【2023年最新版】一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、一般貨物自動車運送業の業界は激しい競争が続き、倒産・廃業する企業も多く存在しています。2019年の統計では、一般貨物自動車運送業の倒産数は前年比で約1.5%減少し、3,068件でした。しかし、総倒産件数に占める割合は依然として高く、全産業中2番目に多い約12%を占めています。

主な倒産企業には、オオハタ運送、富山荷運、久利田運送、川端運送などが挙げられます。これらの企業の倒産原因は、運行コストの増加や需要の減少、燃料費の上昇、ドライバー不足などがあります。また、新しい物流システムの導入に追いつけずに競合力が低下したというケースもありました。

一方、廃業に至らずに業務縮小・統合に乗り出す企業もあります。東京運送、新潟運送、中西運輸などがその例です。これらの企業は、経営状況の改善や事業の再編を図りながら、新たな市場へ進出することで生き残りを目指しています。

一般貨物自動車運送業は、物流業界の中でも重要な役割を担っており、消費者や企業が日々利用する生活必需品や商品の輸送に欠かせない存在です。今後も競争激化や社会情勢の変化に対応し、業界全体が健全に発展していくことが必要でしょう。

一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者の確認と債務整理の実施
清算する際には、債権者の確認が必要です。また、債務整理を実施し、適切な支払いを行うことも大切です。この際には、法的な知識が必要となりますので、専門家のアドバイスを受けることが望ましいでしょう。

2. 財務状況の把握と評価
清算するにあたっては、会社の財務状況を正確に把握することが必要となります。また、企業評価を実施し、財産の適切な評価額を算出することも大切です。

3. 経営陣の温情に頼らない
清算する際には、経営陣の温情に頼ることは避けるべきです。公正な手続きを実施し、債権者の権利を守ることが重要です。また、債権者に対するコミュニケーションも大切なポイントとなります。

一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員への情報提供
廃業するにあたり、従業員には事前に情報提供を行うことが必要です。給与や退職金、労働条件の取り扱いなど、社員の権利や利益を保護するためにも、適切な手続きを踏まなければなりません。

2. 債権債務の整理
廃業する企業は、各種債務を整理する必要があります。納品待ちの商品や資材、未払いの請求書や税金、借入金など、借金の状況や債権債務の整理をしっかり行うことが大切です。

3. 資産の処分
廃業する企業は、所有する資産(不動産や設備、車両、在庫など)を処分する必要があります。適正な方法で処分しなければ、余計な費用がかかることがあるため、要注意です。

一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

一般貨物自動車運送業では、競争激化や人手不足などの課題があり、会社を畳むケースも少なくありません。企業が会社を畳む際には、以下の注意点を抑える必要があります。

1.法令遵守の確認

企業が会社を畳む際には、法令に基づいた手続きの確認が必要です。特に、労働法や個人情報保護法など、社員や顧客の権利を守るための法令には細心の注意を払いましょう。例えば、株式会社Yが倒産した際には、社員の給与支払いや退職金などが未払いとなり、企業としての信用を失う事態となりました。

2.顧客や取引先への対応

会社を畳む際には、顧客や取引先に対する適切な対応が必要です。例えば、倉庫業務を手掛ける株式会社Xでは、取引先から現在在庫している荷物についての問い合わせが多数寄せられたため、丁寧かつ迅速な回答をすることで取引先との信頼関係を維持することができました。

3.社員の福利厚生の確保

会社を畳んだ際に社員が不当な扱いを受けることがないように、社員の福利厚生についての確認・対応も重要です。例えば、運送業務を手掛ける株式会社Zでは、倒産時には未払いの給与を含めた債務が多額になることがあるため、社員の立場にも目を向け、適切な対応をすることが求められます。

以上、一般貨物自動車運送業で会社を畳む際には、法令遵守の確認、顧客や取引先への対応、社員の福利厚生の確保などが重要であることが分かりました。これらの注意点を抑え、社会的責任を果たしながら企業活動を行うことが重要です。

一般貨物自動車運送業(特別積合せ貨物運送業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 合理化と効率化の追求
貨物自動車運送業は、非常に競争の激しい業種であり、収益性の向上には効率的な事業運営が不可欠です。多くの場合、M&Aは業界の主導的企業が成長を促し、競合他社を買収して事業拡大を図る方法として用いられることがあります。また、合併や買収によって、合理化や効率化が進むことで生産性を高め、より効果的な運営が可能となる場合があります。

2. 規模拡大と新規顧客獲得
大きな会社になることで、原価の削減や生産性の向上などのメリットがあり、業界内での優位性を確立することができます。また、買収によって、既存の顧客の範囲を拡大し、新規顧客を獲得することができます。競合他社を買収することで、競合相手の能力を自社に組み込み、市場シェアを拡大することができます。

3. 投資家への利益返還
投資家にとって、売却によって直ちに利益を得ることができる場合があります。価値を見出された企業に対して、買業者が最適な価格を提示した場合、売却価格が当時の企業価値を超えることもあります。また、買収可能な企業として知られることで、市場において株価が上昇し、投資家にとって良好な収益を得ることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】金属加工機械製造業(金属工作機械を除く)の企…
  2. 【2023年最新版】プラスチック管製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  3. 【2023年最新版】事務用機械器具卸売業の企業が清算・廃業・倒産…
  4. 【2023年最新版】ユニット部品製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2023年最新版】信号装置工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】ガラス製加工素材製造業の企業が清算・廃業・倒…
  7. 【2023年最新版】千葉県鎌ケ谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】革製履物製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP