【2023年最新版】建築設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

建築設計業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、建築設計業界においては、競争激化や業績不振などの理由による倒産・廃業が増加しています。その中でも、建築設計を中心に行っている企業においては、建設業界の景気動向によっては深刻な倒産リスクがあることがわかっています。

このような状況下で、多くの企業が事業継続のために経営努力をしている一方で、一部の企業は不採算事業や不適切な経営判断などによって、倒産や廃業を迫られるケースがあります。特に、大規模な設計業務を請け負っている企業は、資金調達や人材確保などの課題が重く、経営環境が厳しさを増していると言えます。

このような状況下で、建築設計業界においては、経営努力とともに、業界全体の活性化が求められています。そのため、建設プロセスの効率化や、新しい設計手法や技術の導入、業界間の連携強化など、多角的な取り組みが必要とされています。

業界全体で事業継続のために取り組んでいくことが、倒産・廃業のリスクを減らし、安定した発展につながることが期待されます。

建築設計業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理は早いうちに行う

建築設計業は設計や施工の進捗や品質に関わることが多く、仕事の遅れや不具合が生じた場合にはクレームや訴訟のリスクが高まります。このため、建築設計業が清算する際には、債務整理を早く行うことが重要です。つまり、早めの債務整理を行うことで、クレームや訴訟が生じる前に開き直ることができ、多額の損失を避けることができます。

2. 市場動向に合わせた事業の再編成が必要

建築設計業は景気に左右されやすく、市場の需給バランスが大きく影響します。したがって、建築設計業の会社が清算する際には、市場動向に合わせて事業の再編成が必要です。具体的には、需要が低迷している分野から撤退し、需要がある分野に経営資源を集中することが重要です。このような事業再編を行うことで、業績の復活が期待できます。

3. マンパワーを最適化することが大切

建築設計業は、プロジェクトごとにプランナーやデザイナー、エンジニアなどのスペシャリストを雇用することが多く、その報酬が収支に大きく影響します。そのため、建築設計業が清算する際には、マンパワーを最適化することが重要です。具体的には、必要な人員を厳選し、余剰人員をリストラすることで、経費の削減につながります。また、フリーランスやアウトソーシングなどの柔軟な労働形態を取り入れることで、コスト削減と柔軟な人材確保の両立が可能です。

建築設計業の企業が廃業する際の注意点 3選

建築設計業の企業が廃業する際には、以下の3つの注意点に特に注意を払う必要があります。

1. 顧客への対応

企業が廃業する際には、現在の顧客に対し、丁寧に対応することが重要です。顧客に対しては、廃業の事情や対応について、迅速かつ正確な情報提供を行うことが求められます。また、顧客の権利を尊重し、できる限り顧客に利益が生じるように対応することが求められます。顧客に安心して過去の取引や契約内容について問い合わせできるようにすべきです。

2. 社員への対応

企業の廃業によって、現在の社員には失業の危機が迫ります。社員に対しては、適切な情報提供を行い、福利厚生や退職金などについては、できる限り適正に処理することが求められます。なお、社員には、今後の就職先についてサポートを行うなど、支援することが望ましいです。

3. 事業の清算手続き

建築設計業の企業が廃業する場合、法的手続きを行う必要があります。事業の清算手続きでは、債務整理や資産処分などが含まれます。適切な手順で手続きを行わないと、法的トラブルに発展するおそれがあります。したがって、専門家の助言を受けながらスムーズに手続きを進めることが求められます。

建築設計業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを踏むこと
建築設計業の企業が会社を畳む場合は、法的手続きを踏むことが必要です。まずは、法人解散の決議を行い、解散登記を行う必要があります。また、従業員に対する退職手続きや、債権者に対する債務整理手続きなども行う必要があります。

2. 社員や取引先とのコミュニケーションを重視すること
会社を畳む場合は、社員や取引先とのコミュニケーションを重視することも大切です。事前に企業の存続が困難である旨を伝え、可能な限り円滑な解決策を模索することが求められます。また、従業員に対しては、適切な補償を行い、心身ともに健康な状態で新しい門戸を開けることが大切です。

3. 残された資産を活用すること
会社を畳んだ後も、残された資産を有効活用することが求められます。例えば、特許権や商標権などの知的財産を売却することで、資金調達を行うことができます。また、不動産を売却することで現金化することもできます。畳んだ会社の資産を有効活用し、次のステップへの準備を行うことが重要です。

建築設計業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 新しいビジネスモデルの導入
建築設計業は、常に新しい技術やトレンドに追いつく必要があります。しかし、新しいビジネスモデルを採用するためには大規模な資金投資が必要となることがあります。M&Aによって他の企業と統合することで、新しいビジネスモデルをスムーズに導入し、市場競争力を高めることができます。

2. 事業拡大
建築設計業は、市場競争が激化しており、自社のみで事業拡大を図ることが難しくなっています。M&Aにより他の企業と統合することで、事業領域を拡大できます。また、取り扱える案件の数が増えることで、新しい顧客層にアプローチすることができます。

3. 長期利益の最大化
建築設計業にとっては、受注によってどの程度の収益を得られるかが重要です。しかし、今後の市場状況が分からないため、事業を拡大することで長期的な利益を最大化することが求められます。M&Aによって他の企業と統合することで、より多くの案件を受注でき、従業員の雇用や安定した経営成長につながります。

以上のように、建築設計業であってもM&Aによる会社売却が役立つ場合があります。ただし、M&Aにはリスクも伴います。適切な企業との提携を積極的に検討し、リスク管理を十分に行うことが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】タイヤ・チューブ製造業の企業が清算・廃業・倒…
  2. 【2023年最新版】岐阜県坂祝町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】滋賀県長浜市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】廃プラスチック製品製造業の企業が清算・廃業・…
  5. 【2023年最新版】半導体製造装置製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  6. 【2023年最新版】埼玉県春日部市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2023年最新版】集成材製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】三重県鳥羽市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP