、評価することが重要です。特に、酒類卸売業の場合は、在庫品の正確な評価や処分方法を慎重に検討する必要があります。

2. 法的手続きの準備:清算手続きは、法律に基づいて行われるため、適切な法的手続きが必要です。例えば、会社の解散を宣言するためには、当局への報告や登録が必要となります。また、債権者や株主への正式な通知も欠かせません。

3. 債務の処理と支払い:清算の最重要課題は、全ての債務を処理し、債権者に対する支払いを行うことです。酒類卸売業は、仕入れ先や顧客が多いため、債務処理が複雑になる場合があります。清算前に債務の全容を厳密に確認し、適切な支払い計画を立てることが欠かせません。

酒類卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

酒類卸売業の企業が廃業する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 商品の管理と処分
廃業する際には、在庫している商品について、適切な管理と処分を行う必要があります。例えば、保管状態が悪い商品は、急いで廃棄する必要があります。また、期限切れの商品についても、処分方法についてしっかりと考えておく必要があります。これらの商品に対して適切に対応しないと、後々トラブルや問題が生じる可能性があります。

2. 従業員の処遇
廃業する際には、従業員の処遇についても十分考慮する必要があります。例えば、退職や再就職支援などの措置を講じることが求められます。特に、長年勤めた従業員に対しては、感謝の気持ちを述べることも大切です。従業員が不当な取り扱いを受けた場合、訴訟などの問題を引き起こす恐れがあります。

3. 社会的責任
廃業する際には、社会的責任を果たすことも重要です。例えば、環境配慮を尽くし、廃棄物や資源の適切な処理を行うことが求められます。また、地域社会に貢献するような、社会的責任を果たす活動を行うことも大切です。これにより、廃業による影響を軽減することができます。

廃業する際には、これらの注意点に加え、慎重に法的手続きを行うことも必要です。例えば、税金や社会保険などの支払い、契約の解除や清算、資産の処分などについて、正確かつ適切に対応する必要があります。

酒類卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

酒類卸売業の企業が会社を畳む際には、以下の注意点が重要です。

1. 法律に基づいた手続きを行う必要がある

酒類卸売業は、多くの法律や規制に従う必要があります。例えば、特定商取引法や酒税法、食品衛生法などが挙げられます。このため、会社を畳む際には、これらの法律や規制に基づいた手続きを行う必要があります。具体的には、営業停止や廃業届けの提出などが挙げられます。

2. 債務整理を行う必要がある

酒類卸売業は、取引先や店舗からの商品代金を回収するために、多額の債務を抱えることがあります。会社を畳む際には、これらの債務を整理する必要があります。具体的には、債務整理手続きを行うことが挙げられます。これにより、借入金の支払いを繰り延べたり、一部免除されたりすることができます。

3. 取引先や従業員との円満な解決を図る必要がある

会社を畳む際には、取引先や従業員など、周囲の人々への影響が大きくなります。そのため、円満な解決を図ることが重要です。例えば、取引先に対しては、畳む前に打ち合わせを行い、残り在庫を買い取ってもらったり、代金の支払いを分納してもらったりすることが望ましいです。従業員に対しては、退職金や雇用保険の手続きを円滑に行い、できる限り温かい対応を心がけることが大切です。

以上、酒類卸売業の企業が会社を畳む際の注意点を紹介しました。会社を畳む際には、周囲の人々への影響を最小限に抑えながら、円満な解決を図ることが大切です。

酒類卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による利益率の低下
酒類卸売業界は、競合他社との価格競争や需要の低迷により利益率が低下している傾向にあります。このため、企業経営に大きな負担がかかり、資金を集めることも難しくなります。M&Aによって、より大きな規模の企業と統合し、業界のリーダーとなることで競争優位性を獲得できます。また、経営資源の共有や効率化により、業績の改善が見込まれます。

2. 消費者のニーズ変化に対応できない
近年、消費者の嗜好やニーズが多様化し、新しい需要が生まれています。しかし、酒類卸売業界は、過去のビジネスモデルに固執する傾向があり、新しい需要に対応することができていません。M&Aによって、より多様な商品ラインナップを取り揃えることができ、消費者のニーズに応えることができます。

3. 地域差による業績の不均衡化
酒類卸売業界は、地域性によって需要や競合状況が異なるため、業績にばらつきが生じることがあります。特定の地域に強い企業が、他の地域で苦戦しているケースも多いです。M&Aによって、強みを持つ地域でのビジネスを拡大し、全国展開を図ることで、業績の不均衡化を解消することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】千葉県八千代市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2023年最新版】浄化槽清掃業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】愛知県東浦町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】埼玉県深谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】宿泊業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  6. 【2023年最新版】香料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2023年最新版】茨城県水戸市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】徳島県牟岐町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP