【2023年最新版】肉加工品製造業のM&A・事業承継における背景・動向・事例

業種別M&A

目次

肉加工品製造業のM&A

肉加工品製造業の市場環境

肉加工品製造業は、食品産業の中でも重要な位置を占めています。この業界は、消費者の需要に応じて多様な製品を提供することが求められており、競争が激しさを増しています。

市場環境としては、まず消費者の嗜好の変化があります。健康志向の高まりや、動物福祉に対する関心の高まりなどがあり、低脂肪や低塩分、無添加などの製品が求められるようになっています。また、外食産業の発展に伴い、業務用製品の需要も増加しています。

一方で、原材料価格の高騰や、食品安全に関する問題が起こることもあります。特に、豚肉や鶏肉の生産量に影響を与える鳥インフルエンザや豚コレラなどの感染症の発生は、業界全体に大きな影響を与えることがあります。

さらに、競合他社との価格競争や、新製品の開発・投入による市場シェアの争いも激しくなっています。また、食品ロスの削減や環境負荷の低減に取り組むことも求められており、製品開発や生産プロセスの改善にも力を入れる必要があります。

このような市場環境の中で、肉加工品製造業は、品質・安全性・環境負荷の低減などに取り組みながら、消費者の多様なニーズに応える製品を提供することが求められています。

肉加工品製造業のM&Aの背景と動向

近年、肉加工品製造業においてM&Aが活発化しています。その背景には、以下のような要因が挙げられます。

1. 市場競争の激化
肉加工品市場においては、競合他社との価格競争や商品開発競争が激化しています。そのため、企業は自社の競争力を高めるために、他社との合併や買収を検討するようになっています。

2. コスト削減の必要性
原材料や労働力などのコストが上昇する中、企業はコスト削減のために合併や買収を行い、生産効率を向上させることが求められています。

3. 海外進出の加速
海外市場においても、肉加工品の需要が増加しています。そのため、企業は海外進出を加速させるために、海外企業とのM&Aを行うことがあります。

一方、肉加工品製造業におけるM&Aの動向としては、以下のような傾向が見られます。

1. 大手企業による買収
市場シェアを拡大するために、大手企業が中小企業を買収するケースが増えています。これにより、市場競争力が強化されることが期待されます。

2. 事業の多角化
肉加工品製造業においても、事業の多角化が進んでいます。例えば、食品加工品以外にも、動物用医薬品や飼料などの製造・販売を手がける企業が増えています。

3. 環境・社会問題への対応
肉加工品製造業においては、環境・社会問題への対応が求められています。そのため、環境負荷の低減や動物福祉の向上などに取り組む企業が増えています。また、これらの取り組みを強化するために、M&Aを行う企業もあります。

以上のように、肉加工品製造業におけるM&Aは、市場競争力の強化や事業多角化、環境・社会問題への対応など、様々な目的で行われています。今後も、市場の変化や社会的要請に応じたM&Aが進むことが予想されます。

肉加工品製造業のM&Aの成功事例5選

1. 豚肉加工品メーカーと鶏肉加工品メーカーの合併
豚肉加工品メーカーと鶏肉加工品メーカーが合併し、多角化を図ったことで市場シェアを拡大しました。また、それぞれの強みを生かした製品開発や生産効率の向上にもつながりました。

2. 地場の肉加工品メーカーの買収
地場の肉加工品メーカーを買収し、地域に根ざした製品を提供することで、地域密着型のマーケティングを実現しました。また、買収した企業のノウハウや技術を取り入れることで、自社の製品の品質向上や生産効率の向上につながりました。

3. 海外の肉加工品メーカーの買収
海外の肉加工品メーカーを買収し、グローバルなマーケットに参入することで、市場拡大を図りました。また、買収した企業の技術やノウハウを取り入れることで、自社の製品の品質向上や生産効率の向上につながりました。

4. 肉加工品メーカーと食品メーカーの合併
肉加工品メーカーと食品メーカーが合併し、多角化を図ったことで、市場シェアを拡大しました。また、それぞれの強みを生かした製品開発や生産効率の向上にもつながりました。

5. 肉加工品メーカーと小売業者の合弁
肉加工品メーカーと小売業者が合弁し、小売店舗内での自社製品の販売を強化することで、販売量の増加を図りました。また、小売業者のノウハウを取り入れることで、販売戦略の改善や商品開発につながりました。

肉加工品製造業のM&Aの失敗事例5選

1. 買収先企業の財務状況の不正確な評価による失敗

ある肉加工品製造業者が、財務アドバイザーから提供された買収先企業の財務情報に基づいてM&Aを進めたが、実際には買収先企業の財務状況は不正確に評価されていた。買収後、買収先企業の負債が多額になり、買収した企業は倒産した。

2. 統合の失敗によるM&Aの失敗

ある肉加工品製造業者が、同業他社を買収し、統合を進めたが、文化や経営方針の違いから統合がうまくいかず、経営陣の対立が生じた。結果、買収した企業は再び独立し、買収した企業側は買収前よりも悪化した。

3. 買収先企業の企業価値の過大評価による失敗

ある肉加工品製造業者が、買収先企業の企業価値を過大評価してM&Aを進めたが、買収後に買収先企業の業績が低迷し、買収した企業は多額の損失を被った。

4. 買収先企業の技術やブランド価値の低下による失敗

ある肉加工品製造業者が、買収先企業の技術やブランド価値を買収の主要な理由としてM&Aを進めたが、買収後に買収先企業の技術やブランド価値が低下し、買収した企業は買収前よりも悪化した。

5. 買収先企業の社員や顧客の離反による失敗

ある肉加工品製造業者が、買収先企業の社員や顧客の維持を図るためにM&Aを進めたが、買収後に買収先企業の社員や顧客が離反し、買収した企業は業績が低迷した。

肉加工品製造業の企業が会社を譲渡するメリット3選

肉加工品製造業の企業が会社を譲渡することには、以下のようなメリットがあります。

1. 資金調達が容易になる

会社を譲渡することで、一度に大きな資金を手に入れることができます。これにより、新たな事業展開や設備投資などに必要な資金を調達することができ、企業の成長を促進することができます。

2. 事業の継続が可能になる

経営者の高齢化や後継者不足など、企業の存続が危ぶまれる場合には、会社を譲渡することが一つの解決策となります。譲渡先には、経営に必要なノウハウや技術を持った人材が集まっており、事業の継続が可能になることがあります。

3. 事業の効率化が進む

会社を譲渡することで、譲渡先の企業が持つノウハウや技術を取り入れることができます。これにより、製造プロセスの改善やコスト削減などの効率化が進み、企業の競争力を高めることができます。

以上のように、肉加工品製造業の企業が会社を譲渡することには、様々なメリットがあります。ただし、譲渡先の企業選びや譲渡価格の決定など、慎重な判断が必要です。

肉加工品製造業の資本提携を考えるべき理由

1. 製造ラインの効率化:資本提携により、製造ラインの強化や自動化投資が可能となり、生産効率が向上することが期待できます。

2. 市場拡大:資本提携により、相手企業の得意分野を活かして、新たな市場への進出が可能となります。

3. 経営・リスク分散:資本提携により、相手企業とのリスク分散や経営上の相乗効果が期待できます。

4. 技術力・研究開発の強化:相手企業の技術力や研究開発ノウハウを活かすことで、自社の技術力の強化が期待できます。

5. 購買・調達の合理化:資本提携により、相手企業の調達力やネットワークを活用することで、原料や資材の調達コストの削減が期待できます。

肉加工品製造業の事業を成長させるために必要な要素

1. 品質管理の強化:消費者からの信頼を得るために、原料の品質管理から製品の検査まで、厳格な品質管理を行うことが重要です。

2. 新製品の開発:市場の需要に合わせて、ニーズに応える新しい製品を開発することで、売上拡大につなげることができます。

3. 営業力の強化:販路の拡大や新規顧客の獲得に向けて、営業力を強化することが必要です。広告宣伝や販売促進などを活用し、競合他社と差別化することが重要です。

4. 効率化の実現:製造プロセスの見直しや設備の更新など、効率化を進めることでコスト削減や品質向上につなげることができます。

5. 人材育成・採用:優秀な人材の採用や育成に取り組むことで、組織の能力向上につなげます。社員の働きやすい環境づくりも重要です。

肉加工品製造業の事業と相性がよい事業

1. 農業生産支援事業:農家から直接肉や野菜を仕入れることで、原材料の品質管理やコスト削減につながる。また、農家を支援することで地域貢献にもつながる。

2. 加工技術の研究開発事業:肉加工品の製造において、より品質の高い製品を作り出すために、新しい加工技術の開発や改良を行う。また、衛生管理や効率化なども考慮された加工技術の研究も行われる。

3. 特定食材を用いた加工品製造事業:高タンパクで健康に良いとされる特定食材を加工品に取り入れた商品の製造。例えば、大豆や豆腐を用いた加工品などが挙げられる。

4. 冷凍食品の製造事業:高級肉や新鮮な野菜を使用して、味や品質にこだわった冷凍食品の製造。また、調理済みの冷凍弁当や惣菜の製造も行われる。

5. 飲食店の運営事業:自社製品を取り入れた肉料理や惣菜を提供する店舗の運営。また、飲食店の経験を活かし、商品開発にも役立てられる。

肉加工品製造業の第三者割当増資による資本提携の事例

ある肉加工品製造業の企業は、資本提携のために第三者割当増資を実施することを決定しました。この増資により、新たな株主が加わり、企業の資金調達力や経営基盤が強化されることが期待されました。

この企業は、増資に関していくつかの条件を提示しました。第一に、増資に参加する株主には、肉加工品に関する専門知識やネットワークを持つ企業や個人が優先的に選ばれることとされました。また、増資に参加する株主には、企業の経営に関わりながら、自身のノウハウやリソースを活かすことができるような環境が整備されることにもなっていました。

実際に、この企業は、増資によって複数の企業や個人と資本提携を結ぶことができました。これにより、製品開発や販売ネットワークの拡大など、多岐にわたるプロジェクトが進められました。また、新たな株主からの意見や提案を受け入れることで、企業経営の幅が広がり、意欲的な投資家の方々との連携が深化することができたとされています。

肉加工品製造業の株式交換による資本提携の事例

ある肉加工品製造業の企業は、新規市場への展開を目的に、同じ業界で強みを持つ企業との資本提携を決定しました。具体的には、株式交換によって合弁会社を設立し、製品の品質向上やコスト削減効果を期待していました。

交渉の末、提携相手として選ばれたのは、同じ国内に本社を構える大手肉加工品メーカーでした。提携内容として、両社は50%ずつ出資し、新たな製品の共同開発や生産システムの統合、販売網の拡大を進めることになりました。

この提携により、両社は相互に補完し合うことで市場シェアを拡大することが期待されています。また、技術面でも高度な試作機能を持つ相手との協力によって品質向上につながると考えています。

なお、この提携は株式上場企業であったため、関連する企業や投資家からの承認を得ることが必要でした。提携後も、資本提携企業同士が協力して持続的な成長を目指していくことが課題となっています。

肉加工品製造業の赤字事業者のM&A

肉加工品製造業の赤字企業でも会社が売れる理由3選

1. 顧客との長期的なビジネス関係の構築:赤字企業でも、顧客との信頼関係を築き上げている場合、会社が売れることがあります。長年の実績や技術力、商品の品質などが評価され、顧客が引き続きビジネスを行いたいと考える場合に起こります。

2. 技術的な専門性の高さ:製造プロセスや製品の開発に一定の技術が必要な場合、技術的な専門性の高さが会社の評価につながることがあります。技術的な専門性の高さがある場合、他社にない独自の製造技術があることもあり、それが買い手からの買受意欲を高めることがあります。

3. 業界の再編やM&Aの波に乗る:業界全体が再編されるような時期や、M&Aの波が起こっている時期には、赤字企業であっても買い手が現れることがあります。業界のリーディングカンパニーが強化したい分野に赤字企業が強い場合、M&Aによって吸収・一体化することで相乗効果が期待できる場合があります。

肉加工品製造業の赤字になる前に会社を売却すべき理由3選

1. 経営戦略の再考

業績不振に陥った部分肉・冷凍肉製造業は、会社を売却することでより資金的に強化され、新たなビジネスモデルを採用するための余裕ができます。これは、従来の経営戦略を再考し、改善する機会を提供します。新しい所有者は、これまでの経営戦略を再評価し、効率性や現在の市場状況を考え、新しい戦略を採用することができます。

2. 新たな投資の誘致

会社を売却することによって、業績不振に陥った部分肉・冷凍肉製造業は、新しい投資家や事業パートナーを引き付けることができるようになります。資金的なサポートを提供し、新しい市場や顧客群を開拓することで、会社の収益性を向上させることができます。

3. 規制要件の変化への対応

部分肉・冷凍肉製造業は、規制要件が非常に厳格であるため、契約の履行が困難になることがあります。例えば、獣医学的検査の合格率が低い場合、製品を出荷することができません。このような場合、他の企業の買収により、業界での規制要件に対応するための財政的な支援を受けることができます。

肉加工品製造業の赤字の場合でも企業評価がつく3つの可能性

1. 強固なブランド価値がある場合
2. 高い技術力や特許を持っている場合
3. 大きな市場シェアを獲得している場合

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)とは

肉加工品製造業のM&Aにおいて、DD(デューデリジェンス)とは、買い手企業が売り手企業の財務、商業、法的、技術、人事、環境などの様々な面を詳細に調査することで、リスクの評価や購買先の検討を行うプロセスです。このプロセスによって、買い手企業は売り手企業の事業価値や強み、弱みを明確にし、取引の条件を決定することができます。

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の重要性3選

1. 製品の品質・衛生管理の確認
肉加工品製造業において、製品の品質や衛生管理は非常に重要なポイントです。M&Aを進めるにあたっては、過去の品質管理や衛生管理の記録を詳細に確認することが必要です。また、製品に使用される原材料や添加物、それらの調達先の情報も確認する必要があります。

2. 生産設備の設備劣化状況の把握
生産設備は、製品の品質や生産効率に直結するため、M&Aにおいては適切なチェックが求められます。特に、古い設備や使用期間が長い設備の場合、故障リスクが高まるため、修繕や更新の必要性が高いことがあります。そのため、生産設備の設備劣化状況を詳細に把握することが重要です。

3. 法的リスクの確認
M&Aを進める上で、法律や規制の問題が発生する可能性があります。企業が行った過去の不正行為や、特許権や商標権などの知的財産権の問題、労働法規制の適用状況など、様々な法的リスクを把握する必要があります。これにより、M&Aによる企業統合後に法的トラブルを回避し、安定的な事業運営を実現することができます。

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の注意点5選

1. 業界環境の分析
M&Aを行う前に、業界全体の市場動向や規制状況、顧客嗜好の変化など、幅広い視野から分析する必要があります。食品業界は特に、消費者嗜好の変化や健康志向の高まりなど、急速な変化が起こる場合があります。これらの動向に敏感に対応できる企業を選ぶことが重要です。

2. 製品品質の確認
肉加工品の製造業界においては、製品品質や衛生管理が非常に重要です。製品の生産ラインや設備の状況、衛生規格の遵守状況など、厳密にチェックする必要があります。また、過去の不祥事やリコール事例なども確認し、リスク要因を洗い出すことが重要です。

3. 生産能力の確認
M&Aにあたっては、現在の生産能力や製品ラインの拡充可能性なども確認する必要があります。市場の需要に対応できるかどうか、将来的な需要増加に対応できるかどうかなど、検討する必要があります。

4. 社員の人材状況の確認
M&Aを行う場合、社員の人材状況も重要なポイントの一つです。従業員の人材力や職場環境、労働組合との関係などを分析して、その企業の価値を判断します。また、企業文化や経営陣の人物評価も重要な要素です。

5. 財務状況の把握
M&Aにおいては財務状況の把握も重要なポイントの一つです。負債の状況、資産の状況、現金流量など、慎重に分析して、その企業の経済的な安定性を把握する必要があります。また、過去の財務状況と比較し、過去数年間の業績変化を見ることも必要です。

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)の種類と特徴

肉加工品製造業におけるM&AにおけるDDの種類は、財務DD、法務DD、技術DD、人事DD、環境DDなどがあります。財務DDは資金面、収益面、負債面、リスク面などの財務状況を詳しく調べ、法務DDは契約書や権利関係、紛争など法的問題を明らかにし、技術DDは設備や製品開発、特許など技術面を評価し、人事DDは雇用条件や人材評価、労務管理など人的資源を調べ、環境DDは環境汚染や法令遵守など環境面を調査することが特徴です。それぞれのDDは専門的な知識と経験が必要であり、複数の分野をカバーするDDチームを編成することが一般的です。

肉加工品製造業のM&AにおけるDD(デューデリジェンス)業者の選び方

肉加工品製造業のM&Aにおいて、DD業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 市場知識と専門知識の豊富さ
DD業者は、肉加工品業界について深い知識を持っていることが重要です。特に、業界のトレンドや市場予測、技術革新などに関する専門知識がある業者を選ぶことがポイントです。

2. 豊富な経験と実績
DD業者の豊富な経験と実績は、M&A成功に欠かせません。特に、肉加工品業界のM&Aに関する経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。

3. 機密保持能力
DD業者には、極めて機密性の高い情報を扱うため、機密保持能力が求められます。業者の信頼性やセキュリティ対策に関する情報を入手することが重要です。

4. 費用対効果
DD業務は、M&Aの成否に直接影響を及ぼす非常に重要な業務です。しかし、費用がかさむことがあるため、費用対効果を考慮した選択が必要です。

以上のポイントを踏まえ、肉加工品製造業のM&AにおいてDD業者を選ぶ際には、業界トップクラスのDD業者を選ぶことが望ましいです。

肉加工品製造業のM&AにおけるPMI

肉加工品製造業のM&AにおけるPMIとは

肉加工品製造業のM&AにおけるPMIとは、買収後の統合計画実行のためのプロジェクトマネジメントプロセスのことである。これには、人事・組織の統合、生産設備・製品ラインの統合、生産能力の最適化、販売チャネル・ブランドの統合、ICTシステムの統合などが含まれる。

肉加工品製造業のM&AにおけるPMIの重要性3選

1. 生産ラインの統合:M&Aによって異なる企業が統合される際、生産ラインが重複する場合があります。この場合、PMI(Post Merger Integration)を実施することで生産ラインを再編成し、生産効率を向上させることが重要です。

2. 人材の統合:M&Aによって異なる企業が統合される場合、そこにはそれぞれの企業の文化や価値観が存在しています。ここで大切なのは、従業員の適切なコミュニケーションや教育、または異動や再配置を通じて、新たな企業文化や目標に合った人材体制を整備することが必要です。

3. 財務情報の統合:M&Aにおいては、異なる企業の財務情報を一元化する必要があります。この際、財務報告体制を統合し、会計監査や税務処理などにおけるリスクを低減することが求められます。また、財務情報に基づいた業績管理なども十分に検討する必要があります。

肉加工品製造業のM&AにおけるPMIの注意点5選

1. 人材の正確な評価:PMIの一つの課題は、複数社が統合されるため、従業員のスキルや文化の違いが問題となることがある。M&Aを行う前に、両社の人材に対して詳細に分析し、効率的な統合を行う必要がある。

2. システムの整合性:M&A後、自社のシステムと相手社のシステムが整合性を持たないことがある。両社のシステムを調整することが必要であるが、時間とコストがかかるため、あらかじめ対応策を準備しておくことが重要である。

3. 調達戦略の見直し:M&A後、調達ルートやサプライチェーン戦略が見直しを必要とする場合がある。両社の戦略を調整して、調達業務を合理化することが望ましい。

4. ブランドアイデンティティの維持:M&Aによりブランドが統合された場合、ブランドアイデンティティを維持することが肝要である。ただし、新しいブランド名やイメージを提案することも検討する必要がある。

5. 財務管理の最適化:M&Aにおいて、両社の財務状況が異なる場合がある。両社の適切な財務管理に取り組み、合理的なコスト削減や生産性の向上を図ることが必要である。

肉加工品製造業のM&AにおけるPMIの種類と特徴

肉加工品製造業におけるM&AにおけるPMIの種類は以下の通りです。

1.オペレーショナルPMI
-製造ラインの改善や再設計、在庫管理システムの統合など、業務プロセスの改善を中心に行われる。
-経営者や現場の意思決定者が重要な役割を担う。

2.コマーシャルPMI
-販売戦略やマーケティング戦略、ブランド統合など、事業の顧客フォーカスを強化するための戦略的な取り組みを行われる。
-新たな商品開発や、既存品目の統合などが行われる。

3.金融PMI
-財務情報やデータの整合性を確認する。
-資金管理や会計処理の見直しが行われる。
-税務、法務、規制関連の問題解決に焦点を当てる。

以上のように、M&A後の企業統合には、オペレーショナル、コマーシャル、金融の3つの異なるタイプのPMIがあります。業界によっては、これらのうち1つまたは2つのタイプが特に重要になる場合がありますが、肉加工品製造業においては、各タイプのPMIが重視される可能性があります。

肉加工品製造業のM&AにおけるPMI業者の選び方

肉加工品製造業のM&AにおけるPMI業者を選ぶ際には、以下の点に注意することが重要です。

1. 専門性の高さ:PMI業者はM&Aのプロであることが求められますが、肉加工品製造業の専門性を持った業者を選ぶことが大切です。

2. ネットワークの広さ:PMI業者が持つネットワークは、M&Aの成否に大きく関わります。肉加工品製造業に精通した業者であることはもちろん、大手食品メーカーや小売業者との繋がりがある業者を選ぶことが望ましいでしょう。

3. 実績の評価:PMI業者の実績は、その業者が信頼できるかどうかの重要な指標となります。過去に肉加工品製造業のM&Aに関わった業者や、どの程度の成功率を持つ業者かを調べ、評価することが必要です。

4. 対応力の高さ:M&Aは多くのプロセスがあり、その中でPMI業者がどの程度のサポートをしてくれるかが重要です。肉加工品製造業のM&Aにおいては、業界特有の法律や規制などへの対応が求められ、その点においても柔軟性のある業者を選ぶことが望ましいでしょう。

肉加工品製造業の企業の売却はM&A Doがおすすめな3つの理由

1. 専門性の高いアドバイス:M&A Doは、肉加工品製造業に特化したM&Aアドバイザリー企業であり、業界のトレンドやニーズに明るく、的確なアドバイスを提供できます。

2. 幅広いネットワーク:M&A Doは、肉加工品製造業の幅広いネットワークを持ち、買い手候補や投資家など、優れたリソースを活用して売却企業のパートナー探しをサポートします。

3. 速やかなタイムリーな対応:M&A Doは、迅速に対応することに強みを持ち、特に赤字会社の売却においては、迅速かつ効果的な提案をするために、専門のチームを派遣してサポートを行います。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 業種別M&A 【2023年最新版】調味料製造業のM&A・事業承継にお…
  2. 業種別M&A 【2023年最新版】ロボット製造業のM&A・事業承継に…
  3. 業種別M&A 【2023年最新版】産業廃棄物処分業のM&A・事業承継…
  4. 業種別M&A 【2023年最新版】粘板岩採石業のM&A・事業承継にお…
  5. 業種別M&A 【2023年最新版】繊維雑品染色整理業のM&A・事業承…
  6. 業種別M&A 【2023年最新版】映画館のM&A・事業承継における背…
  7. 業種別M&A 【2023年最新版】合成皮革製造業のM&A・事業承継に…
  8. 業種別M&A 【2023年最新版】生コンクリート製造業のM&A・事業…
PAGE TOP