【2023年最新版】貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年には、貴金属・宝石製装身具製造業の企業が倒産したり、経営状態が悪化して廃業したりする事例が複数見られました。業界全体が厳しい状況にあるとされています。

具体的な事例としては、東京都内に本社を置く貴金属・宝石製造業の企業が、2021年2月に破産手続きを開始しました。同社は主に婚約指輪や結婚指輪の製造を手掛けており、全国に直営店舗を展開していました。しかし、コロナ禍の影響による売り上げ減少や、材料費の高騰による利益率の悪化が響き、経営状態が悪化したとされています。

また、2021年6月には、貴金属・宝石製造業の企業が廃業する事例もありました。同社は東京都に本社を置いていましたが、高齢化による後継者不足や、業界全体の厳しい状況が原因で経営を維持することができなくなったと発表されました。

今後も業界全体が厳しい状況が続くことが予想されます。

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きに注意する
貴金属・宝石製装身具の製品製造業者が清算する際には、法的手続きに注意する必要があります。具体的には、会社法に基づく手続きや税務上の手続き、従業員に対する義務や製品に関する権利の処理などが必要になります。特に、長年の歴史を持つ老舗の企業などでは、手続きが複雑になることがあります。この点については、弁護士や税理士などの専門家に相談することが望ましいでしょう。

2. 資産処理について考慮する
企業が清算する際には、資産処理について十分な注意が必要です。貴金属・宝石製装身具製品製造業者の場合、製品、設備、在庫、土地・建物などの資産があるため、適切に処理しなければなりません。特に、製品の場合には、品質や保存状態、在庫管理などについて注意が必要です。また、建物がある場合には、賃貸契約の解除や解体・撤去などについても適切に処理をしなければなりません。

3. 従業員への対応に配慮する
企業が清算する際には、従業員への対応にも十分な配慮が必要です。特に、長年勤めてきた従業員や家族経営の場合には、退職金や解雇について、公正かつ適切な取り扱いが求められます。また、従業員には保護される権利があるため、適切な手続きを踏むことが必要です。この点については、従業員とのコミュニケーションや、労働法に詳しい弁護士や労働指導者との相談が必要です。

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業に関する法律や規制に注意する必要がある

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が廃業する際には、廃業に関する法律や規制に注意する必要があります。例えば、廃業に際しては、必ず税務署に届け出を行う必要があります。また、法律や規制によっては、廃業に際しては、労働者への適切な処遇や退職金の支払いが義務付けられている場合があります。このような点については、事前に法律や規制を確認し、適切な対応を行う必要があります。

2. 取引先や顧客に対する対応に注意する必要がある

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が廃業する際には、取引先や顧客に対する対応にも注意が必要です。例えば、取引先に対しては、事前に廃業の連絡を行い、取引先が余分な在庫を抱えないようにする必要があります。また、顧客に対しては、事前に廃業の告知を行い、商品や修理等についての対応を行う必要があります。これらの点については、事前に取引先や顧客とのコミュニケーションを図ることが重要です。

3. 資産の処分に関する方針を立てる必要がある

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が廃業する際には、資産の処分に関する方針を立てる必要があります。例えば、在庫や設備・備品等の資産を処分する場合には、売却先や撤去業者等を選定し、事前に手配を行う必要があります。また、貴金属や宝石等の製品については、取り扱いに注意する必要があります。これらの点については、貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が廃業する際には、事前に資産の処分に関する方針を明確化し、適切な対応を行う必要があります。

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 経営状況の正確な把握
貴金属・宝石製装身具製品製造業は、原料コストの高騰や商品の需要急変に敏感な業界であるため、経営状況を正確に把握することが重要です。企業の財務諸表から、売上高増減率や営業利益率などの数値をチェックし、業界動向や競合他社と比較しながら、事業継続の可能性を見極めましょう。

2. 社員や取引先とのコミュニケーション
業績不振や事業債務など、会社を畳む決断を余儀なくされると、社員や取引先との信頼関係が崩れることがあります。そのため、畳む前に社員や取引先に対して誠実に対応することが必要です。相手方の立場や意見を尊重し、話し合いを重ねることで、できるだけ円満な解決を目指しましょう。

3. 倫理的な責任の果たし方
貴金属・宝石製装身具製品製造業は、製品に関する情報の秘匿性や品質管理に厳格な規定があります。会社を畳むという決断に至った場合でも、顧客に対しては倫理的責任を果たす必要があります。そのため、早期に顧客に対して正式なお詫びや補償措置を講じ、製品の返品・回収など、最善の解決策を実行しましょう。

貴金属・宝石製装身具(ジュエリー)製品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1.需要の低下:貴金属や宝石製品は、経済成長が鈍化した際には、需要が低下していくことがあります。そして、海外の安価な製品が市場に出回るようになってくると、国内の製品は競争力を失い、需要がさらに減少することが予想されます。そのため、製造業者は忍耐強く生産を続けることができなくなることがあります。

2.技術革新:貴金属や宝石のデザインや製造に関係する技術は、常に進化しています。それに加えて、新しい技術が生まれると競合他社との差別化ができるようになります。製品に付加価値を創出したい場合には、技術革新への投資は必要不可欠です。しかし、投資には多大な資金が必要になります。製造業者は自己資本で投資し、場合によっては多額の借入金を返済しなければならないため、負担が大きいことがあります。

3.巨大化:競争力を保ち、利益を増やすために、多くの企業はM&Aを行います。M&Aによって、競合他社との差別化を図ることができるようになります。また、大規模経済効果を狙って、合理化や生産効率の向上を目指すことができます。しかし、自社でM&Aを行う場合、多額のコストが発生するため、企業価値を高水準で確保する必要があります。そのため、不用意なM&Aは自己資本と借入金に多大な負担を与えることになり、経営イメージを損なうことがあります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】養豚業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  2. 【2023年最新版】宗教用具製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2023年最新版】三重県菰野町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】畳卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  5. 【2023年最新版】レコード制作業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】野菜漬物製造業(缶詰,瓶詰,つぼ詰を除く)の…
  7. 【2023年最新版】鳥取県湯梨浜町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】新潟県十日町市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP