【2023年最新版】焼肉店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

焼肉店の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、焼肉ブームにより新規出店ラッシュが続いていたが、2020年以降のコロナ禍に加え、外食産業全体の不況により、焼肉店の倒産・廃業も相次いでいる。

全国的に展開する特定のブランドやチェーン店ではなく、地域密着型の小規模店舗が多数廃業した。理由としては、外食需要の低迷に加え、営業時間の短縮や客数制限、食材価格の上昇、従業員の感染リスクなどコロナ禍の影響が深刻化したことが挙げられる。

また、焼肉の代表的な食材である牛肉の輸入量制限により、牛肉の価格上昇によるコスト負担増も大きな要因となっている。さらに、個人消費の落ち込みにより、宴会営業を中心とする店舗の売り上げ減少も深刻化している。

ただし、中には新たなコロナ禍における需要に合わせた対応をし、業績を伸ばす店舗も存在する。代表的な例としては、焼肉食べ放題を控え、1品1品を丁寧に仕上げる「コース料理」を提供する店舗や、宅配やテイクアウトに力を入れた店舗、オンラインストアを開設し、自宅で味わえるようにした店舗などがある。

今後も質を追求し、時代の変化に柔軟に対応し続けることが、焼肉店の生き残りにつながるといえるだろう。

焼肉店の企業が清算する際の注意点 3選

1. 従業員の処遇については十分な配慮が必要です。退職金や賃金未払いの解消、再就職支援など、社員の権利を守る取り組みを行う必要があります。

2. テナントとして借りる物件がある場合、賃貸契約の解除について注意が必要です。契約解除に伴う違約金や保証金の返還などの手続きが必要になります。

3. 債務整理を行う場合、裁判所の手続きや債権者との交渉など、専門的な知識と経験が必要となります。弁護士や専門のアドバイザーに相談し、適切な対応を行うことが重要です。

焼肉店の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員に対する対応
焼肉店の企業が廃業する際には、従業員への対応が重要です。可能であれば、廃業の予定を従業員に事前に伝え、希望者に対しては他の就職先の紹介や転職支援を提供することが望ましいでしょう。

2. 顧客への対応
焼肉店の企業が廃業する際には、顧客への対応も大切です。可能であれば、廃業の理由や背景について、事前に公式に発表することが好ましいでしょう。また、来店予約をしている人や、ギフト券を持っている人など、店舗利用者に対する対応も検討しましょう。

3. 資産の処分
焼肉店の企業が廃業する際には、不動産や設備、在庫などの資産の処分も重要です。特に不動産については、売却先や取引先を適切に選定し、財産価値を最大限に引き出すことが重要です。

焼肉店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 顧客への対応を含めて、すべての関係者に丁寧に連絡することが重要です。特に、長期契約を結んだ顧客や取引先には、可能な限り早期に対応し、代替策を提供することが求められます。

2. 法令・条例を遵守し、正当な手続きを踏むことが必要です。たとえば、労働者に対しては、労働契約の遵守・解除手続きを厳密に行うことが求められます。また、退職者に対しては適切な退職金を支払うことも含まれます。

3. 業務の引継ぎを行うことが必要です。社員や店舗の資産、業務の権限や情報などを適切に引継ぐことで、顧客や取引先の利益を最大化することができます。そのためにも、事前に引継ぎのプランを策定し、適切な期間を設けることが重要です。

焼肉店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営の安定性確保
焼肉店の経営は、食材や人件費などのコストの高騰や、消費者の健康志向の高まりによる需要の低迷など、多くのリスクを抱えています。そのため、M&Aによって大手飲食企業や投資ファンドなどの資金やノウハウを活用し、業績の安定化を図ることができます。

2. 成長戦略の加速
M&Aによって、新たな市場や顧客層を開拓することができます。また、技術やサービスの追加・強化、人材の獲得などによって、競合他社との差別化を図ることができます。これにより、より多くの顧客に支持される企業として成長戦略を加速することが可能となります。

3. 時代の変化に対応
焼肉店の顧客層は、高齢化やコロナ禍によるオンライン需要の拡大など、社会の変化に左右されます。M&Aによって、経営体制を強化することで、新たな需要に対応したサービスの提供や既存のお客様に対しても、より高い満足度を提供することができます。これにより、不況や変化に強い企業として、長期的な成長を遂げることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】栃木県那須塩原市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2023年最新版】沖縄県金武町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】測量業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2023年最新版】福島県白河市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】民生用電気機械器具製造業の企業が清算・廃業・…
  6. 【2023年最新版】神奈川県茅ヶ崎市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2023年最新版】体育館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  8. 【2023年最新版】福岡県大任町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP