【2023年最新版】写真業(商業写真業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

写真業(商業写真業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、写真業界はインターネットやスマートフォンによる自撮りの普及や、プロ向けの機材・ソフトウェアの高度化による足並みの乱れが指摘されており、多くの企業が今後の展開に注目を集めています。過去には、経営難による倒産や廃業の例もありました。

【記載例】
・200X年に創業した写真業企業は、不採算事業等で経営状況が悪化し、20XX年に倒産した。
・20XX年に設立された写真業企業は、上市目指して株式を公開したが、その後業績不振で廃業した。

写真業(商業写真業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 非売品の写真資産に注意する

写真業では、商業写真とは別に、フォトグラファーが趣味や個人的な目的で撮影した写真や、技術開発のために撮影した写真など、売り物にならない写真も所有している場合があります。清算の際には、これらの非売品の写真資産にも注意が必要です。たとえば、これらの写真が知的所有権を侵害している可能性がある場合は、法的な問題が生じる可能性があります。このような場合は、専門家の意見を聞き、慎重に対処することが必要です。

2. 写真の保管について確認する

写真業では、撮影した写真を長期にわたって保管する必要があります。こうした写真の保管には、投資が必要となる上、適切な環境で保存する必要があります。清算の際には、写真の保管状況を確認し、必要に応じて適切な保管場所を探す必要があります。たとえば、オンラインストレージを利用することで、写真をクラウド上で安全に保管することができます。

3. スタッフの保護に配慮する

写真業では、スタッフの在籍期間が短いことが多いため、スタッフの保護に配慮する必要があります。清算の際には、従業員の退職手続きや雇用保険の手続きをきちんと行い、スタッフの保護を確保することが重要です。また、スタッフが希望する場合は、就職先の紹介や転職支援を行うなど、サポートを提供することも考慮しておくと良いでしょう。

写真業(商業写真業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. アーカイブ管理
写真業の企業は数多くの写真データを扱っています。廃業する際には、これらのデータを適切に管理する必要があります。特に、歴史的価値の高い写真は後世に残すためにも、適切なアーカイブ管理が必要です。廃業する前に、データの整理や、保存方法の検討を行い、適切な方法で処分するようにしましょう。

2. 権利関係の整理
写真業の企業が扱っている写真には、著作権や肖像権などの権利が関係しています。廃業する際には、これらの権利関係を整理する必要があります。特に、顧客の写真データを扱っている場合は、顧客に退去権を与える必要がある場合もあります。適切な手続きを行い、権利関係を整理してから廃業するようにしましょう。

3. 廃業に伴う影響の調査
写真業の企業が廃業することにより、どのような影響が関係する企業や団体に及ぶかを事前に調査する必要があります。例えば、撮影場所やスタッフ、撮影機材などを提供していた場合、これらの関係先に対して、廃業の意志を事前に伝える必要があります。また、クライアントから受け取った依頼については、廃業せずに引き継がれる方法を検討する必要もあります。廃業の影響を最小限に抑えるように、適切な対策を講じるようにしましょう。

写真業(商業写真業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 以下の手続きを行うことが必要です。
 ・社員および取引先への事前の通知
 ・契約期間中の案件に対する対応や処理の引き継ぎ
 ・法的手続きの確認(解散届出、税務署への周知、社員の雇用保険や健康保険の手続き等)
 なお、これらの手続きを怠ると、法的なトラブルや信頼関係の損失を招くことになるため注意が必要です。

2. 社員や取引先とのコミュニケーションに留意する必要があります。
 特に中途解約による影響を考慮し、誠意ある対応が求められます。
 そのためには、フェアな解決の方法を提示するなど、事前に可能な限り準備しておく必要があります。

3. 約束を守ることが重要です。
 例えば、契約期間が残っている場合は、約束期間内できちんと対応し、サービス提供を継続することが大切です。
 また、担当している仕事の引き継ぎが必要となる場合もあります。
 これらの点に留意すれば、信頼関係を損ねることなく、スムーズに会社を畳むことができます。

写真業(商業写真業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 資金調達の必要性:写真業界は競争が激しく、最新の写真機材や技術の導入やスタッフの育成に多額の資金が必要です。資本力の強い企業に買収されることで、大きな投資が可能となり、競争力を維持することができます。

2. 業界の変革に対応するため:デジタル技術の発展により、写真業界も大きな変革期を迎えています。既存の写真業者が新しい技術や媒体に対応するためには、新しい企業文化やビジネスモデルの導入が必要です。M&Aによる買収は、新たなチャレンジに対応するための手段となります。

3. 人的リソースの強化:写真業界は、クリエイティブな分野であるため、優秀なスタッフの確保が重要です。買収企業は、人的リソースの確保がしやすくなります。また、買収企業側から提供される新しいキャリアパスや福利厚生、教育制度によって、既存のスタッフのモチベーション向上にもつながります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】板ガラス製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2023年最新版】沖縄県那覇市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】愛媛県新居浜市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2023年最新版】三重県明和町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】長野県栄村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2023年最新版】鋼索鉄道業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2023年最新版】耐火粘土鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】大学の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に…
PAGE TOP